FC2ブログ

高天原の乱

阿蘇にある神社です。



 


応神天皇が熊本に逃げたという話で思い出すのはこんな話です。


 


神功皇后はヤマトから筑紫の邪馬台国を滅ぼしに来ました。


そしてタブラツ姫=卑弥呼を殺して邪馬台国を征服しました。


その後残存勢力がいる半島に行き、邪馬台国の半島勢力も屈服させました。


 


しかしタブラツ姫は魏から親魏倭王の称号をもらっていたから


神功皇后は親魏倭王を殺したとは対外的には言えず


タブラツ姫の宗女であり、後を継いだと魏に報告しました。


すなわちトヨ=神功皇后です。


 


そして筑紫で絶大な人気を誇ったのですが


ヤマトから神功皇后討伐軍がやってきて


筑紫から有明海に抜けて逃げました。


そのときこの神社に寄ったかしばらく身を寄せたのでしょう。


 


やがてさらに南に逃げて薩摩から日向、高千穂に根拠地をえました。


そしてやがて応神天皇ともども宇佐に行き、そこから瀬戸内海をヤマトへ。途中、吉備なども味方につけて


見事ヤマトの王に応神は即位。


 


つまり神武東征や天孫降臨などすべて神功皇后と応神天皇の出来事であるというのです。


 


ひとつのおもしろい話ではあります。




スポンサーリンク

コメント

ナナナシ

応神天皇
応神天皇は阿波の天皇であるという説があります。

まず父である仲哀天皇が阿波にいた時に父であるヤマトタケルの御霊を祀ったとされる白鳥宮

これが三代実録に記載される白鳥神社
仲哀天皇の兄である意長田別王が阿波を治めた時に白鳥宮の信奉が厚かった。
ここまではあたりまえ

息長田別王の子が品陀真若王

品陀真若王の城が海城のちに南に移して海部と呼ばれる。旧徳島県海部郡 品陀真若王は海部氏の祖となったと考えられる。

品陀真若王には三人の姫がありその三人が応神天皇の后となる。

品陀真若王と三人の姫をそれぞれ祀った神社が日本で唯一阿波にのみ存在する。

さらには徳島県徳島市応神町かつては古川村だったが徳島市応神町はいつ、なぜ出来たのか?

出来たのは明治時代。
地域の住民が嘆願したのですが、その嘆願理由とは、

「当地は応神天皇の出身地であり育った場所だから、この地を応神町として分離独立させてほしい。」と言う内容でした。

その結果、応神町が誕生したと言うことは、明治政府はここが応神天皇の地であると公式に認めたと言うことなのです。

作者

Unknown
四国についてはほぼ何も知らないので面白く拝見しました。今後ともご教示お願いします。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR