FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」オシホミミノミコの本当の姿??

アメノオシホミミノミコは


クニ譲りの時も、天孫降臨のときも行くのを拒んでます。




この人、一体何なんだ?


行きたくなかったのだろうなあ、と思います



天オシホノミミノミコは国譲りの時は


途中までいって様子を見たら、


力ある神たちが争ってるとこなので怖くて行きたくない、自分じゃ無理ですと言ってる。


天孫降臨のときは、


用意をしてたら


子供(ニニギノミコ)が生まれたからこの子を行かせますと言った。


ニニギのほうの子孫は言わずとしれた神武天皇、天皇家ですね。


もともと天照が葦原の中津国は、我が子オシホミミノミコのために奪取作戦を敢行したわけですが。


肝心の本人は征服戦にも行かず、その後の統治のためにも行かない。


そしてその後高天原でのんびり暮らしたみたいだ。




のんきで面倒くさがりやの2代目。いいなあ。使えない2代目。


だから3代目がいろいろやるし、重臣たちがいろいろ意見言う。


それでも英彦山神社の祭神です。福岡県。



そして福岡市の愛宕神社の 御祭神


ここはこんな神様を祭っています。


伊弉諾尊(いざなぎのみこと)


伊弉冉尊(いざなみのみこと)


火産霊神(ほむすびのかみ)


天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)


四柱の御祭神です。


宇賀神社(末社)御祭神


日本武尊(やまとたけるのみこと)


素戔嗚尊(すさのおのみこと)


宇賀魂神(うがのみたまのかみ)


三柱の御祭神です。


 


いやあ、古代玄界灘は。高天原のすぐそばなんだと、誰が見てもわかるような神々の名前ですね。


それにしても何もしてない2代目がちゃっかり。


祖父母のイザナギ、イザナミなんて日本列島を生んだんですよ!!


おじさんのスサノオなんて頭が8つもある大蛇と戦ったり、高天原で暴れて追放されたり波乱万丈です。


子孫の日本武尊だって恋人が嵐の海に身を投げたり、自分もふるさとに生きて帰れず、白鳥になって帰ってきたりと。


みんな仕事で忙しかった。


 


重要任務を二回も断った2代目が、ちゃっかり名を連ねて


ほかの神様から文句がでないのかなあ?


 


そこで仮説です。


じつはオシホミミノミコは諜報部の責任者だった。


表向き国譲り作戦や天孫降臨作戦を断ったように見せかけて、


裏でひそかに真っ先にそこに出向いて、調査、間諜を行っていた。


江戸城無血開城のときに、勝海舟と西郷隆盛が談判したように、


国譲り=無血開城を大国主と直談判できる格のある神様はオシホミミノミコです。


また地元豪族を各個撃破ならぬ各個説得していったかも。


そしておしほ耳のみこの説得工作の後に、表の使者がやってきた。


一度も戦わず出雲を譲った裏には、おしほ耳部隊の諜報活動があった!!


そして天孫降臨の時も、諜報活動で先発隊として行ってたんです。


それは地元の神楽舞で、天孫降臨に反対していた猿田彦の説得です。


地元では猿田彦は天孫降臨を阻止する動き。


それを戦わずして話をまとめた裏交渉の主催者。それがオシホミミノミコ。


ようするに大国主と猿田彦との裏交渉の責任者。




こんなんでもなければ本当にのんきで面倒くさがりやの気のいい2代目ですね。





スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR