FC2ブログ

九州はひとつではない だから邪馬台国は海を越える

そもそも北部九州と南部九州が同じ連合体をとっていたようなことは無理があります。地政学的に、これは阿蘇山をはじめとした九州山地で分断されるのです。
宮崎の日向に邪馬台国があって、福岡平野や筑紫平野の国々を従えていると言う構図は、地理的に無理があります。
九州はひとつの島だから一つのまとまりで考えられがちになりますが
九州とは実は一つの生活圏ではありません。

九州はその面する海に向かってまるで違う精神風土をもっています。



tizu.jpg 
熊本は有明海。
鹿児島は太平洋と東シナ海。
宮崎は太平洋。
長崎は主に東シナ海、有明海、
大分は瀬戸内海。
福岡の豊前は瀬戸内海。
福岡の筑紫は対馬海峡
佐賀は有明海。

このそれぞれの海に向かって開けているのが九州という土地の特徴です。
だから大分は瀬戸内海沿岸地域です。
福岡は対馬海峡沿岸地域です。
佐賀や熊本は有明海沿岸地域です。宮崎や鹿児島は太平洋沿岸地域です。

このように海によって分断された精神風土なわけです。
決して九州はひとつではなく例えば大分なら周防や広島や伊予との関係の方が
福岡や熊本の関係よりも深いくらいですね。

つまり地政学的には古代の海岸線では、筑紫は日本海から出雲、丹後へと延びていく、
または豊前豊後、豊の国は瀬戸内海に伸びていき吉備や奈良との交易をしていたことは間違いない。

どちらかというと、有明海世界はそこから伸びる余地の少ない領域になると思います。
だから有明海の精神風土を持つ王が、邪馬台国王になって親魏倭王になったりしない。
また、鹿児島の王も後世の薩摩藩を見てもわかるように海で伸びる先は奄美や沖縄になるので
日本列島の北に向かって伸びることはない。だから鹿児島に本拠地を置いたままそこが邪馬台国で九州島に帝国を築くのは考えにくい。
鹿児島や宮崎の人々が閉塞感から瀬戸内海世界に進出してその交易をしたいと考えることはありえる。

あるいは対馬海峡交易に参加したいとか。

そう考えると神武のルートというのはいったん対馬海峡交易のために岡田宮にいき、うまくいかず宇佐に戻り、瀬戸内海交易をして、安芸、吉備と交易都市に拠点を設けて最後は東の繁栄する奈良へいったというストーリーが結構あてはまるような気もしています。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

grree

開拓したというより、受け入れ先が待ち受けていたと考える方が自然かと
神武が行く先々で、待ってましたとばかり助けてくれる人々が次から次へ自発的に現れる。
宇佐津彦、椎根津彦、高倉下、八咫烏
これはニニギと猿田彦との関係天孫降臨に近い。

囲炉裏端

雑感
>どちらかというと、有明海世界はそこから伸びる余地の少ない領域になると思います。
文化の動線の脇にあり、山塊で囲まれた領域、豊かな自然の恵みで充足された領域。
自らは特段に外に伸びる必要のない領域。当に「有明"世界"」ですね。

五島列島から大村・長崎にかけての西海岸域一帯も独自の領域だったかも、ですね。

>海に向かってまるで違う精神風土をもっています。
地政学的に難しい隣国域。・・・ここに来て動きが・・・
歴史・風土・地政学的その他から、元々は3つくらいのブロックか?。
行く末は、1つ?or2つ?or3つ?。
近隣国関係・地勢&海域=地政学、精神風土。重要ですね。

筆者より

Re: タイトルなし
なるほど。そういう視点もありますね。ありがとうございます。

筆者より

Re: 雑感
いつもありがとうございます。現代でも有明海に行くととてもきれいで豊かです。九州新幹線はまさに福岡平野から筑紫平野を通って、有明海沿岸を走って鹿児島へ抜けます。
邪馬台国鹿児島説のルートそのままですね。

有明海は豊かすぎて、閉じる。
錆びれた痩せた国土のイギリスだからこそ世界に展開したのと同じ理屈かも。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR