FC2ブログ

伊都国が大宰府となる

大宰府が伊都国である

伊都国と大宰府の機能は同じです。

半島から来る朝鮮と中国の王朝の使節を出迎える外交軍事の拠点です。


壱岐から海を渡って1千里の場所としては唐津は近すぎる。

対馬と壱岐の距離、半島から対馬までの距離と同じくらいになるには

伊万里か博多湾まで行かなければなりません。壱岐と唐津はあまりにも近くて

半島から対馬へ1000里、対馬から壱岐へ1000里、そして壱岐から末盧国へ1000里

というようにリズミカルには記述できないほど近い。


だから仮にたとえば思い切って一支国の次、末盧国の上陸地点とは

志賀島であるとする。


シュミレーションということの注意

シュミレーションですから。そんなことがあるはずがないと思っていただいて結構です。シュミレーションというのは絶対ありえないこともやるものですので。

山がせり出して海がすぐ深い場所

山がせり出した半島への船の停泊地といえば、神功皇后も使った志賀島です。

志賀島は博多湾に向かっては海が凪いでいて、香椎あたりから小舟で簡単に行けますが、

外海側はいきなり深くなっていて大型船も楽に停泊できる。

まさに内海と外海の両方に接する理想的な国際港ですし、白村江の戦いの大船団もここから出発しています。3世紀にもここが国際港であった可能性はあります。金印が発見されたのが志賀島であるというのも、金印は国際港志賀島に持ち帰れていたからでしょう。


志賀島が末盧国ならどうなるか


 そこからは東南に進んで伊都国があるとなっていますね。

魏志倭人伝の距離は短里、長里といろんな解釈がありますがここではとりあえず

実際の距離と記載された距離の縮尺を使います。帯方郡から弁韓までの距離が一番正確であればその縮尺で行けば末盧国から伊都国までは25キロくらいです。


博多湾から東南に5百里行くと大宰府があるんですよね、これが、おあつらえ向きに。

ということで

伊都国=大宰府です。


 珍説か妄想か


末盧国=志賀島。伊都国=大宰府。


こんなに地理的にぴったりで、しかもそれぞれ役割を果たすに最適な場所にあり、そしてのちの世代にもその機能とインフラが引き継がれたと考えられる。

邪馬台国の遺産として大宰府は後世まで九州の中心で、

志賀島は半島、大陸への出発点だった。



3世紀にもそのままそうだったと考えていいのではないか?


大宰府の立地


佐賀平野と博多平野の真ん中で山のくびれた、山門のようなゾーンにある。

ここに一大率をおいて南の女王国を守るという機能であった。


有明海沿岸のどこかにある女王国を

半島からや日本海沿岸海洋民の侵攻から守るための守備部隊の駐屯地として地政学的に大宰府以上のところはない。

一大率の機能

末盧国=志賀島によって半島の倭とつながり、

伊都国=大宰府の立地により佐賀博多平野を支配する。

これはしかし奴国の在り方そのものかもしれません。

大宰府は奴国であって、そうなると糸島に一大率がなぜあるのか?なにより奴国を押さえないと女王国連合は成り立たないだろうけど。






 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

久方ぶりの「大宰府が伊都国である」ですね。
やはり、素直に「東南陸行五百里到伊都國」を読んだ時にドンピシャかと。
伝の他の記述との納まりも矛盾なく・・・。
試論であっても捨て難い説と思っています。

作者より

Re: タイトルなし
ありがとうございます。
思えば邪馬台国の旅の始まりは太宰府伊都国説からはじまりました!

そう、九州説の場合だと太宰府に伊都国があるととても整合性を感じます。
でも同様に
宗像に上陸して田川、京都郡や宇佐へ進むと言うコースも面白いですね。
伊万里上陸というのもあります。

糸島が伊都国だととてもへんなんですよね
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR