FC2ブログ

「日本古代史 邪馬台国と卑弥呼の探求」 天皇家という氏族にはなぜ名前がないのか?

天皇家という氏族。

「氏」の名称がないのは不思議ですよね。
「天皇家」だからと聞かされてますが世界中の王族には氏名はある。
「将軍家」だって、徳川とか足利と源とか姓があります。
吉宗将軍、家康将軍とは言いません。

古代においてすでに日本の王には氏名がなかった。
ということは、やはり纏向連合祭祀都市を作ったときに、忌部氏とか物部氏とか蘇我氏とか、大伴氏とかが、交代で王になっていたのではないのか。

最大のポイントとして
卑弥呼共立というのがモデルだったのではないのか?


卑弥呼は倭国大乱を収拾するために共立されました。
そうすると卑弥呼の苗字はなんなのか?
苗字をもって卑弥呼に即位することはNGだったのではないか?
苗字をつけたら、その氏の名の勢力がまるで王になったようなもの。
だから卑弥呼は完全中立に役職名だけで呼ばれたのではないか?
元々は
「姫」だろうと思う。
姫様が卑弥呼と呼でしょう。様のような。
「姫」がやがて
「オオキミ」になったのだろうと思いますね。
では大君という役職にはだれがなるのでしょうか?
王家の子孫がなるのですが、それなら姓があるでしょう。
アメノタリシヒコという隋へ向かって名乗った話がありますが
それなら王家の姓は
「アメ」です
するとこれは
「天」ですが
天は海なり  という本居宣長に従えば
天皇家の対外的苗字は
「海」
なのですね。

そうですね。アマテル神社が対馬の土着の神様として鎮西するように、
アメ家の人々は対馬を発して鉄器をもとに出雲を征服してそれを
足がかりにヤマトに入ってやがて倭王となっていったのかもしれません。
そしてその統合の過程で
「海家」単独ではやっていられず連合政権的になり
「海」の名を捨てて
役職名のみ残った。

大国主の尊でさえこれは役職名
卑弥呼も役職名

つまり日本列島においては役職名が王を表し
王になるとやがて氏名がなくなるという現象があったのかもしれませんね。

今の首相のことを総理と言いますが
総理とのみ呼ぶようになり、同じ家の人間が総理を受け継げばやがて
総理家となって苗字の意味がなくなる
でも徳川将軍家では苗字が大事だった。

でも最初の鎌倉将軍家は源氏を排して京から将軍を迎えるようになると
将軍とだけ呼んでいたことでしょう。


するとそもそも天皇家の血筋とは何か?
現在の天皇家の半分以上は藤原氏ですね。
みな藤原氏の娘の血をもった天皇の子孫だから、皇室とはみな藤原氏の子孫。
万世一系がほんとうなら、みな神武の子孫でもある。
同時にそうであれば皆、初代皇后の姫多々良五十鈴依姫の子孫でもあります。
おまけに2代皇后は初代皇后の妹でその父親は事代主、
3代皇后は事代主の孫、
事代主は大国主の息子だから
天皇とはは連綿と大国主の子孫なのです。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR