FC2ブログ

女王国は邪馬台国とは違う?

倭人伝の解釈文ばかりが流布しているうちに、原本を読むと自然に感じられることが消えていることがあります。

たとえば一番簡単な例として

從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里

 

 

帯方郡から倭に行くには海岸に沿って航行し、韓国を経由して、あるときは南にあるときは東にすすんで、その北岸の「狗邪韓国」に到着する。約七千里である。

blog_import_5a8e44ed05adf.jpg  
これは帯方郡から邪馬台国への旅の行程の最初のものとして考えられていますが
よく見ると(いやよく見なくても)「倭に行くには~」と書かれています。
つまりこの時点で、「さあ、邪馬台国へのルートを説明しますよ」などとは言っておらず、とりあえず倭に行くにはという形ではじまっているのです。
あの行程はだから対馬海峡往来図なのですね。

さて女王国、邪馬台国 倭国 倭王 女王 卑弥呼というものについてですが
一般にこれは一つのものとして捉えられています。
時折女王国と邪馬台国は違うという本がありますが少数派です。
そしてぼくはこの少数派に属するものです。

魏志倭人伝で「女王国」が登場する箇所について考えてみます。

ダウンロード (2) 

東南陸行五百里到伊都國官曰爾支副曰泄謨觚柄渠觚有千餘戸世有王皆統屬女王國郡使往來常所駐

東南に陸を五百里いくと、「伊都国」に到着する。官は「爾支」といい、副を「泄謨觚」「柄渠觚」という。千戸あまりである。代々国王がいて、みな女王国に統属している。ここは帯方郡の使者が往来する時には、常に駐まるところである。

一般に糸島の山側が伊都国とされています。
女王国に服する国であるとなっているのですが、感覚的に、奈良の女王なら、単に統属するというようなことではないと思います。大宰府国はヤマト王権に統属されているなどと言わず、大和王権が大宰府を運営しているというでしょう。つまり遠ければ武力支配です。女王国と伊都国が近いからこそ、連合のようなことになっていて、伊都國には王までいるのだと考えます。

南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升次曰彌馬獲支次曰奴佳鞮可七萬餘戸

南にいくと「邪馬台国」に至る。女王の都するところだ。水行十日と陸行一月である。官に「伊支馬」がある。次は「弥馬升」、次は「弥馬獲支」、次は「奴佳鞮」という。七万余戸だろう。

ここは最大のポイントのところなのでこれだけで本ができるくらいに議論ができます。
ここでは勝手に筆者の結論だけ書きます。
女王の都があると書いいるだけで、女王がそこにいて倭国を統治しているとは書いていない。
これについては神功皇后時代の日本を、中国がもし記述したらどうなるかというのを考えるとわかりやすい。

倭の女王は九州の博多湾岸あたりにいる。大勢の軍団と弟のような家臣が従っている。
そのあたりの国々はみな女王に統属している。
そして女王は鬼道をつかってお告げを行い人々はそれに従う。
そして女王が都をおいているその本拠地は奈良である。
陸路で一月、海路で10日くらいだろうか。
ダウンロード (3) 
また景行天皇時代を記述すれば
倭王は九州にいる。日向や阿蘇あたりにいる。
その都は奈良にある。陸路で一か月。海路で10日くらいだろうか。


自女王國以北其戸數道里可得略載其餘旁國遠絶不可得詳

女王国より北にある国々は、その戸数や道順、距離をおおよそ記載できるが、その他の周辺国は遠く離れていて、戸数や道順、距離がつまびらかでない。

北の国々とはなんでしょうか。方向がいい加減であるというのが近畿説なのですが、
その場合は奈良より西の国々となります。その場合は、吉備や安芸や播磨や阿波や山口などについても、戸数や道順がわかり、伊勢より東の方はよくわからないという意味になるのですが、そんなに細かくわかっているわりには、行程は不弥国までで終わり、あとはおおざっぱに水行陸行です。

吉備についてなにもかかれていません。出雲についてもです。この二大大国や邪馬台国が奈良であれば、この3つの地域について書いている記事はないように思います。
そもそも出雲で暮らすのに一年中はだしというのはさすがに寒いでしょう。

次有斯馬國次有巳百支國次有伊邪國次有都支國次有彌奴國次有好古都國次有不呼國次有姐奴國次有對蘇國次有蘇奴國次有呼邑國次有華奴蘇奴國次有鬼國次有爲吾國次有鬼奴國次有邪馬國次有躬臣國次有巴利國次有支惟國次有烏奴國次有奴國此女王境界所盡

つぎは「斯馬国」、そのつぎ「己百支国」、つぎに「伊邪国」、つぎに「都支国」、つぎに「弥奴国」、つぎに「好古都国」、つぎに「不呼国」、つぎに「姐奴国」、つぎに「対蘇国」、つぎに「蘇奴国」、つぎに「呼邑国」、つぎに「華奴蘇奴国」、つぎに「鬼国」、つぎに「為吾国」、つぎに「鬼奴国」、つぎに「邪馬国」、つぎに「躬臣国」、つぎに「巴利国」、つぎに「支惟国」、つぎに「,烏好国」、つぎに「奴国」がある。ここが女王の境界が尽きるところである。

この境目の南側に狗奴国があるとなります。

其南有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗不屬女王

その南には「狗奴国」がある。男子を王としており、官には「狗古智卑狗」がある。この国は女王に従属していない。

自郡至女王國萬二千餘里

帯方郡から女王国までの距離は一万二千余里である。

→狗奴国が、女王国連合の国々の境目の向こうの南側にあるとなっています。

ということは近畿説だと、
南は西ですから
狗奴国の場所は奈良の東になるのですね。
すると政治上、軍事上、とても不思議なことが起こります。
奈良以西の広大な西日本は完全に邪馬台国が支配していることになるのです。3世紀に。そして卑弥呼以前にも男王がいたとあるから、もう2世紀には大和王権は西日本全体を統一していたことになります。
そして九州の糸島には一大率までおいて、大宰府の役割を担わせている。

それにもかかわらず奈良より東には、国境を接して狗奴国があり、この西日本全体を支配する邪馬台国と軍事的に拮抗している。尾張と伊勢の勢力、つまり海部氏の勢力ということになります。

近畿説の狗奴国というのは海部氏の国々の連合ということになりますね。
それはそれで面白い話ですが。
→狗奴国=海部氏というのはとてつもなく面白いので後日考察したいと思っています。

でも南の狗奴国が方向の間違いで本当は東なら、「この海の向こうを東へ1000里」とは何か?ということになる。
南が東の間違いなら同じように回って、東は北の間違いということにしたら、北の琵琶湖の向こうの越だというような話になりますね。越あたりをわざわざ書くかなあ?とちょっと変な印象になります。

またこの全体像についてここは方向があっていて、東はまさに伊勢湾のことで、南の狗奴国は熊野の山の勢力だという説もありますが、熊野の山の勢力が九州まで支配している邪馬台国と軍事的に拮抗するわけはありません。

一大率

自女王國以北特置一大率檢察諸國畏憚之常治伊都國於國中有如刺史

王国の北には、特に「一大率」を設置し、諸国を検察させ、国々は畏れ憚っている。常に伊都国に置かれており、中国の「刺史」のようである。

この文章を読むと、やはり伊都国というのは魏からも相当意識されているようだし、倭国においても特別な地位があるようです。百済にたしか一大率があったように記憶しますが、大変重要な役所です。
これが糸島にあることで吉備や出雲や安芸や阿波や、宇佐や、京都郡の国々が畏れているというのは筋が通りません。

この伊都国の文脈では女王国は九州でないとおかしい。

奈良以西が全部邪馬台国連合ならばこうはなりません。そもそも関所だって、糸島ではなくて、宗像にも門司にも、出雲にも、吉備にも安芸にも、途中途中何かあるように思います。
もっとも大宰府時代は一元管理してたようです。でも糸島はないだろうと思います。、沖ノ島経由で来た連中は思い切り不便です。

王遣使詣京都帶方郡諸韓國及郡使倭國皆臨津搜露傳送文書賜遺之物詣女王不得差錯

王が使節を、洛陽や帯方郡または諸韓国に派遣する場合や、帯方郡の使節が来た場合は、それらの使節は港で文書や賜物をあらため、女王への錯綜が起らないようにする。

伊都国の記述は異色なのです。長く重要だと繰り返し述べます。
奈良からみて糸島がそこまでにはならないし、繰り返しますが途中の吉備が何も記述されていないのはありえない。

其國本亦以男子爲王住七八十年倭國亂相攻伐歴年

その国は、もとは男子が王だった。治世の七、八十年間は、倭国は乱れて、国々は互いに攻撃し合い年を経た。

この記述により卑弥呼即位の200年ころの約100年前にはもうその女王国はあったように書かれている。内乱ですね。倭国大乱は。すると倭国は、1世紀にはあったとなる。するとこの範囲は奈良以西だから、大和王権が1世紀にはあったとなる。
ありえないと思うのですね。



以上から次のようなことを考えるわけです。


女王国についての記述や伊都国との関係や糸島のわずかな領域の伊都国がとても重要になっていることから、どうみても女王国は北部九州一体の連合国である。
女王の活動は九州で行われ、狗奴国は南九州である。

帯方郡から倭への行程が詳しく書かれているのは不弥国までである。
不弥国は宇美町である。
blog_import_5a8e44f8ae198.jpg 
宇美町は神功皇后が居城として場所であるし、
大宰府の前の九州統治の場所である「糟屋の屯倉」もそのあたりにあった。
糟屋郡が当時の北部九州の重要な政治的拠点であったことは確かだろう。

女王は不弥国にいた。
女王国は博多湾を中心とした北部九州である。

そこから水行、陸行のおおざっぱな記述となる。
邪馬台国は不弥国にいる女王の本拠地であり、奈良にある。


これが今のぼくの考え方なのですが、魏志倭人伝の絶対にとれない九州的要素と、しかし同じく払拭できあに当時の日本の状況と両方満たすには、神功皇后のように、奈良に人間が九州に駐屯し、女王国を築いたとしか思えないのです。

あるいはこんなことも考えられます。

北部九州は大乱になったので、そのあたりの国々が奈良から女巫女を派遣してもらって、それを女王として服属した。

女王国が奈良であるというのはなかなか思えない。

でも同じ時期、圧倒的に巨大で異次元の纏向が奈良にあったことも事実でそこには九州、出雲、吉備、越、尾張、河内、駿河の土器が発掘される。全国規模のネットワークの集積地点の一つは間違いなく纏向=奈良にあったのです。まさに卑弥呼と被る時代に。

ゆえにこれが一番合理的です。
邪馬台国は奈良にあり、女王国は九州にあった。

こんなことにいきなり決着をつけるのは無理ですから、こんな風な物思いを楽しんでいます。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村




神功皇后その人が卑弥呼であるというのが最終目標なのですが、卑弥呼と神功皇后の100年のずれをどう考えるかというのをそのうちやってみたいと思っています。

スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

倭種・倭人・倭国・女王国・女王 ?????
>女王国は邪馬台国とは違う?
「女王」。それぞれ卑弥呼、邪馬台国、女王国連合を意味する場合があるように感じます。
「女王国」。それぞれ邪馬台国、女王国連合を意味する場合があるように感じます。

>一般に糸島の山側が伊都国とされています。
であれば、伊都国の記述時に、その隣国である海側の国をも記述するのでは? と思うが。
西至斯馬國とか ? (末盧國の一部ならばスルーOKかも?)

>奈良から女巫女を派遣してもらって・・・
積極的に肯定も否定も出来ない仮説? かと。

>邪馬台国は奈良に・・・
「南至邪馬壹國女王之所都」からも、難しいでしょう。
伝の記述が奈良を示唆していれば兎も角、・・・奈良にそれを想起させるような遺跡があったからと言って、
中国視点で書かれている別の世界(倭国)を被せて考察しなければならないのでしょうか? 。
>全国規模のネットワークの集積地点の一つは間違いなく纏向=奈良にあったのです。まさに卑弥呼と被る時代に。
ただ単に、「卑弥呼と被る時代に」、その東の倭種の国にも同様に一大勢力があった だけでは。

作者より

Re: 倭種・倭人・倭国・女王国・女王 ?????
倭王卑弥呼がいながら、北部九州よりはるかに巨大な都市があり
そこに全国の人間が集う、しかもその50年前には琵琶湖に伊勢遺跡がある。

そうなると、卑弥呼に倭王を送るのか?
そこまで帯方郡は無知だろうか?

そんな考え方をしています。
無知だったかもしれませんが、完全に九州に邪馬台国が完結するなら
二世紀の赤坂今井古墳(丹後)や伊勢遺跡に稲辺遺跡、そして纏向遺跡は
まったく無縁にあったし、邪馬台国より巨大な勢力だったことは間違いないでしょう。

そのあたりをどう考えていくかですね。

囲炉裏端

赤坂今井古墳(丹後)や伊勢遺跡に稲辺遺跡、そして纏向遺跡は事実として存在している。
>北部九州よりはるかに巨大な都市があり・・・そこまで帯方郡は無知だろうか?
郡は、纏向などの存在を、それなりに知っていたと思います。
解釈の問題は有りますが、
「女王國東渡海千餘里復有國皆倭種」四国・本州には倭種の国があり、
「自女王國東度海千餘里至拘奴國雖皆倭種而不屬女王」これらの国は
女王国と拘わりがあるが、女王国に不屬である、と。
女王国に比肩する国があると言っている様にも受け取れます。

>そうなると、卑弥呼に倭王を送るのか?
卑弥呼に親魏倭王の称号を与えたことに違和感を持ちません。
・親魏倭王の称号を与えることiは、魏にとっては東への国威を誇示となり望ましいことであり、何らの不都合は生じない。
・(金印の)奴国の後裔国と捉えていたのではないでしょうか。
・「参問倭地・・・周旋可五千餘里」九州=倭地の国が倭国であり、
  (前記の通り)奈良などは倭種の国で、倭国でないから、親魏倭王卑弥呼に矛盾はない。
・倭国に「狗奴國・・・不屬女王」が存在していたが、親魏倭王卑弥呼を与えた。  
 同じく・・・仮に繁栄する奈良など 倭地倭国と考えていたとしても、
 "親魏倭王卑弥呼"は、魏にとって国威の誇示になり、特段の不都合は生じない。

近畿勢力は"倭王の権威"の必要性tが乏しく、特にそれを望まなかったのでは。
女王国は、狗奴国との不仲や、半島との交易など直接的な関わりから、親魏倭王の権威が欲しかったこともあるのでは。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR