FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」方角と距離が正しいと仮定すると邪馬台国はどこだ?

方角は間違いだとか、最初だけちょこっと東南に歩いたけどあとは全部東か北東に向かって歩いた。でも最初が東南だから東南500里と書いた。


とか。とにかく距離も方角も違うなら出てくる伊都国も実はなかったとか言えばいいのに、そる部分は正しく、在る部分はまちがいとか言う。シロウトには何がなんだかわらなくなる。きっと言ってる本人もわからなくなってる。


それにしてもまつろこくと伊都国、奴国などはほぼ確定しているという話がある。


那の津などでなが残ってるということで奴国は博多。


いとで糸島。


松浦でまつら、まつろ


でも山門、や山都はやまとだからそこが邪馬台国といえばそれは違うという。


 


いい加減にしてもらいたですね


 


里程問題というのがあります。細かいことは抜きにして


一里は本来五百メートルですが


倭人伝の中の縮尺は、単純に1里が50メートルです。


そしてそれに合わせて距離をはかり、また方角も記載の通りだと仮定しますと。


国々と現実の距離はこうです。ぴたりと当てはまります。


 


帯方郡あたりから八女あたり580キロ。約12000里。


1帯方郡あたりから馬韓と倭地の境まで350キロ。七千里。


2半島から対馬まで49.5キロ。つまり千里


3対馬から壱岐は51キロ。つまり千里


 ここから国々の比定は意見の分かれるところですが、


4壱岐から志賀島まで五十四キロ。つまり千里


5志賀島から大宰府まで25キロ。つまり500里。=まつろ国から伊都国。東南に500里。するとぴったり大宰府。


邪馬台国の首都は八女あたりです。仮定します。そこまで一万二千里です。


距離はあいます。


伊都国からあと。


奴国は朝倉平野。大宰府から朝倉平野の入口あたり、かつての三輪大社まで五キロ。=100里



そこから先は・・・・ 


ところで1200里に対して、途中の合計が合わないという説に対しての素人考えです。


帯方郡から女王国までの合計は12000余里。となっています。


それでもって途中経過の距離はというと


1.帯方郡から韓の南まで7000余里。


2.そこから対馬が1000余里。対馬から壱岐が1000余里。壱岐からまつろが1000余里。


3.伊都国へ500里。不弥へ100里とあります。


合計すると10600里で1400里足りないとよく言われ、


その帳尻合わせのために


日本上陸のあとは縮尺が違うとか


対馬と壱岐の島の長さが漏れているとか、


韓の倭との国境までが7000里で対馬への出発地まではそこから1400里だったとか、


諸説があります。


 


素人考えです。


こんなにきっちりと7000、1000、500という数字に当てはまる様に国々が配置されているわけはありません。美しい整数を用いただけです。


現実はこうだったかもしれない。


7300里、1200里、1300里、1100里、600里。


これを書きますか?漢文だと七千三百里とか千二百里とかになってしまいます。


千里もの距離は、千でOKと。千里くらいだとわかればいいのです。我々だって福岡から鹿児島まで300キロという風に説明しますね。320キロだって300キロと言いますよ。


 



スポンサーリンク

コメント

天地無我

大賛成。周辺事項に?
距離についての考察。大賛成です。日数表記も同様に考えます。この場合、朝鮮半島ではなく九州を(まつら国から)1ケ月陸行もありでは?。 また、当時の海進地形を想像したとき大宰府まで陸行に?です(表記としては有りとも考えますが)。  
今回も素晴らしかったです。

作者

Unknown
ありがとうございます。壱岐から1000で、伊万里もありかなと。すると武雄まで500ですね。東南方向に。でも、まつろこくと、イトコクの役割は後の時代の志賀島と太宰府の役割ソノモノなので。確かに志賀島接岸だと香椎に小舟で渡り、そこから歩き出すことに。ただ、カラツワンに、上陸はないかと。

Kats.I

1里=50m
私も大賛成です。wikipediaの魏志倭人伝からですが。
一大國、方可三百里。日本語訳は300里余四方(何故か余が付いている)。
對馬國、方可四百餘里。日本語訳は、400余里四方の広さ(こちらは日本語訳にも余としている)。
ここで私の見解は、方可=平米のように、10km平米=10km x 10kmと考えます。
壱岐島は、丸い島で現在南北17Km、東西14kmです。
方可=縦x横との私の見解では、壱岐島の縦、横=15kmとして、方可300里=15km平米なので、1里=15km/300里=50m/里となり、貴殿の1里=50mは、全く正しいと思います。
対馬は、南北82km、東西18kmの細長い島です。
400余里=20kmと原文の記載がありますが余がついているので、だいたい20km平米と大雑把に記載している私は解釈しています。
では、邪馬台国はどこにあったのか。
帯方郡から狗邪韓国が7000余里=350km
帯方郡から女王の国が12000余理=600km
ソウルー釜山=直線距離が320kmです。
帯方郡=ソウルとするなら、
女王の国(=邪馬台国)は、ソウルから直線距離で600kmあたりのところであると推察します。



作者

Unknown
ご意見ありがとうございます。
なるほど。半島の内部の川や水路を移動したら、ソウルから釜山までほぼ直線で移動もできますね。すると、釜山から二五〇キロのところとも読み替えることができます。そして対馬と壱岐経由で上陸するからそこで150キロ使います。
すると九州上陸後に100キロ移動したということになり、絶対に近畿説はなりたたないし、つまり九州以外は無理ということになります。
壱岐と対馬を経由しなければ出雲がちょうど600キロの場所だっと思いますが。

Kast.I

天体観測
帯方郡から狗邪韓国が7000余里と
帯方郡から女王の国が12000余理は、
たぶん天体観測から計量したのだと思います。
帯方郡から水行南へ東へでは、距離を測定るのは目視では困難と思います。
ソウルから直線距離600kmは、出雲が該当します。
でも、技師倭人伝は、女王の国(=邪馬台国)へのルートの詳細を記述しているで、出雲はかんげられません。
魏志倭人伝の距離(1里=50km)と方位を記述通り、読み取ると、私の見解は以下です。
末廬國=西浦岬の西岸か東岸
伊都國=福岡市城南区か南区あたり
奴國=大野城市か春日市
不彌國=太宰府市

不彌國の後、南へ水行で投馬國。南へ水行+陸行で邪馬壹國とあります。

太宰府(=不彌國)から南への水行は、宝満川を南に下ったのだと思います。
投馬國は、宝満川か筑後川に面したところにあり、
邪馬壹國は、その先、川から少し外れたところにあったのだと思います。

南へ水行二十日で投馬国に至る。
南へ水行十日と陸行一月で邪馬台国に至る。とあるのは、意図的に誤魔化したのだと解釈します。

狗邪韓国へは、7000余里と同じ章で記述しているのに、あえて、「自郡至女王國萬二千餘里」と章を分けているのが根拠です。
女王國(=邪馬台国)へのルートを説明しているので目的地の記述は、「南至邪馬壹國、自郡至女王國萬二千餘里」と同じ章で記述するのが自然と解釈します。

さて、先日の記述でよく考えると間違いであることに気づきましたので、以下の様に訂正させてください。
對馬國、方可四百餘里は、400里x400里。(20kmx20km)
一大國、方可四百餘里は、300里x300里。(15kmx15km)

補足として、對馬は、南北82km、東西18kmですが、東西の18km(=360里)をもって、方可400里。
一大國は、南北17km、東西14kmをもって、方可直径15km(=300里)をもって、方可三百里は、300里としてのだと思います。


作者

Unknown
私は福岡市の城南区から大野城あたりに引っ越しておりました。
まさに邪馬台国ルート上に生息しています。

粕谷郡の宇美町に丘があり大宰府の隣ですが。その丘を毎朝みていて、その丘に登ってみたら博多湾と筑紫平野が一望のもとに見えるのです。
あの丘から大宰府までがふみ国であるなら、と以前のこのブログで地図を掲載しました。
ふみ国は見張りの国。ここまできたら川をくだって有明海へ。有明海からどこまでもいけます。
おまけに古代の海岸線はもっと深く博多湾をえぐっていたので・・・・倭人伝の行程は古代の海岸線に沿ってあるいただけのような気がしてそんな地図も作ってみました。
様々な考え方ができるのでほんとに楽しいですが、何かを思いつくといつもそれが本当っぽく思うのです。でも基本九州有明海説です。私は。
しかしふみ国が門司で関門海峡であるなら南へ船で四国に到着して、そこから四国を横断して奈良まで歩くというルートも面白くて地図にしたことがあります

Kats.I

柳川のお堀めぐり
私は、10年前に下関に引っ越しました。大阪、東京で生活しているときは邪馬台国、畿内説もありかなと思っていました。でも下関に来て初めて、九州自動車道を南へ走らせたとき、基山から先、筑後川流域の広大な平野を目の当たりにしたとき、ここはかつて栄えた場所であるに違いないと感じました。邪馬台国九州説こそ正しいのではないかと。
今月になり、ある読んだ本の影響で、自分で邪馬台国を比定しようと思った初心者です。

さて、やはり、不彌國まで距離を里で記述していたのに、投馬國、邪馬壹國へは、距離の記述を日数に変えたことが、諸説を生む元であるのだと思います。
先日は、誤魔化したと書き込みをしましたが、今回何故筆者が記述を変えたかの心理を思いはかり、以下見解を書き込みさせていただきます。

不彌國(太宰府)からの宝満川の川下りは、
柳川のお堀めぐりのように
全行程の中で最ものどかで優雅だったと思います。
移りゆく川辺の景色を堪能しながら、
無事ここまでたどり着いた喜びを祝しあい、また、長旅中の苦労話、武勇伝に、花が咲き、
さらに、女王の都へもうすぐたどり着ける高揚感から、お酒がかなり進んだのでは察します。

「百里を行く者は九十を半ばとす」

筆者は、あと少しなのだけれども、油断するなの意味を込めて、
あるいは、もったいぶって、不彌國から投馬國、邪馬壹國の行程を、意図して里から日に変えて記述した考える次第です。
この筆者ちょっとしたいたずらにより、後世の人々が、古代浪漫に果てしなく夢をめぐらせることになるとは想像していなかったことでしょう。粋な計らいと感じます。

さて、記述の水行二十曰、水行十日、陸行一月は、距離を表しているはずです。
20日、10日、30日ときりのいい数字が並んでいます。
筆者が意図して距離の記述を変えたのは間違いないと考えます。でなければすべて里で表していたと思うのです。
意図して記述した日数そのものには意味がなく、10日は、何里に相当するとして記述したかを推察することがポイントと思います。
10日が500里(25km)や1000里(50km)では長すぎで、ここまで伊都國、奴國、不彌國と100里ずつ刻んで記述したことと整合性が取れないと思えます。
ならば人口1000人の不彌國は省略して良かったと思うのです。
100里ずつ刻んだことを踏まえ、10日=100里(=5km)が妥当と私は考えました。
以下、10日=100里(=5km)としての私の見解です。

南至投馬國、水行二十曰(200里)。 投馬國 = 大宰府から宝満川を南に10km下った、小郡市の津古か三国ヶ丘あたり。
南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日(100里)。
津古か三国ヶ丘からさらに南に宝満川を5km下った、小郡市の大板井か松崎で船を降り、
陸行一月(300里) 。 東か西に15km行ったところに女王の都、邪馬台国があったと推察します。
筑後川の北側。女王国は帯方郡から、1万2000余里(=直線距離で600km)の地点であると推定します。

先日の書き込みで、かなり誤字乱文がありました。お詫びいたします。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR