FC2ブログ

偏見なく倭人伝を読む

というようなタイトルである自然科学者が邪馬台国の場所探しをしていました。


初期条件の設定など幾多の自然科学の方法を駆使することで


人文科学が見落としていた欠落店点を発見し、邪馬台国の真相に切り込むと余裕の文章でした。


しかしぼくはすぐに失望しました。


途中まではよかったのです。


 著者曰く


一体いつ糸島が伊都国だと決まったのか?あたかも確定しているかのようではないか?自然科学ではありえない姿勢だ。


それに東南に5百里と書いてるのになんで北東に歩いたりするルートで伊都国に行くのか


 


伊都国行路 東南から東北に陸行


最初にちょこっと東南に歩いてるが、古代人の天文知識と距離、方角の知識を馬鹿にしてはいけない


(さすが自然科学者)


いやあ素晴らしい。ほんとそう思う。


そして


だいたい東南に5百里歩いて伊都国だというのだから、それに壱岐から千里、対馬=壱岐間と同じ距離船で行って上陸したのだから、唐津湾そのものに上陸しないし、伊都国も海岸線だったら最初から伊都国に上陸するだろう


まったく同感です


でもだから上陸地点は伊万里あたりだと、いうことになる。そして東南に5百里いったとこに武雄があり、ここで北方の関所の役割を果たすからまさに伊都国だという。


すると武雄あたりのこんな感じ


でもってそこから東南にくだれば有明海沿岸が奴国。沿岸沿いを東に移動して不弥国、有明海を水行していけば投馬国と邪馬台国に行く。


みそは最後に水行できることです。


でも自然科学者なのに。不弥国を佐賀平野筑紫平野の最適な位置に比定しておきながらわずか1000家しか人口がいない国であまんじている。なんでこんな世界有数の平野の中のわざわざ名前も出る国がそんな少ないものか。それに水行して熊本平野や鹿児島平野までいくのなら


最初から有明海に船できてもよさそうだ。


第一なぜ博多湾に上陸しないか一言もない。



欧米の学者にこの地図を見せたら全員博多湾に上陸して平野を東南に歩いたというでしょう。


こんな地形ですよ



これをみたらだれがどう考えても人間の行動として博多湾に上陸して大宰府の山峡を抜けて筑紫平野を南下してくるでしょう。


そこは御笠川にそって博多湾から大宰府、筑後川にそって大宰府から有明海に来れるのです。平野と川、この米作に欠かせないものにそって邪馬台国と近隣の国々はあった


 


食料と材木という資源と交通と軍事的な観点で。


どうも社会科学的アプローチなしで自然科学者は結論ありきに結局なってしまっていた。


食料生産性(米作)


人口


平野の広さ


川と交通


平野を守るための軍事


たったこれだけの社会を考える上で重要な要素を邪馬台国学者はほぼ無視しています。


邪馬台国は米作のための平野の連合。


それらは川で結ばれる。


不作のときの相互扶助のためではないか。


*赤が川 日田は川の中心 


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR