FC2ブログ

古代丹波王国と河内と吉備のよもやま話「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」

海部氏の全国展開


海部族は丹後にもいますが 

実は大分県の宇佐北岸、県の南岸などにもいます。 
エーベルさんが行かれた大分県の古墳はあまべ氏のものですね。 

すると 
海部氏というのは丹後に特有なものではなく 
西日本の各地の沿岸にいたのではないですかね。 
海人族として列島の海岸で交易してた一連の部族の総称だったのかも 
しれないです。


大分県の古墳  海部氏


1494801048_146.jpg1494801048_77.jpg

縄文以来の吉備


縄文というか
人類が生息しはじめて以来
最も最初から人が住んでた日本列島の地域の一つだそうですね。
吉備。
今の岡山平野は
当時は海または湿地。居住地はちょうど
遺跡の見つかってる高台に。
高いとこにたてたんじやなくて
当時の海岸線に立てたら、それは高台だったということで。

そして水稲にも適した場所であり
小豆島が近く
瀬戸内海という水路の中央に位置します。

この地勢の有利さと
場所そのものの有利さとで
豊かな地域だったことでしょう。

尾張と吉備の連合のためにマキムクが
できたと考えてます。

吉備から神武は出発したけど
ニギハヤヒも
河内にテンソンコウリン
してるから
彼も吉備を出発したでしょう。九州、半島と繋がりつつ、吉備そのものが豊かです。

邪馬台国吉備説も一定の支持を受けてます。

奈良や河内より先進地域ですよね。
すると半島からの文化は
丹波経由で近江や尾張へ。
また九州経由で吉備へ。

吉備はとてつもない重要なプレーヤーだったでしょう。尾張も
吉備も
物部となり
ニギハヤヒのテンソンコウリンは
間違いなく吉備発である。
後方墳は尾張から北陸。
尾張と吉備が
奈良を制したのが建国の歴史ですかね。
すると物部は
丹波の支配者でもあり

この規模はニギハヤヒというより
オオクニヌシのようではありませんか。

吉備発の神武 


河内は瀬戸内海沿岸最高の土地だった。
神武は最初、この湖畔の湿地で戦いぼろ負けしたということですね。これは背後からつくしか勝ち目はないということで熊野までいって迂回した。 
確かにこの湖畔沿いで地元の勢力と戦うと負けるでしょう。 
だからやはり、ナガスネ彦は、この長洲だらけの湖の勢力ということで 
長洲根彦だったのでしょう。
1479685929_182.jpg 





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR