FC2ブログ

伊勢遺跡と邪馬台国と卑弥呼

突然然現れて  突如廃絶される遺跡



名前は「伊勢」ですが
今の伊勢神宮のあの伊勢地域にあったのではなくて
琵琶湖沿岸にありました
琵琶湖沿岸には稲部遺跡もあります。丹後の赤坂今井古墳からは弥生期に
青いガラスが大量に発掘されていて大陸と半島との交易がわかります。
琵琶湖沿岸はこの海上勢力の上陸と進出のような気がするのです

伊勢 

弥生時代に栄えた大規模集落

それらは九州の吉野ヶ里遺跡や、近畿の池上曽根遺跡、唐古鍵遺跡などがあります。これらの遺跡は、弥生時代の早期から後期まで同じ場所に継続して生活が営まれます。 

これに対し、伊勢遺跡は弥生時代後期半ばに、

何もない扇状地に突然現れて巨大化し、

後期末にはその使命を終えます。

それは、紀元1世紀後半から2世紀末と考えられ、

祭祀空間として栄えるのは 100年程度の短い間です。 


伊勢遺跡が出現する紀元1世紀中ごろの日本列島には百余のクニがあった時期です。

倭国大乱があって国が乱れます。

各地の拠点集落は解体して小規模な集落が散在するようになります。

鉄が中国よりもたらせられ、九州より中国・近畿へ急速に広がって行く時期でもあります。

鉄の入手ルートをめぐって強い危機感があったことでしょう。

西日本から中部地方にかけて、いくつかの有力な地域政治勢力が競合していました。

このような社会が大きく動揺していた時期に、

突如出現する伊勢遺跡は、

より大きな政治組織を必要とした各地のクニが共同で生み出したものと考えられます。 


有名な話ですが円形を描いて30の建物が建てられていました。
これが30の傍国の主が集まるときの宿舎であったという考えもあります。
そしてこの伊勢遺跡の建造物は
出雲と伊勢神宮の両方の特質をもっているのだとか。


また、伊勢遺跡の衰退期は、『魏志倭人伝』に記されたように、

30余国が属する邪馬台国を都とする倭国の形成期、という歴史的な転換点にあたります。

それは、卑弥呼が擁立され倭国大乱が収束した時期です。 


伊勢遺跡の衰退はこのような歴史的な転換とも何らかの関わりがあったことは想像に難くありません。 


卑弥呼擁立をもって伊勢遺跡の役目は終わり、祭祀を通じた政治システムは、卑弥呼に引き継がれた、と考えることもできます。 


すなわち、伊勢遺跡の歴史的な役目は、

初期ヤマト政権の成立に先立ち、地域の政治的統合や安定に関わるものであったと考えます。






おまけに伊勢遺跡はやはり人が住んだ形跡がないそうですから祭儀用の都市と言えるのではないかと思われます。

そうするとこの直後に出現する纏向遺跡に先駆けることとなる連合のために都市です。
プレ纏向のような立ち位置です。

伊勢遺跡の連合は日本海沿岸の丹後や出雲と尾張などで、
参加していなかったのは瀬戸内海勢力ではなかったのか?吉備や宇佐ですね。

ただ纏向ほどは広域の土器などは発見されていないようですが、

解釈次第ではプレ卑弥呼時代の中心都市、あるいはこここそ邪馬台国という見方もできます。



九州に邪馬台国がある場合でも


では
これだけの遺跡は邪馬台国ではないならでは何者であるか?

このあとの纏向遺跡とあわせてこれがヤマト王権の前身であることは間違いないような気もします。

かならずしも邪馬台国と絡める必要もないと思います。
しかし邪馬台国の同時期に伊勢遺跡があるとしたら
その勢力を
こんな高度な文明をもった勢力のことを
帯方郡が知らなかったことはないでしょうし
書かないわけもないとも思うのです


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


文学カフェ 移動祝祭日へ

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR