FC2ブログ

邪馬台国周辺国の謎 最終回 狗奴国は大和王権 傍国は中国地方

大和王権が狗奴国である


基本的に
邪馬台国=大和王権
邪馬台国=プレ大和王権あるいは大和王権の関連
という考え方になっているように思います。
これは九州説でも邪馬台国東遷説やとよ東遷説があって
なんらかの形で邪馬台国が大和王権につながったという考え方がなされている。

しかし邪馬台国が大和王権と縁もゆかりもないということであるなら、
たとえば
こんな地図になると思います。
つまり
大和王権こそ狗奴国だという考え方にすると、あらゆる理屈がぴったりきます。

国の配置 
邪馬台国と狗奴国の間に、傍国がある。つまり九州と奈良の間のゾーン、中国地方にあったということ。あるいは瀬戸内海両岸地域だったということですね。

古代世界において大和王権はあちこちにしきりに軍をだしていました。
九州目線で見れば
大和から侵攻軍が次々に九州北部に来ます。
景行天皇や仲哀天皇や神功皇后のことを考えてもそうですね。
九州の熊襲の立場で考えたらしょっちゅう侵略者が来る。
そして邪馬台国と戦争状態にあり脅威を与えている狗奴国とは
古代において珍しい侵略軍を出すところ
すなわち大和王権です。
九州の邪馬台国は海峡を越えたところの軍事大国魏の
出先機関である帯方郡に支援軍を要請していた、これが物語の真相だったということです。

すると女王国と狗奴国の間の国々ですが中国地方ということになるでしょう。


中国地方の難読地名


中国地方の地名というのは不思議な語感があります。
鳥取、島根、岡山、広島、山口と、なにやら外国めいた響き、あるいは古すぎる響きを感じる地名がたくさんあります。漢字も当て字のオンパレード、もともと別の民族がいてあとから日本語がはいっていった北海道のように不思議な地名があったりしますね。

すると⑥の国は吉備=岡山のようです。
難読ということは古い地名ということでもあるかと思いました。


邪馬台国周辺国の謎③伊勢志摩か糸島か四国なのか

この中で九州の場合と近畿の場合について書きましたが中国地方で考えるとどうなるのか?



① 斯馬國(しまこく)→どこかの島。関門海峡近くの。あるいは宇佐の隣から始まり姫島か。


② 己百支國(いおきこく)→海の向こうの伊予のことか?


③ 伊邪國(いやこく)→さらに伊予か
④ 郡支國(ぐしこく)→?



⑤ 彌國(みなこく)



⑥ 好古都國(こうこつこく)

  • 古都宿(こずしゅく) - 岡山市東区
  • 古都南方(こずみなみがた) - 岡山市東区

  ・南古都


*漢字はたまたま一致したのでしょうが音の一致はここがそうだから一致した。

 という風に、岡山市にはコツという音の地名が残っています。

つまり

これは吉備のことである


ということは次の⑦や前の⑤は岡山の隣のゾーンということになります。


⑦ 不呼國(ふここく)



どうなのだろうか?


今のところ比定できる地名はありません。でもWikipediaをみるとどこかにあてはまりそうです。

量が膨大で今後の作業です。



⑧ 姐奴國(さなこく)
⑨ 対蘇國(とそこく)
⑩ 蘇奴國(そなこく)
⑪ 呼邑國(こゆうこく)
⑫ 華奴蘇奴國(かなそなこく)
⑬ 鬼國(きこく)
⑭ 為吾國(いごこく)
⑮ 鬼奴國(きなこく)
⑯ 邪馬國(やばこく)
⑰ 躬臣國(くすこく)


⑱ 巴利國(はりこく)→播磨だろうか?


⑲ 支惟國(きいこく)→紀伊半島の国だろうか


⑳ 烏奴國(うなこく)
㉑ 奴國(なこく) 



いずれにしても今度は九州ではなくなります。
北部九州の女王国と
奈良の狗奴国の間の領域に存在することとなります。

ところで「な」のつく国が結構ある


⑤ 彌國(みなこく)

⑧ 姐奴國(さなこく)

⑩ 蘇奴國(そなこく)

⑫ 華奴蘇奴國(かなそなこく)

⑮ 鬼奴國(きなこく)

⑳ 烏奴國(うなこく)
㉑ 奴國(なこく) 


さらに狗奴国です。

7つ+1つで合計8つもあります。これにもともとの2万戸の奴国も合わせると9つ。
「な」の音が国の名前につくのです。
な とは
水とか魚でしょうか。
沖縄の那覇ナハは魚の獲れるところと言う意味らしい。
福岡には那の津がいまでもあります。
このあたりで中国地方を考えると逆になんの関係もないような気もしますが、
感覚的な話です。

もう少し煮詰めたらまた書きます。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR