FC2ブログ

いろいろ古代史アトランダム「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」

新羅のもとの辰韓とは

辰韓=秦韓=亡命中国人たちという意味です。
始皇帝の侵攻と圧政を逃れて半島に来て、馬韓に土地をもらって辰韓ができたというのは
割合、本当のことではないか。 
さて、辰韓まで逃げてきたら 
その南端あたりから海をみると対馬が見えるわけです。 
あの島はなんだと、そこから来ている倭人に聞けば 
あの島の向こうに倭があるというのを聞くわけです。 

対馬は南北に交易をするとなっているし壱岐もそうです。 
対馬と壱岐の倭人は辰韓とも馬韓とも交易をする。 
辰韓の一部の人はより秦から遠くに逃げたかったかもしれない。 

すると倭人の船に乗せてもらって対馬壱岐、九州に行った人たちもいるでしょう。 
そのとき、彼らだけで渡来は不可能です。 
対馬海峡航路をしる倭人の船で来るわけです。 

だから辰韓と倭の海人族はワンセットでやってくる。 
のではないでしょうか。 
宇佐あたりがどうも裴世清が伝えた秦国のようです。 
宇佐を起点に応神天皇と八幡神は奈良にやってくるわけです。

裴世清がいうとこおの倭の秦国とはどこだ?

筑紫の東と書いてますからね。 
たしかに本州のすべては筑紫の東ではありますが、
それだと書き方は違うのではと思います。筑紫の東となりなのだと思います。すると門司とか景行天皇上陸の京都郡あたりとか、そして宇佐とか。

稲部遺跡で大発見。 


琵琶湖沿岸の地域ですが九州でも大発見がほしい。
吉野ヶ里以来ない。
つまり開発が少ないんだきっと。
糸島とか田舎過ぎてあまり掘る機会もないけど、伊都国跡地をほじくりかえでばすごいだろうになあ。
    秦王国は宇佐か門司かというとこではないでしょうか。 
    不弥国がどこなんだろう?不弥国ってなんだ?なぜ不弥国で通常の行程が止まるのか?そこはいったいなんなんだ? 
    門司=文字=ふみ国ではないのか? 
    そして門司の関門海峡沿いに山門町があります。これはやまととは呼ばずにさんもんまちとよびますが。日本にきた渡来人集団同士が、喧嘩したり騒乱を起こさなかったのは奇跡だ。 
    今の半島人をみると大騒ぎしそうなものだが。 

    BS歴史館によると、倭の地のオーラが渡来人の心から争いを消したのだとか。 
    聖徳太子の仏教政策は渡来人も含めて統治するために、
    取り入れたのだという考え方もあるのだという。
    日本最古の神話は、越から諏訪にかけてあったのだと思います。空想です。 
    諏訪の黒曜石は、越の港から、三内丸山や隠岐の島・出雲などにも運ばれていった。 
    そこのヒスイの研磨工場のような作業所が佐渡島にたくさんあったということです。 
    記紀が語る構造とはまるで違うものがあったと思うのですね。あたりまえだけど。 
    にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク

    コメント

    非公開コメント

    古荘英雄

    一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
    魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
    徒然に記します。

    スポンサードリンク

    プロフィール

    古荘英雄

    Author:古荘英雄
    一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
    魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
    徒然に記します。

    ブログ村ランキング参加中

    ブログ村古代史ランキング参加中

    PVランキング参加中

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    QRコード

    QR