FC2ブログ

食糧生産力からみる邪馬台国

たとえば

邪馬台国の有力地としては筑紫平野と佐賀平野があります。

そして国内のまとまった平野部はどこもこれくらい。関東平野と濃尾平野がさらに広いくらいで、奈良も出雲もこれより狭い。

下の地図を見れば、帯方郡から壱岐に来て、唐津や糸島に上陸したら、福岡平野から佐賀平野のたとえば吉野ヶ里に向かって歩いていたような気もします。


今でも西鉄電車・JR・高速道路はこの平野沿いに走りますよ


米作 

米作は縄文の日本列島に革命を起こしたことでしょう。

大きな国というのは、穀物栽培を広い土地で大集団でやることから発生したのだと思います。エジプトでもインドでも中国でも倭国でも。


本来日本列島は山一つ越えれば別の海岸線、別の平野、また山の中に別の盆地がある豊かな土地で国をつくる必要はない。人のものを取らなくても十分に食べていける日本の風土です。大陸のように、人の国を奪いたいという心理的な動機は発生しません。稲作は、産業革命のように社会構造を悪化させたのではないかと思います。


さて米作です

福岡平野と佐賀平野の面積を見てみます。

佐賀平野も福岡平野も三世紀当時は海かあるいは湿地帯で今の耕作面積より狭い。

 参考


 福岡県 …… 4,977 km2 … 15.06 億坪


 佐賀県 …… 2,440 km2 … 7.38 億坪


上の地図で、福岡・筑紫・佐賀平野  の合計面積は


約2000平方キロメートル  です。 


つまり約6億坪

3世紀当時の陸地は半分程度だと思いますが。


計算方法:1 (平方キロメートル) =1 000 000 平方メートル(1千メートル×1千メートル)なので

2000平方キロメートル=20億平方メートル=約6億坪(1平方メートル=0.3025坪)


この6億坪でどれだけの米が作れるか。

どれだけの人口分のコメが作れるか見てましょう。


秋田県の平成17年のデータを見ますと、一人が1年に食べるお米は約60Kg。


 計算基礎:

私たちが1年間に食べるお米を作るにはどれくらいの広さの田んぼがあればいいのでしょうか?


1年間に食べるお米の量は60kg(平成17年度)、

収量は1000平方メートル当たり約500kgですから、

61kgのお米を生産するのに必要な面積は500KG÷60KG=8.3倍

なので1000㎡÷8.3=120㎡。

おおまかに言って40坪あたりです。


40坪でしっかりと稲を育てれば1人が1年間食べていくお米がとれる計算になります。


この数字をそのまま当てはめると、建築物を今日ほど建てる必要のない当時は

そのままほぼ米作にあてることができる。と仮定すると

筑紫平野と福岡平野のすべてで稲作をすると

6億坪÷40坪(一人分の米のための田んぼ面積)=1500万人。

1500万人分のコメが取れるのですね。

凄まじい数字ですね。でもこれは現代の農業技術で作って、現在の土地のすべてを水田にした場合です。


邪馬台国は7万戸、


投馬国は5万戸、


奴国は2万戸、


その他で1万戸として15万戸。


同時代の半島の戸数あたりの家族数は6.5人。

6.5人×15万=97.5万人。

すると福岡・筑紫・佐賀平野で100万人が居住していてもおかしくないとなる。

邪馬台国九州説というのはすべてが九州で収まるとすると

数字はとてつもなく膨らんでいきますね


でも耕作面積そのものが半分以下だっただろうから

50万人。


 もちろん現代農業と同じ生産性ではないので

仮に10分の1の生産性とします。


すると5万人が食える。


こんなものかと思えます。

すると福岡や佐賀のみに邪馬台国があっても人口はあれは誇張に過ぎないとなりますね。


九州全域とすると

*赤線は川


ほんとに数十万人を養うならこのゾーンに熊本平野と宮崎平野と全部が必要になるでしょうね。


でも大分県などはいまでもその方言は

中国地方や四国と類似が多く、人の行き来もそちらが多く、九州の土地という概念より、瀬戸内海沿岸の土地という概念です。


九州島での一体化してくくり方より

宇佐から岡山平野や阿波の平野や、山陰の日本海沿海部の平野などに広がるはず。

やはり邪馬台国は

人口からみても

西日本全域にわたる広域のネットワークであったように思います。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR