FC2ブログ

「日本古代史 邪馬台国と卑弥呼の探求」食料 人口 邪馬台国

魏志倭人伝には邪馬台国は7万戸、奴国は2万戸、投馬国は5万戸。とあります。


同時期の韓の一戸当たりの人数は4人ほどだったとか。

同じであれば、邪馬台国の人口は戸数×4人として約30万人。近隣の奴国も8万人として合わせて35万人くらいはいる。投馬国は5万×4で20万人。


この世界はこまごま併せて60万人くらいがいたということではないか?

まあそうなります。

この他に狗奴国があるし、おそらくはこの中には信州以東は入っていない。

九州説のときと近畿説の時で倭国の総人口は倍近く変わってきますね。


60万人分が食べるだけの食料。

また邪馬台国だけでも30万人分の食糧を確保しなければなりません。逆にそれができたからそれだけの人口になったのだと思います。主には米をどこで作るのかという問題になるでしょう。

もちろん米だけではなく、研究によると当時の食事に米が占める割合は半分以下だったとか。

そうなれば今度は残りの食料は縄文以来の、海の幸である貝、魚、海藻、山の幸であるウサギやいのしし、果物、ドングリやクリや、川魚など。が必要になるから、山や川などを拠点にしてかつ水田が作れる平野があるという、素晴らしく環境の整った場所でないといけませんね。


その観点から少なくとも博多湾岸の狭い地域に邪馬台国連合のすべてがあるというのは無理でしょうね。

女王の場所だけならはともかく、地域としての邪馬台国は30~40万人分の米を作れる平野が必要です。


それは博多平野から佐賀平野にかけての平野全部だと思います。そこから熊本平野までが一元的につながれば人口60万人も可能でしょうが、そのときには九州全土で宮崎や鹿児島をいれると100万人はいたのではないか。

すると3世紀に九州だけで100万人。邪馬台国九州説では日本列島におおむね200万人はいることになりますね。




いずれにしても邪馬台国やその他の投馬国や奴国などの大国はある程度、食料確保の観点からどの辺にあるか限定されるのではないかと思います。


日本中に広げても限られるでしょう。


50万人前後の食料確保に適正な規模を持つ平野ということです。


 



 邪馬台国30万人を食べさせるのは佐賀平野から博多平野。


または熊本平野

または宮崎平野。

または出雲から米子にかけての沿岸。

または奈良平野。


農耕技術の一点集中をしたと思うので分散はしないと思います。


するとある程度の大きさの平野が必要だっただろうと思うのです。


グーグルアースを見ることで、初めてくっきりと平野が浮き上がります。


平野探しという観点からみると博多湾から有明海に向けて、途中大宰府あたりの狭い山の門のようなゾーンを越えてひとつながりの平野なんですよね。そして北部九州にはこんな規模の平野はほかにない。しかも博多湾と有明海に向かっての川がある。大宰府にいると有明海にも博多湾にも川を下っていけるのですね。


米作のためにあるような土地です。宇佐あたりの平野はそれほど広くはありません。でも海と山に囲まれた豊かな土地です。


このあたりに住んでましたが、海はいつも意識の中にあります。周防あたりと地理的にはつながっていましたね。海で交易し、山に向かえば耶馬溪を通って山国があり、(山国川沿いに耶馬溪はあります)その先が日田です。


日田まで行くと、筑後川を下るだけで筑紫平野です。宇佐は有機的に筑紫平野につながっています。


下記参照。



九州全体でみてもこの規模の平野はあと熊本平野のみです。

そうなると熊本平野ってなんでしょうか?狗奴国でしょうか?


博多湾と糸島あたりの一地域が本拠地であっても、食料のための農地として、筑紫平野全域は邪馬台国連合でなくては、そもそもクニがなりたちません。


 


博多湾と有明海に挟まれた天然の農地、この広さ、この土地に最大の政治勢力がなくして一体どこにあるというのでしょうか?

→と、昔は思っていました


両側が海。現在のアメリカ合衆国のようではありませんか。豊かな土地と、豊かな海。二つの海で行う、交易。日田も抑えてれば内陸の道での交易もある。


筑紫平野にクニがあればそれは地理的必然として、スーパーパワーとなります。


政権発祥の地は山奥や島にあっても、


大きな国を作ったとしたらそれはその人口がが食べていける土地の支配ということであり、


その土地の防衛のために都はその土地の中にある、


この議論がでないのは海洋国家日本が地続きの国境をもたないため


わたしたちが国を守るという概念を持たずに、


国のなりたちを考えるからではないでしょうか。


例えば日田の戦略的重要性。九州を抑えるには日田を取らねばならないというのは、徳川家康も気づいていたのです。地図を見ると、黒田藩(福岡)の背後をつけるし、熊本藩も睨めるし大分平野も中津宇佐平野も支配し、鹿児島も睨める。大きな平野に向かってみなその背後をとれるのが日田。だから筑紫平野の勢力は絶対に、必ず、日田を抑えます。筑紫平野にとって日田は防衛上必須の地域です。


 




博多湾と有明海に囲まれた、豊かな平野。


こんな場所はあとは瀬戸内海と日本海に囲まれた、河内平野、琵琶湖、若狭湾のあたりだけですね。近江と河内と丹後ですね。

立地的には、この二か所しかない。そしてそのうちの筑紫平野のほうだと思っています。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

天地無我

比定地ゲームの肝?
女王国に紛う勢力は近畿圏・瀬戸内圏、もちろん出雲、その他の地域に地勢等に相応し複数存在していたのでは。しかし、これらは邪馬台国でない。やはり、魏志倭人伝の記述(12000里と方角)から邪馬台国は九州しか考えられない。本論の女王国の主要域、日田の重要性もその通りと思います。   他方、①女王国に対して夫々、熊本平野、宮崎平野は友好的?、敵対的?、無縁?。②宮崎平野・日向~阿蘇地域~熊本平野に至るラインの意味合い?。③唐津~(≒R203号)~多久あたりへのライン(道勾配や人家等、マアマアの経路では?)の評価。この3点をどの様に考察するかが、女王国圏内の国々の比定地推定の肝の1つと考えています

作者

Unknown
ミクシーの邪馬台国とぴでよく話すかたがいて、その方の影響で今日から南九州に注目しています。グーグルアースでみると非常に興味深いです。球磨郡が狗奴国の本拠地かと地図だけだと思ってしまいます。
ただぼくは九州の人間として思うのですが、北部九州は同じ島の南部よりはるかに韓国や山陰や、なにより瀬戸内海に近さを肌感覚で感じるし、実際そうです。九州が一つと思ったことがないけど、瀬戸内海を通して四国と広島あたりは近いとは感じます。古代人が同じ感覚なら、九州山地で完全に隔絶され、外国のようなものだったのかもなどと漠然と想像している段階ですが。勉強してみます。

不弥人

人口問題は怖い
人口ははっきりいって扱いは怖い。戸数×平均戸数あたり人数を出すと60万人ですか?
60万人というと旭川市と同じくらい?
たしか古代ギリシャのポリスではアテネとスパルタとテーベだけが(のちのマケドニアは除いて)が30万人から50万人くらいではなかったか?それに匹敵するが、ギリシャも狭い土地に人々が密集していたと思うと、60万人もありかなとも思います。
当時の魏の洛陽などは人口は?と思います。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR