FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」銅鐸勢力の大遺跡 唐子遺跡

さて伊勢遺跡を見てきましたがどうやら一世紀から二世紀にかけてそうとうな広範囲な勢力が一体化して列島にいたようです。そしてそれはいわゆる銅鐸勢力です。


伊勢遺跡よりも巨大な銅鐸製造工場である唐子遺跡というのがあります。



唐古・鍵遺跡(からこ・かぎ・いせき)は奈良盆地中央部、標高約48メートル前後の沖積地奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代環濠集落遺跡。


現在知られている遺跡面積は約30万平方メートル。規模の大きさのみならず、大型建物の跡地や青銅器鋳造炉など工房の跡地が発見され、話題となった。平成11年(1999年)に国の史跡に指定され、ここから出土した土器に描かれていた多層式の楼閣が遺跡内に復元されている。


全国からヒスイや土器などが集まる一方、銅鐸の主要な製造地でもあったと見られ、弥生時代の日本列島内でも重要な勢力の拠点があった集落ではないかと見られている。



遺跡の変遷


弥生時代前期[編集]


集落の形成



  • 遺跡北部・西部・南部の小高いに居住域が形成される。

  • 各居住区はおよそ150×300メートルの範囲を有していた。

  • そこからは、多数の農耕具の柄などの工具、高杯やなどの容器類の各種未製品の木製品が多数検出された。

  • 弥生時代としてはもっとも古い総柱の大形建物跡が検出されている


弥生時代中期


集落の分立(中期初頭)



  • 3か所の居住域周辺に環濠が巡らされる。

  • 西部居住域で大型建物[2]の建築。


集落の統合(中期中葉)



  • 3か所の居住域の周りに大環濠を掘削し、一つの居住域に統合する。(長径約500メートル、短径約400メートルの不整円形)

  • 内側の環濠は幅8メートル以上、その大環濠を囲むように幅4~5メートルの環濠が4~5重に巡らされる多重環濠。

  • これらの多重環濠群は居住区の外縁を幅150~200メートルで囲み、環濠帯を形成している。

  • 各居住区の内部は未調査であるが、村の西南部に河内近江紀伊など各地の搬入土器が多く出土する的な場所、また、南部では木器の未成品や青銅器鋳造関連遺物や跡、北部ではサヌカイトの原石や剥片が纏まって出土する所などがあり、各種工人の居住の場所と推定される。南地区の中央部に高床建物がたっていた可能性が高く、中枢部と考えられる。このようなことから大環濠内では、各種の機能別に区画されていたと考えられている。


中期後半



  • 楼閣などの建物・動物・人物の絵画を土器に描く風習の確認。

  • 洪水により環濠が埋没。


弥生時代後期


集落の発展



  • 中期後半から末にかけての洪水後に環濠再掘削が行われ、環濠帯の広さも最大規模となる

  • 洪水で埋没したにもかかわらず、この期に再建された。ここに唐古・鍵遺跡の特質がみられる。

  • 集落南部で青銅器の製作。


古墳時代前期[編集]


集落の衰退



  • 大環濠の消滅。

  • 環濠の一部再掘削。弥生時代を通しての環濠集落を放棄したにもかかわらず、古墳時代の初めに再度環濠集落をも形成する。ここに唐古・鍵遺跡の特徴があると、考えられている。

  • 弥生時代前期と同様に、三個所の地区(西・北・南)を中心に居住遺構が検出されている。次の時期には遺構数も増加する傾向にある。

  • 井戸などの遺構が減少していることから、居住域が規模が縮小していることがわかる。



このような流れの中に、瀬戸内海から別の勢力がやってきたのでしょう。そう思っています。


九州は半島の関係で別系統の別文化だった。そういうわけで邪馬台国は九州です。


これらの遺跡はみなくな国とことです。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



     

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR