FC2ブログ

不弥国とは何だろう

行程です。


 



1.帯方郡から倭に行くには、海岸に沿って航行し、韓国を経由して、あるときは南にあるときは東にすすんで、その北岸の「狗邪韓国」に到着する。約七千里である。


 


2.そこではじめて海を渡り、千余里で「対馬国」に至る。その大官は「卑狗」といい、副は「卑奴母離」という。住んでいるところは四方四百里あまりの広さの孤島である。その土地は山が険しく、深い林が多く、道路はけもの道のごとくである。千余戸がある。良い田が無く、海産物を食べて自活し、船に乗って南北と交易している。




3.つぎに南に千里あまり、「瀚海」という名の海を渡り、「壱岐国」に到着する。ここの官もまた「卑狗」といい、副は「卑奴母離」という。四方三百里ほどである。竹や木の叢林が多い。三千ばかりの家がある。田地は少々あるが、田を耕すだけでは食料が不足するので、南北と交易している




4.また海を千余里渡って、「末盧国」に到着する。四千戸あまりある。人々は浜と山海に暮らしている。草木が繁っていて、道を歩くと前が見えない。人々は魚やあわびを捕えることを好み、水の深浅は関係なしに潜ってそれらを取っている。




5.東南に陸を五百里いくと、「伊都国」に到着する。官は「爾支」といい、副を「泄謨觚」「柄渠觚という。千戸あまりである。代々国王がいて、みな女王国に統属している。ここは帯方郡の使者が往来する時には、常に駐まるところである。




6.東南にいくと「奴国」まで百里である。官は「兕馬觚」といい、副は「卑奴毋離」という。二万余戸である。




7.東にいくと「不彌國」まで百里である。官を「多模」といい、副は「卑奴毋離」という。千余戸である。




*ここまでの官のある国の副官はみな「卑奴毋離」です。これは一考に当たりするのでは。伊都国だけが別ですけそ、そこは一大卒のある王もいる国ですから特別。


しかも伊都国の副官と奴国の官は爵位のようなものが同じですね。


この対馬からふみ国までは旧の奴国なのだろうと思います。


「卑奴毋離」とは奴国を守るという意味ではないか。もしかしたら。



南へ水行二十日で「投馬国」に至る。官は「彌彌」、副は「彌彌那利」という。五万余戸である。


南にいくと「邪馬台国」に至る。女王の都するところだ。水行十日と陸行一月である。官に「伊支馬」がある。次は「弥馬升」、次は「弥馬獲支」、次は「奴佳鞮」という。七万余戸だろう。





帯方郡から女王国までの距離は一万二千余里である。




この全工程の中の1万里が帯方郡から半島南岸を経て、九州上陸に費やされます。


大方九州上陸までの総距離だという話もありますがそれならば1万里でもよかったのか?


なんでも当時の大月氏国まで12000里だったから合わせたのだという話もあります。





また上の書き方の変化から実際に来たのは伊都国までであるというのもあります。


あとは行くとしたら奴国までは・・・・・


ふみ国までは・・・・・・・


なので伊都国からみて


水行が始まるとなる。



単純にこの赤の広形銅矛のゾーンが邪馬台国かもしれない。


ものすごくそう思いますね。


近畿であると



銅鐸が倭人伝に登場しそうですから。








 

スポンサーリンク

コメント

呆旁搖

Unknown
勢力圏の地図。現代の(感覚的ですが)文化圏とほぼ同じですね。自然環境の相違=生活文化の相違の証明でしょうか。

>「卑奴毋離」とは奴国を守るという意味ではないか。
「もしかしたら」奴国の時代 既に、奴国に隣接(または奴国内)にそのような官職が設けられていた名残かも。

>単純にこの赤の広形銅矛のゾーンが邪馬台国かもしれない。
単純に奴国はどうでしょうか
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR