FC2ブログ

奴国とはなんだろう



建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬 安帝永初元年 倭國王帥升等獻生口百六十人 願請見



— 『後漢書』東夷列傳第七十五




建武中元二年(57年)、倭奴国は貢物を奉じて朝賀した。使人は自ら大夫と称した。倭国の極南界なり。光武は印綬を賜った。


                金印ですね



また、安帝の永初元年(107年)に倭国王は帥升らに奴隷百六十人を献上させ、朝見を請い願った(後漢書東夷伝による)


                倭奴国ですね


そしてこの遺跡は那珂遺跡です。



福岡近郊における邪馬台国の100年、200年前の遺跡たちです。


倭人伝にもご存知のように出てきます


 




東南至奴國百里 官曰兜馬觚 副曰卑奴母離 有二萬餘戸



— 『三国志』魏書東夷倭人



 



訳文:東南の奴国まで百里ある。そこの長官を兕馬觚(じまこ、じばこ)といい、副官は卑奴母離(ひなもり)という。二万余戸がある。



 


なお、魏志倭人伝には、もう一ヶ所「奴国」があらわれる。


 




自女王國以北 其戸數道里可得略載 其餘旁國遠絶 不可得詳 次有斯馬國(中略)次有奴國 此女王境界所盡 其南有狗奴國



— 『三国志』魏書東夷倭人



 



訳文:自女王国より北は、その戸数、道程を簡単に記載し得たが、その余の旁国は遠く険しくて、詳細を得られなかった。次に斯馬国(中略)次に奴國有り 此れ女王の境界の尽くる所なり その南に狗奴國有り



 


文字通り、九州の奴国とは別に、近畿大和から見て東の伊勢付近に別の奴国があったという説と、周回して同一の九州の奴国を2度記したとする説、あるいは何らかの文字が脱落したとする説がある。


 



この界隈が奴国のイメージです。これを拡大すると宗像や遠賀の流域にも行くのですが、宗像三女神を考えるとそんなあたりまでかと。



ところで板付遺跡ですが



こんな感じです。しかし、運河や道路も最近発見されており、この素朴な弥生のイメージとはだいぶ違う、発展した形のものがあったのは間違いないようです。


これは100年のころの話です。スイショウの時代に運河や、道路を建設した勢力が福岡にいたということですね。



このすぐそばに江辻遺跡があります。


また沖合には志賀島の金印、壱岐の原の辻遺跡と




やはり博多湾から糸島にいたるまでが


倭国というものの


始源の場所のような気がします。




これと別に出雲、鳥取の勢力、


そして機内近江の勢力が別にあった。




そう考えるのが尋常なことではないか。


妻木挽田遺跡=米子のあたり。の年代がはっきりわかりませんが、同じくらいだったらまた大変なことです。


あれは160ヘクタールという纒向に次ぐ国内屈指の広さですから。


スポンサーリンク

コメント

呆旁搖

Unknown
"(東南至)奴國"を起点に其餘旁國遠絶を一回りし、起点の"(次有)奴國"となる。ここまでの範囲が女王国の境界をなしている。
と、解釈すると、「奴国は、女王国の中枢的な国」とも言える。女王国の"銀座"だったかもしれない。
本年最終のフリーハンドです。

一年間 ありがとうごいました。
よき新年を

呆旁搖

初木瓜
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

卑弥呼の時代に暦があったのでしょうか?
もし、あったとして、新年の概念はあったのでしょうか?
あったとしたら、その祭事は? どの様な?
初日の出の時には?アマテルのお出ましの祭事とか?

はーい♪にゃん太のママ

いつも読ませていただきありがとうございます。
明けましておめでとうございます。
昨年は読者登録をしていただき
ありがとうございました。
今年もよろしくお願い致します。

作者

ありがとうございます
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
皆さまのブログ村等でのクリックや
コメントに励まされて
楽しい時を過ごさせていただいております

今年も素人の素人のための楽しい探求をやります
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR