FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」倭人の本拠地 対馬と沖の島の地図をみての雑感

対馬と壱岐についての倭人伝の記述です。

stock-vector-high-quality-map-of-tsushima-is-the-island-of-japan-731581534.jpg 

始度一海千餘里至對海國其大官曰卑狗副曰卑奴毋離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田食海物自活乗船南北市糴

 

そこではじめて海を渡り、千余里で「対馬国」に至る。

その大官は「卑狗」といい、副は「卑奴母離」という。

住んでいるところは四方四百里あまりの広さの孤島である。

その土地は山が険しく、深い林が多く、道路はけもの道のごとくである。

千余戸がある。良い田が無く、海産物を食べて自活し、

船に乗って南北と交易している。

又南渡一海千餘里名曰瀚海至一大國官亦曰卑狗副曰卑奴毋離方可三百里多竹木叢林有三千許家差有田地耕田猶不足食亦南北市糴

 

つぎに南に千里あまり、「瀚海」という名の海を渡り、

「壱岐国」に到着する。

ここの官もまた「卑狗」といい、副は「卑奴母離」という。

四方三百里ほどである。竹や木の叢林が多い。

三千ばかりの家がある。

田地は少々あるが、田を耕すだけでは食料が不足するので、

南北と交易している。

共通点は同じ官名がいるということ。

このヒナモリとはのろし台の火を守る意味であるという人もいます。

それから両方とも島だけではやっていけないので南北と交易していると言う。

壱岐対馬から南北と言えばつまり

朝鮮半島と九州との行き来がさかんであるということですね。


すると南は九州だけではなくて、出雲あたり、丹後あたりまでも行っただろうと思われます。


相違点は、対馬はまったく田ができないが、壱岐には多少の平地があるため農耕が可能だということですね。


さて対馬から壱岐へそして九州へというのが倭人伝のルートですが、

日本列島中枢へ行くには壱岐経由よりも沖ノ島経由の方がはるかに速いです。

普通の地図をみると壱岐に行くのがあたりまえに感じますが、対馬目線でみると、沖ノ島に行く方が合理的です。そもそも対馬諸島には100を超える島があるのです。

小さな島を補給基地にするのはあたりまえに行われたことでしょう。


海の正倉院とよばれ島全体が古墳となっている沖ノ島。

沖の島を経由すると実に海路は多彩になります。


ところで北を上の地図で見ると対馬は傾いています。

しかし、対馬の海岸に立てば九州や本州の方こそ傾いています。


対馬の海岸からまっすぐ日本列島にむかうとまず沖ノ島がありそのまま進むと、関門海峡です。


沖ノ島は対馬の海岸から見れば正面にあるプラットフォームなのです。



しかも黒潮にのって行けるわけです。


対馬海岸からみると沖ノ島に立ち寄るのは必然に思えるわけです。むしろ壱岐に行くのはあらゆる意味で遠回りです。



今度は朝鮮半島の方を眺めます。 





逆の海岸線もまっすぐにして半島をながめればその向かう先は見事にいわゆる加羅、任那地帯です。対馬の倭人が向かう先です。狗邪韓国はこのルート上にあるのですね。



このように対馬を中心に世界をみると、重要な方向というのが対馬の海岸線を平行にしたときにはじめて


浮彫になってきます。


ということはやはり対馬はそうとう重要な島です。


自分の島だけでは暮らしていけず普段は海産物ばかり食べる。

いつも南北の島々や陸地を行き来している船の民、海の民。

この人たちが稲作をやる土地を求めて日本列島のいずれかの地に、鉄器を片手に上陸した事績こそが、国譲りであり天孫降臨ではなかったかと思うわけです。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

捨てオキ難くイキされない交易の要衝、通島(ツシマ)
>対馬は傾いています。
この傾きが、海流や航路など
>沖の島を経由すると実に海路は多彩に
の、一助になっている感もします。
大陸から出雲or瀬戸内海行きの壱岐経由に対するバイパスのようにも。

隠岐の島も面白い。半島を経ない大陸と出雲の直接ルート上に。
出雲の独特な文化形成と無関係で無いような。
また、"金属器"以前は、(黒曜石の)隠岐経由がかなり重要だったかも。
捨てオキ難いですね。

>むしろ壱岐に行くのはあらゆる意味で遠回りです。
当初は、かなりの市場規模の有明世界行の航路もあったはず。
その後に瀬戸内海など本州市場が着目され、博多辺りがハブ化していったのでは、と。
本州直行では言えると思いますが、交易の多くでは遠回りではなかったと・・・。
"""海路の駅""として島の大きさもあり、やはり壱岐はイキされず重要拠点だったと思います。"

作者より

Re: 捨てオキ難くイキされない交易の要衝、通島(ツシマ)
この記事は対馬文脈ですが、個人的には壱岐が高天原ではないかとすら思っています。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR