FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」探求 倭の五王の上表文

倭の五王の最後の倭王武は、478年に南朝の宋の皇帝に上表文を出していて、これが当時の倭国の王家の状況を考えるに貴重な資料となっています。

ちなみにこんな文章を当時の倭人がすでに書いているとしたら、なぜ当時の国内文書がないのか不思議に思ってしまいます。

百済人などに書かせたとかいう説もありますが・・・・この時点で倭国は文字も知っていたわけです。

さて倭王の武という人は、雄略天皇に比定される人ですね。
彼が南朝の長江流域の建業という都に使節を派遣して、なんと主張したか。

倭王武の上表文(宋書倭国伝

死して弟立つ。
→兄が死んだから弟の武が即位しましたと言ってます。
安康天皇が興と言われています。

自ら使せつとく百済くだら新羅しらぎ任那みまな加羅から秦韓しんかん慕韓ぼかん
七国諸軍事、安東あんとう大将軍たいしょうぐん倭国王と称す。
順帝じゅんてい昇明しょうめい二(478)年、使を遣して表をたてまつりていわく、

→ここから倭王武の意見陳述ですね
 (1) 封国は偏遠へんえんにして、藩を外にす。
   昔より祖禰そでいみずから甲冑をつらぬき、
   山川さんせん跋渉ばっしょうして寧処ねいしょいとまあらず。 

→昔から王みずからあちこち戦にいって忙しいみたいなことです。そんな戦争ばかりしてたのかと驚きますね

  東は毛人もうじんを征すること五十五国、
 西は衆夷しゅういを服すること六十六国。
 渡りて海北かいほくたいらぐること九十五国。


→ここは実に話題多き箇所です。

東方を55か国。西方を66か国制したから、この王の居場所は列島中央部、つまり奈良だというのが、一般的な読み方です。
さらに西方を平らげたら九州北岸から半島に渡り、そこを95か国制したと言ってます。

古田武彦さんはそれについて
当方は未開地だから大雑把に広い国を55か国。
西という九州島は昔から多くの発展した国々がひしめき合ってるから、狭い場所でも66か国。
だってマツロ国や伊都国や奴国やフミコク、それにつま国と一支国(壱岐)はとてもそれぞれ狭いし、これでもう6か国もあります。
博多湾と唐津湾だけでです。

なのでこれは九州王朝が九州を起点に3方向を均等に説明した文章だと言うのです。
東と西と北の半島。
この中心は九州しかないということです。
奈良の場合は、
西に九州にやってきて、その上で半島へわたるということで
3つが均等にならないということですね。

それにしても朝鮮半島を95か国というのは東夷伝の韓伝で想定すると馬韓全部くらいとってるイメージですかね。つまり百済と任那は倭だったと言う感じで。


   王道融泰ゆうたいにして、土をひらき、はるかにす。 
   累葉るいよう朝宗ちょうそうして歳をあやまらず。

  (2) 臣、下愚かぐなりといえども、かたじけなくも先緒をぎ、ぶる所を駆卒くそつし、
天極に帰崇し、道百済をて、船舫せんぼうを装治す。
而るに句驪くり無道にして、図りて見呑けんどんほっ
し、辺隷へんれい掠抄りゃくしょうし、虔劉けんりゅうしてまず。
つね稽滞けいたいを致し、もって良風を失い、路に進むとうと雖も、あるいは通じ、或はしからず。

frffff 
→  これは地図を見るとわかりやすいです。
つまり百済経由で遼東半島から山東半島へと渡るのが長江行きの海路なのに、高句麗が邪魔してこの海路が使えない。そうこうするうちに潮の流れも風向きも黄海を渡るのに不向きになっていくから、高句麗のやつらを何とかしてくださいというのですね。

確かにその海路を高句麗が邪魔するとなかなか行にくくなります。


(3) 臣が亡考さいまこと寇讐こうしゅうの天路を壅塞ようそくするを忿いかり、
   →父王である斎は怒って出兵したと言ってます。允恭天皇です。

控弦こうげん百万、義声に感激し、まさに大挙せんと欲せしも、
   にわかに父兄をうしない、垂成すいせいの功をして一簣いっきざらしむ。
  
父(済)と兄(興)は戦死したというような話です。
それが高句麗好太王との闘いのようでした

 居りて諒闇りょうあんに在り、兵甲を動かさず。
   ここを以て、偃息えんそくして未だたざりき。


倭人 
→倭人が南朝に行くにはどうしても当時の航海技術から高句麗ゾーンに入らざるを得ないのですね。
海の国倭国は異色の存在だったことでしょう。
あまりにも繰り返される倭国の侵攻に新羅が対馬征服を計画するも船がないということで断念しています。
倭人は船をたくさん持っていたわけですね


  (4) 今に至りて、甲を練り兵を治め、父兄の志を申べんと欲す。
   義士ほん文武ぶんぶ功を効し、白刃はくじん、前に交わるともまた顧みざる所なり。
   若し帝徳の覆載ふくさいを以て、此の彊敵きょうてきくだく方難をやすんぜば、前功を替えること無けん。

 ここからお願いごとです。
「もし皇帝が、この強敵である高句麗を打ち砕いてくれるなら、歴代天子への忠誠をかえることはないでしょう。」ずっということ聞くから高句麗を何とかしてくださいと言うわけです。

→そもそもこの上表文の目的がここにあるようですね。

ひそかに自ら開府かいふ儀同ぎどう三司さんしを仮し、其の余も仮授かじゅして、以て忠節を励むと。

みことのりして武を使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、倭王に徐す。

→ここらあたりは、ちゃっかりよい称号くださいと言ってる。
つまり高句麗を宋が倒して倭国にいい称号をくれたらいつまでもいい臣下でいるからお願いしますという、とても都合のいいお願いをしているわけですね
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

倭の五王シリーズ

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR