FC2ブログ

纏向遺跡を当時なんと呼んだか?

多忙につき長く休眠していました。


 


さて纏向遺跡のあの地、あの都市。


空前絶後のあの都市。


吉備 出雲 尾張 越 駿河 などの土器が出て


つまり関東以西の日本中ら人が集まるあの都市はあたかも首都のように人が集まっていたわですが


あれをなんと呼んでいたのか?


 


当然纏向とはいいません。


越や出雲や吉備からあそこに向かう時


人は○○に行ってくると言ってたでしょう。


○○とはなんだったのか?


 


ぼくはあの都市の名前が「ヤマト」だったのだと思っています。


ヤマトとは国のなでも地名でもなく


あの都市の名前だったのです。


というようなところから再開します。


 


しかし卑弥呼はヤマトにいませんでした。


卑弥呼は九州にいたからです。


 


東方の海の向こう1000里にまた倭種がいると


奈良の地形からそんな地理はどこにもありません。


伊勢湾などを想定することになりますがあの海でそんな感慨をもちません


あれはやはり宇佐と周防の1000里です。女王国の東の端が宇佐であると。


 

スポンサーリンク

コメント

呆旁搖

Unknown
コンチワ・・・

>都市の名前が「ヤマト」だったのだと思っています。

邪馬台国の男王が奈良の地に入った。
天孫であることから、大物主・饒速日命に担がれて、自身を神武と改称し、
この地に、九州倭国=奴国→邪馬台国の再興を企てた。この地を「ヤマト国(邪馬台国)」と名付けて。

邪馬台国がそうであったように、周辺勢力との協力関係・連合が必要だった。
そこで先ず、島根松江勢力と・・・、ここを投馬国と見立て協力関係を確立(従属させた)・・・「投馬の守」に任ずミタイナ。これが後に「出雲」と。

二つの地が、同一の名称で表現された。神話系統がいくつかある原因はここにある。
日向(九州)神話と元々の出雲(松江)神話とが、複層・交錯しつつ、現在に「神話」として伝わった。「ミミ」もそうではないだろうか?。

他の要衝の地域も九州での同盟国の名称「XXX」を使い、「xxxの守」ミタイに協力関係を築いていった。
イセ・シマ・ミノ・・・とか、良く似た地名がいくつも。

協力関係とは別に、九州の地名を周辺に付したのでは。クマ(ノ)とか。

奈良盆地内の地名類似は奴国末裔の男王(=饒速日命)によると考えると面白い。

「邪馬台国の金印」は神武が隠し持ち出し饒速日命を説得させるために見せた。プレ大和王朝成功により不要となり、神武とともに古墳に眠っている。こんな妄想も出来るのでは?

作者

Unknown
金印は通常は王朝が変わると新しい宗主国に返すのだそうです。
親魏倭王は晋に
なったからトヨの使節が266年に晋に言った時に返還して
あらたにトヨに
親晋倭王の印が授受されたのではないか。
その親晋倭王の印は筑紫平野に眠っているか
宇佐神宮にあるのではないか
などと思ったりしてます
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR