FC2ブログ

邪馬台国の場所についての諸説を紹介します ①

邪馬台国問題を巡る状況

江戸の中期くらいまではヤマト国と読んで大和王権のことだったとされていましたが、
当時の中国語読みだとヤマトとはならず、
ヤマタイ国だったはずと、本居宣長あたりが唱えだしたことから、
ヤマタイ国問題が起こりました。
本居宣長は佐賀県の山門にあった国だと片づけたのですが、
そこは3世紀ごろは海か湿地であり国などありようがない、
というわけでではどこに?という迷路に落ちていきました。

現在邪馬台国は魏志倭人伝をたよりに、
場所をなんとか割り出そうとしていますが、
変数が多すぎて倭人伝の記述からだけでは不可能です。
日本の古事記や日本書記、国内の遺跡なども鑑みて、
三角測量的にやるしかないのですが、それも決めてはありません。
最終的には、卑弥呼と書かれたものが発掘されるか、
あるいは親魏倭王の金印が、
漢委奴国王の印が志賀島で発見されたように発見されるしかないでしょう。
DSC_1003-EFFECTS.jpg
しかし
邪馬台国の不思議なところは、誰かがある着想を得たら、
その人は非常に攻撃的に自分以外の説を糾弾し、
自分の説以外に説明のしようがないではないかと思い込んでしまうことです。
なぜ自分の説がそこまで断定できるのかと言えば、
よく読むと、必ず大胆な推測や想像があります。
その発想に酔うのだろうと思います。他の人の説は頑なに受け付けなくなります。
私自身は、自分の説はもっていますが多くの説も楽しむというスタンスです。
これは非常に珍しいスタンスのようです。
でも、たとえば近畿説の場合はどうなのか?九州の福岡の場合は?宇佐の場合は?宮崎の場合は?岡山で吉備の場合は?など考えるのはとても楽しいことだと思います。
今回から邪馬台国の場所についての諸説を見ていき、東遷説についても考えていきたいと思います。

一体何回かかるのか?20回くらいだろうか?
検討はつきませんが、楽しみながら見ていきたいと思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

> 魏志倭人伝をたよりに…場所をなんとか割り出そうとしていますが、
 変数が多すぎて倭人伝の記述からだけでは不可能です。
 日本の古事記や日本書記、国内の遺跡なども鑑みて、…それも決めてはありません。
> ・・・必ず大胆な推測や想像があります。
(´ー`*)ウンウン 整合性と論理性でしょうか?

>楽しみながら見ていきたいと思います。
(´ー`*)ウンウン  楽しみにしています。

作者

Re: タイトルなし
集大成的に
辞書的に
まとめていこうと思っています
今まで思い付きで書いてきたことを。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR