FC2ブログ

古代史の日本を地形から考える メモランダム

 















日本 空からの縦断 Part.3 Vol.3 古代史の道 九州北部・中国・近畿 [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

天橋立のそばの元伊勢神社=籠神社のそばには、赤坂今井古墳があります。


それはガラスなどが大量に出土し、この丹後が半島大陸と結ばれていた証拠です。


丹後の沖合、冠島はホアカリの命の天孫降臨神話があります。


(ホアカリ=ニギハヤヒだと天孫降臨場所がかたや河内だから違ってきますが)


 


さて丹後から内陸に向かって人々はどう動くでしょうか。すぐ琵琶湖があるわけで当然琵琶湖にそって進むでしょう。


なので稲部遺跡や伊勢遺跡が琵琶湖沿岸にあります。


 


そしてそこを起点に関ケ原を超えると巨大な濃尾平野です。


尾張氏は丹後の海部氏と同族であるというのは


このような移動がなされた証左でしょう。


 


そしてまた伊勢にも行ったでしょう。通路上ですから。


 


ちなみに伊勢と伊勢遺跡と元伊勢神社って完全い直線でひくことができるのです。


面白いものです。


 


また伊勢遺跡から奈良の纒向遺跡に権力が移動したような気がします。


すると丹後からすべての権力はスタートしている。そして丹後のもとは出雲です。



 


若狭湾上陸の視点でみるとこんな地勢図となります。 
これだと稲部遺跡というのは琵琶湖河畔のもっとも平野が広がるそのど真ん中ということになり、地政学的にもこの場所が重要地点ということになりますね。 
そしてここを根拠地にすると、自ずと関ヶ原を超えて尾張方面へ行くのは必然であります。 
丹後と近江と尾張伊勢。 
ここに吉備という瀬戸内秋勢力がからんでできたのが纏向に思えてきます





 4つの海の支配。瀬戸内海。日本海。太平洋(伊勢湾)そして琵琶湖。 
権力の中枢ですね。 



しかし九州北部もまた対馬海峡と有明海と瀬戸内海の3つの海を持つ地域です


琵琶湖の代わりに筑紫平野と福岡平野、御笠川と筑後川で日本海と有明海は結ばれます。


まさに半島→対馬→沖ノ島→遠賀川流域=岡田宮あたり→出雲→丹後→琵琶湖=近江→尾張方面と奈良方面 

というイメージです。


このルートは倭人伝の倭への行程である半島→対馬→壱岐→伊都国あたりというルートとの決別です。


壱岐と伊都国。一支国と伊都国を経由せず、


沖ノ島と遠賀を経由するというルート。


このルートがまずあって出雲へ丹後へ行ける。


ゆえに宗像三女神は重要になるわけです。 
壱岐勢力のアマテルから半島ルートの海路を一つもらってるわけですね。うけひによって。 




さて丹後まで、若狭湾までは、直線的な海路であり瀬戸内海のように両岸が近く、


小島が無数にあり、いつ海賊的なものに襲われるかわからない海路と違って日本海は安定しているでしょう。 
瀬戸内海海路が成り立つには全域を押さえる必要があるのではないでしょうか。 
その点、日本海は出雲と丹後にポイントがあればよかったということですね。 

そして丹後→近江のラインができれば東海地方は半島と繋がるわけですし、


奈良盆地も(当時は河内湖があり水辺かも)半島と丹後を通して繋がるわけです。


そしてそのとき越とも繋がるのでその海上の連携が、まさに纏向遺跡の出土土器にあらわれます。


北陸、出雲、尾張、伊勢、九州と。そして吉備が混ざるのが 
おそらく纏向の特徴で、 

伊勢遺跡や稲部遺跡には吉備は混ざらないのではないかと想像するのです。 
纏向にしてはじめて瀬戸内海海路が参加したということですね。 





スポンサーリンク

コメント

囲炉裏端

Unknown
>「関ケ原を超えると巨大な濃尾平野です。・・・>丹後→近江のラインができれば東海地方は半島と繋がる・・・・>日本海は出雲と丹後にポイントがあればよかった・・・。」

逆に言えば、琵琶湖東岸・関ヶ原or日本海ポイントが閉ざされると、伊勢・濃尾以東は日本海・半島と遮断されることに・・・。
・・・そしてそんな状況に~・・・
それではと、サブルートであった車座市場の奈良の地の拠点を拡大と、濃尾勢が他の車座メンバーに働きかけて・・・

>吉備という瀬戸内勢力がからんでできたのが纏向に思えてきます。

ここへ、河内勢は当然、近江勢も参加、さらに出雲・九州・北陸も・・・と、一大勢力形成へと。
(同時に瀬戸内海ルートが大動脈として整備され、日本海ルートにとって代わった)
これが、纏向誕生への流れと言うことでしょうか ?


日本海~濃尾以東のルートがどこで遮断されたか?
纏向への参加地域と地図地形を眺めた範囲ですが、
関ヶ原~大垣辺りで遮断された感じがするのですが ? ・・・

作者

Re:Unknown
尾張は関東、信州、北陸と交易してました。土器や古墳から間違いなく。
なので、この東方交易圏と瀬戸内海交易圏の統合の場所がマキムクなのではないかと?
そうすると、巨大な交易圏の完成となるわけで。まさにワコク統一ですね。
主役は尾張と吉備、出雲でしょう。と思ってます。

囲炉裏端

Unknown
関連しての雑感。

"大垣~揖斐川~清州"ルートを想定すると日本海と太平洋岸が概ね舟旅で繋がることに・・・。

・清州~伊勢湾~三河湾~豊川辺り~浜松~。
・清州~伊勢湾~伊勢地方。

清州・豊川・伊勢の伊勢湾トライアングル航路は有ったと思います。

清州からは河川交通網。木曽三川のと庄内川(ここの流域は重要だったと思います、R19沿い瑞浪市辺りまで)で奥美濃・木曽まで。
(庄内川=名古屋市を突っ切り上流部~神坂峠越え(=難所はここだけ)~伊那谷~諏訪)

少し離れて、矢作川・豊川などでも内陸部へ。

当たり前と言えば当たり前ですが、
中部地方の河川は全て伊勢湾へ流れこんでいるので・・・・

Unknown

Unknown
海部氏は忌部氏に仕えていました。

海部宮司にお伺いした話だと古代より海部氏は忌部氏に仕えておりそのためか今でも宮内庁の三木さん「阿波忌部の末裔」とは親しい間ですと話していました。

海部氏系図にも、始祖彦火明命の御子の天香語山命が穂屋姫命を娶り天村雲命を生む。彦火明命の孫にあたる天村雲命の亦名を天五十楯天香語山命と云う。
と書かれています。
海部氏の系図に天村雲命の名前が見えますね。

その天村雲を祀るのが
延喜式内社
阿波國麻植郡 天村雲神社
「天村雲命」の名の付く「延喜式内社」は全国で、阿波の「天村雲神社」一社のみ。
付け加えるなら伊勢神道の「神道五部書」の豊受皇太神御鎮座本記(御鎮座本記)には

「天村雲命伊勢大神主上祖也。神皇産霊神六世之孫也。阿波國麻植郡座忌部神社、天村雲神社、二座是也」
とあり「天村雲命」の出自がこの阿波の「天村雲神社」である事を示しています。

さらに付け加えるならば天村雲命の別名を小橋命と言いますが、阿波の天村雲神社のすぐ傍に小橋という地名があります。

熱田神宮の御神体は草薙剣、別名アメノムラクモノ剣ですよね。

つまり阿波を起点としているわけですよ。

出雲国造と千葉県の阿波国造は同族です。

つまり阿波を起点として北に向かった一族と東に向かった一族がいたわけですよ。

豊受姫=オオゲツヒメ
オオゲツヒメ=東京神津島の阿波女神

オオゲツヒメの移動ルートをたどると古代の人の流れもわかります。

囲炉裏端

Unknown
沖ノ島が世界遺産・・・
西日本新聞の記事。"「何キロまで近づいていいか」手付かずの国宝 沖ノ島 接近・上陸懸念"との見出しで、・・・最後に"「観光地」にできない遺産を保護するために、新たな手だてが必要だ。"と。

全く同感です。
聖地は静かに守ってゆくのがベストと思いますが、・・・
"世界遺産"と言う観光資源、日本の感性を到底理解しえない外国人から、いかに守り切るか?
万全の策を講じてほしいものです。

作者

Re:Unknown
沖ノ島を遺産登録するのは、
天皇陛下を登録するようなものです。

おかしいですよ。
場所が場所だけに、不法上陸の心配もありますね

Unknown

Unknown
天村雲命に関しては、『旧事本紀』の「国造本紀」に、

 伊勢国造。橿原朝(神武天皇の御世)、
 天降る天牟久怒命の孫 天日鷲命を勅し賜いて国造に定む、
 また天日鷲命は伊勢国造。  即ち伊賀伊勢国造の祖。

『神宮雑例集巻』に、

 天牟羅雲命、国常立尊十二世孫、度会遠祖など見ゆ。その孫「天日別命」は神武朝伊勢国造となれり。       

『天神本紀』では、

 度会神主等祖、天牟良雲命。

『天孫本紀』では、

 尾張氏の祖

とあり、

伊勢神宮の禰宜である度会神主は『御鎮座本祀』に

 「伊勢大神主は天村雲命伊勢大神主上祖也、神皇産霊神六世の孫也」

と記され、

伊勢神宮外宮の摂社「度会国御神社」の御祭神は「天日別命」
伊勢神宮外宮がある山域の総称高倉山の別名は「日鷲山」

で、天村雲命は、伊勢神宮度会神主の祖であり、
その孫天日鷲命(天日別命)は、伊賀・伊勢国造の祖になっています。

この天日鷲命は阿波忌部なのです。

ただ天日鷲命は世襲だと思われ忌部氏系図からは6人の天日鷲の名前が見えます。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR