FC2ブログ

伊万里が末盧国で武雄が伊都国であるときの邪馬台国

伊万里が末盧国

壱岐から海を越えて九州に上陸するとき

末盧国の上陸地点を一般には唐津半島のいずこかに想定することがほとんです

中には宗像大社のあたりを末盧国に比定して

不弥国は京都郡のいずこかへ想定し

瀬戸内海を水行して邪馬台国へという説もありますが

今回は末盧国を伊万里に比定する話です

伊万里はかつて松浦郡でした

末盧は松浦という考え方は広く浸透しており

そうなれば唐津半島の東側か西側が

末盧国となり東側なら唐津で西側なら伊万里ということになります

それにしても

末盧国が松浦で

伊都国が糸島(かつては怡土郡志摩郡)で

となり不弥国は宇美町という風に

名前が残っているからそれぞれの地に比定するというのであれば

その理屈で言えば

邪馬台国はヤマト国という地名に残っているし

大和王権こそそののちの日本の王朝になるから

邪馬台国はもう大和=奈良でよさそうなものですが

あくまでヤマタイと呼称しますね。

もっとも福岡市にも下山門、上山門という地名もあり佐賀県にも山門郡というのがありますから一概には言えません。

Matsuura-gun.png

武雄が伊都国

さて伊万里は(松浦=末盧国)だとします

すると山間をぬって筑紫平野にすぐに行くことができますが、筑紫平野側からみたら、伊万里湾から来るものたちを関所としてチェックするように位置するのが今の武雄です。

古い町です。この武雄こそが伊都国であるという説もありますし、伊万里が末盧国ならば、まさに東南に歩いていったところです。

武雄まで


山間に道があります


筑紫平野と有明海

そして武雄が伊都国なら奴国はもう筑紫平野と佐賀平野にまたがる広域な国ということになり、吉野ヶ里遺跡はまさにこの領域にあるから、奴国の都と言ってもいいでしょう。


筑紫平野


そして不弥国とはこの場合有明海へ向かう港であるとなります。

古代筑紫平野は潟が広がり半分海、半分砂州のような場所でしたから

船が行き来できる港は少なかったと考えれます。

そこで港として最適な場所が不弥国となった。だから人口も少ない。

で、この港から投馬国や邪馬台国などの広域の大国へ船がでる。

筑紫と有明


邪馬台国九州説雑感

とまあざっくりこんなイメージで考えてみましたが、九州人の私にとって

3世紀にこのように九州という島が一つの権力によって統一されていたかのような状況は、にわかに信じがたいのです。

大分から門司あたりまでの九州人は明らかに瀬戸内海人であり、広島や松山を近いと感じるのであり、宮崎や鹿児島は外国のように遠く感じるのです。

また博多にいると韓国や山口や出雲あたりまでは同じ海というイメージを持つ。

有明海世界の人たちよりも韓国を近いと感じるし、

出雲あたりまでの日本海沿岸を鹿児島よりも近く感じる。

なので武雄に伊都国があって、

それを宮崎に住む王が統括するなど九州人の感覚ではありえない、

というのがこの説の問題です。

でも3世紀にはまるで違う世界観だったとも言えるので

正解はわかりませんがこんな考え方もできる邪馬台国です。


いずれにしても壱岐から後はこのいずれかの方角に向かて進んだわけですね

壱岐から



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

有明世界
当初の貴説 伊都国=大宰府も 伝の記述全体との矛盾がなく 魅力的ですね。

作者

Re: 有明世界
お元気ですか。いつもありがとうございます。邪馬台国は永遠です。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR