FC2ブログ

邪馬台国と稲作 長江文明と越と稲作


弥生時代の稲作風景図。邪馬台国もこうであったか。


よく棚田で水田をという話がありますが、弥生時代、圧倒的な産業革命・労働革命の水田稲作はそんなあまっちょろいものではなく


無計画にとにかく水の引けるところならばんばん作っていったのではないか。


 


日向海岸に上陸して最適な稲田の場所をさがして高千穂まで登って、水田に最適だからそこに根付いたというのは


、そんな意見をまじめに語るのは日本人だけではないか。


どう考えても、内陸から高千穂について細々棚田で食っていたのが思い切って山をおりて海岸へ。そして西都原の方まで行った。逆なら高千穂に行かず西都原にだけ行くのではないか。


 


平野というものを重視しないが。


大きな平野で水田経営をしたからこそクニができて、その管理者として権力が生まれたのです。


当たり前であり、人口が増えて大国化していく。


そのために飽和して、不作となったら代替食料がなく戦になった。


こんな風に古代田園はブームのように開発されたと思う。




 


下は縄文時代の風景図。


このほうが雑穀を食べ、狩猟採集を行い、人口は少なくても豊かに暮らしていたのでしょうね。


争いもなく。世界中が縄文に戻るといいけど無理です。




 


雑穀食料の出雲を稲作の邪馬台国が制圧したのが出雲のクニ譲りでしょうか。


ヒスイなどの資源大国出雲は基本が雑穀食べるから人口が多くない。


 



ところでジャポニカ米は長江から来たといういうのが定説となりつつあります。


そうすると、黄河文明に滅ぼされた古代長江文明は海上を北に逃げたと。



越は越から来た人たちが作り、海岸線の漁民たちはその習俗を日本に持ち込み、やはり倭人と呼ばれた。



不作になったり水争いになったりしてヒートアップすると、下図のように争いとなる。陥落させれば土地と水田が手に入るというわけですね。


作らせて、税として半分とるとかそんなことをやったのではないか。



 


 

スポンサーリンク

コメント

天地無我

南の窓開けたら南風が
黄河文明膨張→長江文明拡散。      雲南省とタミル・台湾先住民など・日本との共通性。風習、言語、DNAなど。          各地にある徐福伝説。何人(組)もの徐福がいたのでしょうか。1人とは思えない。でも、各地とも"徐福"の名前が。後世の編集?やはり1人?。       一休中、でも面白いから、つい…。      

天地無我

読後感です
三内丸山遺跡。自然と共生し戦いもなく1500年間。突然に消滅。この理想郷がなぜ?。自然現象か?。     "日本の"縄文文化は唯一、自然循環文化。平和を旨とする長江文明も含め自然を破壊することにより成り立っている文明。近い未来に自然を食い尽くし、そして…。





作者

Unknown
山内丸山遺跡はNHKの放送紹介だと、彼らが主食として植林した広大な栗林の木々が、寒冷化のため実をのこさなくなったからとのこと。人がいなくなるころに、栗の年輪が急激に細くなってるそうです。
栗林の栗が主食で、魚とったり海産物や、その他の採集と狩猟、素晴らしすぎる理想郷ですね。
なぜ他の古代文明には植林した森の果実が主食という文明がないのかと思いますが、それほど列島は恵まれていた・・・・・縄文期、関東あたりを中心に全域でも、どんぐりが主食という説もありますね。栄養は万全らしいです。
そして生では食べられないから煮るために土器が発展したと。だから栗を煮るために東北の土器は古くから発展したのかも。8000年前のも発見されてますよね。そんなに長く土器で栗やどんぐりを煮て食べて、平和に暮らしていた。
稲作文化はがん細胞のように日本列島文化を蝕んだと個人的に思っています。でも逃れられないことでもありますが。

天地無我

栗食べるに栗の木燃す
納得!。           "広大"な植林。自然と共生とは言い切れない様ですネ。   地球という生命体に巣食う"癌細胞"
かも。かなり不謹慎か?。

作者

Unknown
でも植林したあとはその栗林は周囲と共生するわけで・・・・稲作というのは、たとえるなら日本中にゴルフ場作るのとおなじですね。開拓して芝という一種類の植物を植える。
稲作も、稲というただ一種類の植物を育てる。たの畑も同じことですが。ゴルフ場建設が自然破壊という人に、誰か学者が反論した内容です。すべての農地は自然破壊である。本来共生するはずの植物を、たった1種類だけ選んでその土地にそれだけを育てる。
でも人間のそういう営みも自然の営みの一つかもしれませんね。

天地無我

青年は荒野を目指す
 自然、 自然と社会  無為自然と有為自然   自力と他力 。 ?????。   大和民族…自然を畏怖し敬う。日本国土…自然への治癒力を持つ自然。  中国? アマゾン?   
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR