FC2ブログ

九州王朝とは?⑩最終回「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」

女王の九州王朝は実在した

卑弥呼かどうかはさておいて
神功皇后が九州にいた時代は
まさに王朝は九州にあったのだから
九州王朝ですね。

そして応神の奈良入りとなりますが

それにしても
即位したなら九州にいすぎだし
しなければ
王位不在の時期が長すぎる

実は

奈良にも王が即位してたが
神功皇后と応神の凱旋で
壬申の乱のように
滅ぼされた
だから
摂政神功皇后時代が長いのではないか。

    倭国大乱とは

    外国からみて、王がその基地の南側の勢力と戦い戦死したというのと、

    そのあと、男の王を奈良にたてなかったのはまとまらなかったからだろうとなり

    その結果女の摂政をたてて一応収まった状況を指すのかもしれません。

    神功皇后の神がかりは鬼道で人を惑わすことそのものですしね。


    なんとなく卑弥呼の共立に似ているわけです


    筑豊と福岡は心理的に遠い


    ところで
    九州と言う島は決して一枚岩ではなくて、有明海沿岸と瀬戸内海沿岸では、全然親近感はないし、鹿児島県や宮崎県は福岡からみると
    山口県や広島県より遠い存在です。

    さらに同じ北部九州でも
    福岡平野から糸島平野にかけてのラインと筑豊地域は別世界です。

    穂波といわれる飯塚には、出雲という交差点がありますけど、
    昔は出雲という地名だったようで。
    飯塚は遠賀式土器の遠賀川の流域です。
    そして遠賀川は福岡の川よりずっと大きいので地形的には北部九州のひとつのエポックです。 

    その流域は縄文遺跡もあります。
    いかに古くからあの一人川沿いに人が住んでいたか。 
    そして遠賀川を下ると河口あたりに、宗像があり、大島、沖ノ島と続きます。 
    1479461052_167.jpg 
    飯塚は国内最初の銅の精錬所が古代にあったとも言われ、
    不思議なことに福岡平野の奴国とは別の国であるわけですが。 

    今でも山を境に福岡と飯塚は心理的距離がとてもあります。 
    古代ではなおさらでしょうか。
    飯塚盆地にひとつの国。隣の田川盆地にひとつの国。
    その向こうの京都郡の平野にひとつの国。 
    糸島のイトコク。唐津のマツロ国。福岡と筑紫平野のナ国。福岡のフミ国。 
    こんな感じでクニが配置されていくと、
    宇佐から唐津までに楽勝で30のクニが入るのですね。 
    福岡にいると同じ福岡平野の宇美町=フミ国でもぜんぜん違う場所に感じますし。 
    糸島だって別世界的だし、山と海で区切られたこの世界がいわゆる邪馬台国で、 
    ヤマトとは無縁の勢力の話だったという感じがとてもするのですね。 
    飯塚から、冷や水峠を越えると頂上に夜須高原があり、ここが高天ヶ原というのも根強い。 
    夜須高原の麓には安川が流れてます。 
    夜須高原からは筑紫へいやと飯塚盆地と福岡平野が皆見えるわけです。 
    地政学的にここを押さえるとこの界隈皆てに入る。 




    スポンサーリンク

    コメント

    非公開コメント

    古荘英雄

    一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
    魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
    徒然に記します。

    スポンサードリンク

    プロフィール

    古荘英雄

    Author:古荘英雄
    一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
    魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
    徒然に記します。

    ブログ村ランキング参加中

    ブログ村古代史ランキング参加中

    PVランキング参加中

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    QRコード

    QR