FC2ブログ

「日本古代史 邪馬台国と卑弥呼の探求」南九州の古代

グーグルアースで南九州を見てみました。



これは津軽海峡



閑話休題:これは鹿児島湾。なんだかとてもにてますね。北と南。


 


これは単に地理的外観の感想です。


鹿児島は海に向かって意識が開いている。

北欧がフィヨルドによって日常的に海につながっていたから遠洋航海ができたという考え方がります。

そうすると深く湾が入り込むこの立地では、そこを抜けて、奄美諸島、沖縄諸島へと常につながっていたと思います。そして九州より、島々のほうとつながりが深かったのではないか。島々の先には大陸文明と交錯する場所が間違いなくあったでしょう。


ずいぶん後の時代、薩摩藩の海洋領域は江戸幕府の陸上領域と同じくらいの広さがありました。




すると有明海交易圏と別に鹿児島湾を中心として、都城、宮崎、日南の平野、球磨郡、八代あたりまでの九州南部の交易圏があったのかなと。想像に過ぎませんが。


そして江南と南越のあたりとのつながりは独自にもっていたでしょう。これはこれで大変は海洋民族のような気がします。台湾島までいつも島を見ながら航海できる。このルートはやはり文化やコメの一大動脈の水路、海路だったのではと思わせる地理的配置ですね。

あくまで想像にすぎませんが。



南九州は台湾からの島々のゴールです。この海の中の大きな島が南九州の地政学的役割ですね。


同じ九州ではない。ぼくも九州の人間だが、九州はひとつと思ったことなどない。


それぞれ山に分けられ、海の向こうは海も瀬戸内海、太平洋、日本海、有明海と全部違う海と接する。


大分からみると宮崎は山のかなた、鹿児島は外国、熊本は山向こう、福岡は日本海沿岸の遠い町、そして大分は九州ではなくて瀬戸内海沿岸の地域、そいういう意識です。四国はいつも見えるのに、福岡も鹿児島も見えない。


そして福岡は韓国に本当に近い。


このように九州人の意識はばらばらなのです。古代ではもっと。


筑紫平野にとって南九州はほんとに外国で、韓地のほうがはるかに親しみもてるとこだったでしょう。



この3か所が重要なポイント。都城は宮崎平野と鹿児島平野の真ん中に位置して霧島を眺める。不思議な聖地か。



こんな地図でいろいろ想像できます。出雲より少し近いが。


海からなら。


しかし陸路はこうです。


ときどき、有明海から九州山地を超えて宮崎平野が卑弥呼居住地というのがありますがこの山ですよ。


こんなに山があって守られていたら親魏倭王になる必要なんかないですよ。


 


ほぼなんの知識もないので、ほんとに地理的配置だけで感想言ってますが、改めて、この南九州の重要性に目を開かされた思いです



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

天地無我

少しのつもりが…
さすがですネ。私の○年間を一瞬で。薩摩は異質であり頑強な個性を有し、他国に心底では融合しない。(~明治維新までは)。朝鮮半島からの流れも北方向へ。しかし、南方向との交流で支障なし。(薩摩・球磨地方・八代辺り・天草が狗奴国)    都城。するどいですネ。ここと小林・日吉をどう捉えるか。霧島高千穂と日向高千穂の関連は?。串間~肝付辺りも。   更に自論をもう少し。熊本平野は邪馬台の国主要部(少々の佐賀平野も)。八代・島原湾は日常的に小競り合いの場。  宮崎平野を主要部に投馬国。比較的穏やかな特性を持ち、狗奴国とは関係希薄も係争なし。瀬戸内海・四国沿岸と交流。邪馬台国とは阿蘇地方を含み友好関係(卑弥呼は投馬国の縁者?)。他の女王国とも豊前・大分辺りを通じ友好関係. 妄想もここまで来るとスゴイと自画自賛(惨)。     熊本平野を女王国に含むと伊都国=大宰府に疑問が出てくる(国内の統制?)。もう一つ追い打ち、朝鮮半島を陸行は伊都国=大宰府の矛盾を回避するための無意識下の苦肉の知恵と思います。邪馬台国を熊本平野~南九州(≠12000千里→×)で陸行1月を説明出来ない事はない(自信のない言い回し)。 追記   a.地政学・神話とは結構整合すると思います。    b.紀ノ川中流橋本市辺りに伊都郡が有ります。高取も。付近には他にも類似地名若干。奈良盆地=邪馬台国とした場合、伊都郡=大宰府の場所。地名の新古は未検証です。(東遷説指示であれば、紀ノ川流域は要チェックと思います。
   


作者

Unknown
なるほど。これまで筑紫平野佐賀平野で完結していたので。俯瞰すると、福岡平野、筑紫平野、熊本平野まで同じ平野群に見えますね。すると古代有明海文明こそ邪馬台国ですね。この全国有数にして水上交通の便は最高の立地に邪馬台国。阿蘇山噴火や九重噴火のため東に行った。かも。
狗奴国はおのずと南になるから八代平野への入口あたりが女王国の尽きるところ。つまり狗奴国のはじまるところ。球磨郡の平野こそ根拠地で、この山の中こそ活動の場。森林伐採と、農地の争いがもとで長い闘争に。
こうなると伊都国は、福岡平野そのものか。女王国の北を統括するのだから。女王国本土は有明海国家。だから博多湾と唐津湾を統べる出先が必要だったか。
ほぼ意見の一致ですね。
でもぼくは国内を歩くこと1月が個人的に納得できない。博多湾から、有明海まで、たぶん2日で歩ける。その縮尺で山道を考慮しても2週間で九州のどこにでも徒歩で行ける。おまけに船で近くまで行くのなら。
それに国々を結ぶ山道は獣道以上に道であったはずだから、道なき道を~ということはないはず。日本の普通の山の道は時速3キロくらいで歩ける。(子供時代体験)
ということで尽きせぬ謎がまた謎を呼び古代空想はとどまることを知らずです。

天地無我

突っ込みどころ満載
九州で陸行1月の私(試)論です。前提等①距離・日数は切の好い数値で切り上げ的に表記(貴殿と≒) ②陳寿は文系センス、苦労人。記述を無難(上位者から見て違和感なく)にまとめる姿勢。③卑弥呼の死後相当時間を経てからまとめられたもの(本論には影響ないが…) ④唐津~松浦川)~小城市辺り(伊都国)、伊都国での見聞録。⑤10日1月は帯方郡から。       [水行10日論] 当時の中国では海路1日1000里との常識・通説。~まつら国10000里=10日。まつら国には半日強で着き1000里ないことはしりつつも、1日=1000里を採用し表記。   [陸行1月論]  (宿泊地制約により歩ける時間が少ないことに留意の必要。) 奴国100里等は1日で往復できない距離の意→これを陳寿は陸行1日=100里の換算値に採用。 陳寿はまつら国~伊都国を500里と体感し数日。伊都国で倭人に邪馬台国までの距離を質問したところ「20日」との言。彼は20日+数日→30日=1月と。一方12000里は~一大国を9000里+から伊都国1000里+から邪馬台国2000里と考えた。     当時の風潮や陳寿の記述姿勢は現代人が考察するほど理数的・実証的でなく、また距離は国境までかとか中心までかとか首都?までかの厳密性もない、至極感性的であったと思います。   この私論はたぶん「九州を陸行と唐津~佐賀平野へ」がトラウマになっていると思います。

   

作者

テーマはテーマを呼ぶ
お説の内容を拝見するとそれについてはその通りと思います。
宿泊施設がというのは・・・・・邪馬台国というクニの首都が半島との交通路を持っているのならば。わざわざ末盧国という港専用の国と、迎賓館の伊都国をもっているならば、そういう社会の都市の役割をもっているならば、この1月もかかる陸路に対してインフラ整備をやはりするのではないでしょうか。首都と対馬海峡を結ぶ交通はクニの死活的テーマだと思うのです。
もちろん大した道ではないでしょうけど、獣道プラスアルファと途中途中の休憩、淡水の用意や栗やどんぐりなどの設置というか休憩場所の近くには栗の木を植えるとか。山小屋みたいなのを作って井戸さえあれば、冬を除けば九州なら十分だし。
キャンプのサークルにいた経験でいうと国内の山は春から秋の初めまで地べたにそのまま寝ても大丈夫なくらいです。やや脱線か。

天地無我

必要条件・無制約
貴殿の言われる通りインフラはかなり整備されていたと思います。平野部、特に幹線沿いでは。歩く速さも記説は全く正しいと思います。①避難小屋的にはあったと思いますが、治安面から常時利用には?。 ②10日にも満たないところを20日と? :理由は想像の世界。・防衛からの言とか、・「この進物はいつ?」「はい、20日ごに」とか、・物資運搬定期便が往復40日としていたとか(船は?の突っ込み)、等々お好きな様にの感じで。③博多湾は表玄関です。万人の認めるところ。かなり"都会的"な地域。そして、平野全体もそこそこに。  他方、憲法である魏志倭人伝の"まつら国"表記。、どこに"表玄関"?。。敢えて記述を避けたのか(他の国の表記状況から.類推して"表玄関"を感じさせる表現あって然り)。この点は邪馬台国論争(とりわけまつら国=博多論)の重要事項そのものであり、解釈とその納得性は必要条件です。              Fです。全面下車も外建投は翌日約。一日遅れが結構大きい。

作者

Unknown
なるほど。現実ですね。正直にそもそも伝えてないかも。大宰府も近畿の往復させてるあいだ、たっぷりまたせてたらしいし。すぐそばでも、遠いということを理由に返事とか回答を遅らせて、その間考えていたりとかですね。
1週間でも1月といいそうですね。政治的に。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR