FC2ブログ

空白の4世紀は激動の時代だった

空白の4世紀こそ倭国の勃興期でした。


纏向遺跡のあとの100年。


 


倭の五王の前の100年


 


 















「先代旧事本紀大成経 封印された古代史真実の伝承」飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス(99) [DVD]
クリエーター情報なし

メーカー情報なし



 


空白の4世紀。この時代は激動の時代です。


そしてひとつ思うのは景行天皇も神功皇后も異様に長期間九州にいたということです。


外国からみるとこのころの倭は都は九州で王は九州にいると見えるのではないか。


二人あわせると30年くらいはいたのではないか。記紀まるごと信じると70年くらいになります。




どっちにしても空白の4世紀がネックですね。
それがために3世紀がわからない。5世紀の朝貢流域までの12回にわたる航海術は、

倭の五王の航海を支えたのは4世紀の海の民と半島への、百済への基盤です。百済も健康に何度も行ってますね。
長江に行くには半島経由でした。必ず。


みんな纏向を遺跡のワンオブゼムとさらっととらえるけど300ヘクタール、吉野ヶ里の60ヘクタールの5倍。
スーパー遺跡です。
あれができた背景ですね。
それでたいていのことはわかるのかもしれません。


景行天皇の遠征のあと、なぜかまた熊襲が、今度は博多あたりまできて反乱をおこし、

仲哀天皇は出兵しましが、その間、半島が不穏だから熊襲はやめて半島に行くようにとの神功皇后の、

神がかりのお告げを無視したらそのままその場で死んでしまいました。

そしてそのまま神功皇后が摂政となり三韓征伐をやり筑紫のタブ辣姫を誅殺する。

不可解な九州の状況です。

おまけにこの間、何十年もヤマトには王がおらず摂政の神功皇后は九州にいるのです。


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR