FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」天孫降臨は東晋への亡命ルート 説

天孫降臨は東晋への亡命ルート 説 再録

今回の記事は考え方の楽しさだけで書いてます。


魏の人々、中国の人たちからみた帯方郡と邪馬台国の距離感です。



東夷のかなたとはいえ、対馬海峡を渡ればもうそこは邪馬台国連合。洛陽から帯方郡の距離を思えば、海峡渡ればもうちょこっと行くだけですね。


それに対馬海峡は常に島の陸影を見ながら航海できるのです。遼東半島から朝鮮半島に航海するほうが厳しそうです。


だから邪馬台国は全然遠くない。すぐそばです。対馬海峡なんて遼東半島までの海峡に比べたらちょっとです。ほんとに近く。


 


さて、この図で考えると朝鮮半島の人は九州の北岸は陸を見ながら渡れるところと認識する。


しかし出雲はどうでしょうか。出雲に黒潮に乗って向かえば沖ノ島、本州、隠岐の島などがやはり常に視界に入るのだろうか。


そして九州とは別の島と考えるのだろうか。ひとつらなりの陸地と考えるのだろうか。まったく違う世界と感じるのだろうか。


いずれにしても洛陽から帯方郡に来ている人にとっては、九州島への道程は、わずかな距離としか感じないはずです。


東のはるかかなととは帯方郡からは思えない。


もう海を、遼東半島までの海よりずっと狭い海峡を陸を見ながら南に下れば邪馬台国の勢力。いや、半島の南端から倭地であってみれば、倭人世界は、洛陽からは最果ての東だが、帯方郡からはすぐそこですね。


 


だからこそやはり晋滅亡後に、半島に取り残された帯方郡と楽浪郡の生き残りの漢人たちは、東晋めがけて、南に航海するか、倭地へ行くか。倭地へ行って、そこから東晋に向かった人たちもいるのではないか。倭人が海路を知っているということで。


この図ではちょうど高千穂から日向海岸へ下るところが鋭く山が切れ込んでますね。筑紫から阿蘇、そして高千穂、日向へと


地理的に道ができてますね。おもしろいくらいに。筑紫からか熊本からか来たのは間違いない。



そうすると、鹿児島近辺の倭地へ向かうのではないか。


東晋ができたとわかれば、洛陽に帰れないから、東晋に帰る。韓の地は恨まれてるかいつまでも永住はできない。



つまり倭地へ行ったのです。そして倭地に残るもの。東晋に帰るものがいたはず。



この有明海を下るルートはまさに東晋に帰ろうした帯方郡の人たちの足跡なのではないかと思う。鹿児島へ。そして現地の人から東晋へ向かう手伝いを。そうすると、天孫降臨か。九州を南に向かう帯方郡の人たちの足跡。


陸路南に向かったのは、それが筑紫、日田、日向、西都原、霧島の海。とにかくみな鹿児島湾を目指していた。


これは帯方郡の漢人が、鹿児島湾を目指した足跡。東晋に帰るために


そんなことも考えれらるかもと思いました。筑紫平野から鹿児島に向かう理由の一つとして。



この地図でみて鹿児島から大陸へ逆に行けば東晋です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR