FC2ブログ

奴国=那国=ナのクニ=伊邪那岐・イザ ナギのクニ

ナ?とはなにか?

「那覇(なは)」の語源は、漁場を表す「な・ふぁ」


博多の漁港は『那の津』と呼ばれます。


つまり

那とは魚のようです。


博多湾に向かって広がる国は那の津の国です。

魚を捕って暮らす国でしょうか。 

そして

那の国=奴国。

魚の国こそ奴国であり


漢委奴国王の国です。


古代においては博多湾から博多にかけては湿地帯の陸地には船が寄せられない。

また博多湾は葦が生い茂る葦原の国です。


博多に来る船は外海に沿った志賀島を目指します。

志賀島は博多湾の港、したがってそこに金印があるのは不思議でも何でもない。

むしろそこから出るのは必然です。


伊邪那岐 伊邪那美


いざは「聖なる」という南洋語


那は魚。


すると


聖なる魚の ギ=男


聖なる魚の ミ=女


またさらにいざ=聖なる凪  


いざ=聖なる波とかけている。


伊邪那美 伊邪那岐が建国の神々だというのは


海洋民族倭人の創造神としてぴったりの語源のような気がします。


さて


天照は高天原にいました。高 海原=たか あまばるです。聖なる海の集落。


スサノオはただの海原。アマバるです。春日原とか唐の原と同じ原の意味。


高天原は広い高原ではなく、海の集落です。


 


そして那の津のある博多湾。

それは那の津のクニ 那珂であり那珂川もあるナのクニ=奴国


これはいざなぎ いざなみの な のクニです。イザナギのクニ。


高天原と那国=奴国は同じ意味を表している。


海の集落です。


つまり高 海 原=高天原=ナの国=博多湾=葦原の国です。


博多湾は湿地帯で葦だらけ。



こうやって見ると那国本土に外国船がきては安全保障上まずい。


だから不便な唐津湾に入港させて、伊都国経由で歩かせる。その間に、使者の取り扱いや、要件に対して対策が練れる。


那国自体は自分たちは志賀島から半島へ向かうが、向こうからは唐津湾経由にさせた。


そんなことも考えられます。


そうなると糸島というのは、半島からの侵攻の防衛施設を兼ねるのか。


また半島からくる船を糸島半島で監視して、博多湾への入港を止めていたに違いない。糸島半島、玄界島、に船団がいれば


博多湾の守りは万全です。


博多湾は伊邪那岐以来の聖地だから外国人は入れない。そういうことなのだろうと想像します。


 


ナのクニは漢委奴国王として権勢をふるった。子孫の卑弥呼は親魏倭王として、再び大陸から


倭王の称号をもらう必要があった。大乱後の権威として。


先祖は漢委奴国王だった。


自分も倭王に。


相手が変わったから親魏倭王。


 


ということは卑弥呼=天照ならば


邪馬台国は奴国です。


漢委奴国王=親魏倭王です。


ただ卑弥呼当時は筑紫平野にも進出していて、邪馬台国というのは筑紫平野で、かつての奴国は連合です。


 


それから天照の先祖は、57年の金印や106年?の倭奴国の王、漢委奴国王が先祖。 


この金印の王様は神話に出てこないのだろうか?
伊邪那岐と伊邪那美は那国=奴国の出来事。3世紀の邪馬台国より200年はやい奴国の攻防。 
それは神話となるのではないか。天照より早いのだから。


天の岩戸は志賀島か。那珂川町に岩戸村というのもあります。


それにしてもこの天岩戸の配置は、邪馬台国の有力候補地ですね。やはり卑弥呼=天照か。



志賀島能古島などが拠点で湿地帯博多湾にもいついて来たので、


湿地帯ではなくてちゃんとした土地がほしい=葦原の中津国がほしい。


ということか。


とにかくしかし葦の集落。あしばると読んでいたのではないか。


葦の原とか天の原とか、広々の高原のイメージだが


単に海の集落。葦の集落と言ってただけ。


すると博多湾岸の土地。那の津。ナの国=高天原(たかあめばる・高海原)=葦原。


葦原(あしばる)のもっと中に入れば筑紫平野がある。


だから葦原の中の方の国=葦原の中津国と呼んだ。


 


よって高天原は博多湾沿岸と島々。天岩戸は能古島か志賀島にあるのか。奴国は奥地に進出していく。これが倭国大乱の元となる。


そして卑弥呼を共立して和平を結んだのではなく


卑弥呼=天照が征服してすべての国が、卑弥呼を女王と認めるようになった。ということか。


 


征服した最適な土地、筑紫平野に居を移した。


だからナの国=奴国が高天原だけど、卑弥呼は筑紫平野=葦原の中津国へ移動。さらに


九州島の中へ深く、ニニギが進む。葦原の中の国は九州島の奥へと続くのだから。


博多湾の奥の国々=つまり九州島の国々ですね。=すべては葦原より奥の方の国


つまり葦原の中津国は、葦原=博多湾に上陸したその奥、九州島全部、列島海岸線からはすべてこの概念でしょう。


 


必然として葦原の中つ国は筑紫平野ということになります。


 半島や大陸から九州島を発見して到着したらその後の行動は下図のようになります。


沿岸にそって日本海を東へ行くか、九州の沿岸にそって豊後水道方面、有明海方面へ行くか、


内陸へ、筑紫平野を通って熊本平野へ、または阿蘇の向こうの高千穂方面へ行くかです。


大きな島や陸に到着したあと、人間なら当然その島の奥深くへ行くか、沿岸に沿っていけるとこまで行く。


これが自然で、その自然な視点に立つと、実にそのまま古代の事績や神話の方向に向かうのです。

スポンサーリンク

コメント

天地無我

3941,39 です。
多様な切り口、自在な論考。羨ましい限りです。     、"那珂川"。過日触れました紀ノ川中流の橋本市辺り。伊都郡の隣に那賀郡がありました。奈良時代頃には存在の様子です。    MIXY(3941)の件、ありがとうございます。面白そうですね。考えてみます。

作者より

ご参考に
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=77318481&comment_count=89&comm_id=176795" rel="nofollow" target=_blank>http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=77318481&comment_count=89&comm_id=176795

これはミクシーの不弥国についての討論で、80くらいの議論があります。
素人のぼくが立ち上げ、中々深い知識の人が見解のべるというようね形です。

これで開くでしょうか??

作者より

Unknown
もし開けばさらにこの手のトピックスが邪馬台国の中に50くらいあります。
そしてトピックスなるもの、一人の人間にとっては無限のように存在します。
私は、この邪馬台国と 漢文 を中心に書き込みしてますが
世界文学関連にも参加しています。他に自然科学からスポーツや日常のこと、ビジネスのこと、ようするにあらゆるものについてあります。
この類はミクシーが一番。だと思います。
日常のやりとりならフェイスブックが楽しいと思います。

天地無我

少佐に感謝
細やかな心配り、ありがとうございます。 早速に。 真摯なうえ、高度・多面的なコメントそして、紳士的な姿勢。素晴らしいコミニュティです。強く魅かれはします。   他のコミニュティもいくつか覗いてみました。やはり、3S(真剣性・専門的・紳士的)と感じました。 これらと触れ合えれば豊かな時を得られるとも思います。    エーベルバッハ少佐さんのツールの面白さと視点の斬新さはやはり、高評価の様ですね。 

作者より。

素人だからこそです
怖いもの知らずでなんでもいえるのは知識がないからです。笑 でもほんと、いろんな人がいろんな専門知識で支持してくれたり、反論してくれたりと、ありがたいし楽しいですよ。
知識豊富な人が今更論じなことを素人のぼくが言うので、 だったら語るかみたいな展開ですね。

天地無我

だからこそ素人が…
論争が始まって以来著名な学者が夫々、かなり"?"の論理展開(と言うより論理以前の展開)をしていることが、面白くも不思議です。また、これが互いに批判されながらも、支持もされていることも。邪馬台国自体も謎ですが、その論争様態も不思議です。たぶん、大和の誇りトカ・一部には売名トカ・学閥師弟関係トカに起因しているのでしょうが。 ここは一切の柵のない素人集団(コミュニティ)の出番でしょう。     いろいろとありがとうございます。しかし、当面は見るアホウで…。

囲炉裏端

金印そして、奴国の周辺国?
伝の記述の範囲内だけで観ても、奴国(論)は面白いですね。

作者より

Re: 金印そして、奴国の周辺国?
> 伝の記述の範囲内だけで観ても、奴国(論)は面白いですね。


いつもありがとうございます。邪馬台国の前の倭王の国ということですかあ!
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR