FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」宗像 沖ノ島から倭人と日本神話を考える

沖の島について の驚くべき事実



地理的には=単なる狭い無人島です。


「神の島」と呼ばれ、島全体が御神体で!!今でも女人禁制の伝統を守っている。


また、男性でも毎年5月27日以外の上陸は基本的に許されず、その数も200人程度に制限されている。


山の中腹には宗像大社沖津宮があり(無人島なのにですよ)宗像三女神の田心姫神(たごりひめのかみ。宗像大社HP参照)をまつっている


 一般人の上陸が許可されるのは(自由に上陸できない!!)


通常毎年5月27日に日本海海戦を記念して開かれる現地大祭の時に限られている。


上陸できるのは事前に申し込みを行った中から抽選で選ばれた200人のみである(上記の通り女人禁制であるため男性のみ)。


この上陸はすべて神事の一環として行われるため、前日に筑前大島の中津宮に参拝して事前の手続きを受け、


船で現地に着いたあとは裸で海に入ってをしなくてはならない。


島全体が天然記念物でもあるため、島内の「一草一木」たりとも持ち帰ることは許されない(なんと!!)


ただし、島内の湧き水(ご神水)のみは例外とされている。


 




聖地ですね!!!!!

世界文化遺産にしたのは反対でした。


 


そして、宗像=胸形は古事記にも最初のところですぐに登場するし、この界隈は重要だ。


アマテルとスサノオのうけい で生まれた三女神。


でこれは壱岐・対馬を経由して半島に行くアマテルの持つ航路に対応して


壱岐を経由せずに対馬に行く航路をアマテルがスサノオに与えた、和平案だったのではないかと


思うのです


海の正倉院、島そのものが古墳と言われる沖ノ島は


壱岐経由のアマテル航路に対抗した


隠岐の島経由の出雲=スサノオ航路だったに違いありません。


そして出雲、そして天孫降臨、みなこの日本海沿岸、対馬海峡あたりの話です。この世界でみると日向=高千穂はナンセンス。


筑紫の日向の筑紫は、


筑紫=九州という意味ではなくて、筑紫=筑紫国=福岡界隈です。



 


そうすると日本神話の舞台は、 


 



この地図の中の世界こそ日本神話の舞台。出雲も天孫降臨もみなこの中です。


この赤線こそ大動脈の航路です。


スサノオは出雲に天降るけどそこから高天原に天上ると書かれています。


天昇る書かれているということを、紹介している本が少ない気がします。


そもそも古事記を読んでると高天原はどこだろうかと普通に感じます。


読んでると途中で天ではなく、この海域のどこかと思ってしまう。


ついでにいうと日向は韓に向かってというくだりがあり、読んでて宮崎県だとは想像すらできません。


みんなこの辺の海域の出来事です。


 


この神話の領域はそのまま倭人の領域です。


 



そしてこれは、倭人の活動海域の1番のところです。1番が根拠地。


でも2番も古くからある地域ですし、


3番は江南のジャポニカ米の伝達ルートです。古代長江文明、滅亡越文明の伝達ルートかもしれません。


5番は後々の中心となるゾーンです。


2番と3番の研究が少ない。



高天原からどこかにいくのが「海降る」 あめふる


高天原に行くのが「海のぼる」あめのぼる 決して天上の世界ではない。


東京方面へ行くのが上り電車で、東京から北へ行こうが南へ行こうが、東でも西でも東京からどこかへ行けばすべてこれ、下り電車。


同じ理屈ですね。


いささかローカルな例ですが。上り下り表記。当たり前のように今でも使っている用法です。


 


上り、下りと今でも普通に言いますね。「天下り」という言葉すらある。


上京する。京に上る。京から下る。上方という呼称。


高天原から降る=下る・・高天原へ昇る=上がる


倭人世界の首都が高天原=高海原です。




スサノオは「海原」をおさめ


アマテルは「高天原」をおさめたと書いてる。


いわばスサノオは「京」をおさめ、アマテルは「聖なる京」をおさめた。


京は大きく聖なる京は象徴的な山とか島くらいか。


 


スサノオは実務の王でアマテルは権威の女王だった。


皇帝と教皇、将軍と天皇の関係ですね。


実務の王の「海原」は出雲で


権威の女王の「高天原」は???


 


日本神話領域=倭人世なのですね。まさに。


倭人時代の出来事が神話なのですね。


高天原はこの中心の対馬あるいは壱岐。


壱岐などは100ヘクタールにも及ぶ原の辻遺跡があり


東アジア最古の人口船着き場もありますし、


吉野ヶ里遺跡や唐子鍵遺跡の


倍の広さです。


 


ちなみに対馬には


アマテル神社があるんですね。示唆的ですよね。


しかし壱岐には月読神社があります。


壱岐のほうが交易センターとして強大だったように思います。




さらにいえば日本神話領域=倭人世界=邪馬台国連合領域ですね。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR