FC2ブログ

倭人伝から  の物思い

まず魏志倭人伝は行程についてはこう始めている


帯方郡から倭に行くには、海岸に沿って航行し、韓国を経由して、あるときは南にあるときは東にすすんで、その北岸の「狗邪韓国」に到着する。約七千里である。


          


その北岸というからには邪馬台国連合中核は韓の南ではないか。つまり九州だ。


畿内に本拠地がある国だったら、その北岸というだろうか?




帯方郡から女王国までの距離は一万二千余里である。


行程の最後には合計の距離が出てきます。



女王国より北にある国々は、その戸数や道順、距離をおおよそ記載できるが、その他の周辺国は遠く離れていて、戸数や道順、距離がつまびらかでない。


北の国とは行程上の国々、な国、ふみ国、伊都国、まつろ国、壱岐、対馬でしょう。南にゴールして邪馬台国であり、それより南は狗奴国があるといってる。


その他のわからない国々は北ではない。


南は狗奴国がある。するとその他の国々とは東だ。つまり本州の国々だ


女王国の東、海を渡って千余里のところに、また国がある。みな倭種である。



近畿説の人たちはこの一文を無視ですね。だいたい。


伊勢湾とかいうけど、伊勢湾でこれはないだろう。




 


卑奴毋離


副官がこれのところは対馬と壱岐、な国とふみ国。つまり卑奴毋離とは元の奴国の勢力圏のことか。




倭の地を訪問すると、離れた海中の洲島の上を、あるいは隔絶し、あるいは陸続きに、ひとまわりすると、五千里あまりになる


5000里とは250キロのことであるとすると


どうやら九州の北半分を一周したくらいだろうか




倭人伝内の縮尺は1里が50M。すると


12000里は600キロ。




7000里でくや韓国までは350キロ。


その後海を渡るのに3000里で150キロ。


九州上陸まで500キロです。


あと九州内を100キロが残りです。




そのうち伊都国まで500里で25キロ。奴国まで100里で5キロ。ふみ国まで100里で5キロ。


陸の徒歩合計35キロなので


残りは65キロ。




いろいろ倭人伝を読んでると暗号みたいで刺激を受けますね。


韓伝などその他の国のことは克明です。倭人伝だけがなんとなくファンタすてぃくです




スポンサーリンク

コメント

呆旁搖

逆路から見えるもの
自説でここが、な国、ふみ国、伊都国、まつろ国、邪馬台国、狗奴国、投馬国と想定したところを出発点として、壹岐までの行程を辿る旅。伝の順路とは、少し異なる逆路が見える気がしています。
また、勢力が存在しただろうところ--福岡、佐賀、熊本、西都、……から壹岐までの旅も、同じことではありますが。

友好・敵対の勢力関係を無視しての旅ではありますが。

作者

Unknown
それはそれは楽しそうですね。
いずれ、釜山からフェリーを乗り継ぎながら、対馬、壱岐、とたどり、壱岐から唐津へ漁船でも乗せてもらい、唐津から福岡まで歩いてみたいと思っています。

呆旁搖

Unknown
>壱岐から唐津へ漁船でも乗せてもらい、唐津から福岡まで

新緑の季節に。出来れば、雷山~金山~背振山の稜線沿いに。かなりの寄り道になりますが…。
きつそう、救助ヘリの世話になったりして…。お年を考えて…。

作者

Unknown
対馬で二泊、壱岐で二泊、唐津で二泊。
休みながらゆっくり進む。

そうか魏の連中もそうだったかもしれない。
一日船に乗ったら1っ週間休んだかもしれないですね。

呆旁搖

Unknown
「かもしれない」は、時には必要「かもしれない」が、
ここでの言葉の遊びの「休みながらゆっくり進んだ」「かもしれない」として、伝の記述を読むと、
どの様にでも解釈出来ちゃいますよね。
根拠なく、そのような解釈の仕方での、邪馬台国論が巷に溢れている様な気がします…。
邪馬台国近畿説などはその代表例でしょう。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR