FC2ブログ

地図が語る邪馬台国

 


ところで日本海から若狭湾にたどり着くと、つまりここは丹後と丹波と越ですけども、ここに上陸したら


近江へ。つまり琵琶湖へは半日か。そして琵琶湖には伊勢遺跡があります。関が原を通って


簡単に巨大な尾張平野へ、海岸線を伊勢へ。


そして淀川で河内へ。南、マキムクの奈良盆地へ。


 


若狭湾はすべてのこの地域の入り口ですね。するとそこを基点に出雲、半島とつながります。


 


 



 


日本海から見る列島ですね。山の向こう、瀬戸内海沿いは裏日本です。当時は。


現在の裏日本がいかに山によって日本海に閉じ込められているかを考えると当時は逆の感覚でしょうか。



 


一方九州も日本海からみればこれはいい感じの海岸線です。そして福岡平野は筑紫平野にそのままつながりそれはまた有明海へと通じていく。そこから船で薩摩、逆に行って日向にいける。




写真は志賀島。遠くに逆三角形の福岡平野。その三角形の頂点の向こうは広大な筑紫平野です。


右手の平野は伊都国です。


ああ~邪馬台国だと思います。



 


すべては日本海から見るとわかりやすいと思うのです。





いずれにしろ地図はいろんなことを語ります


スポンサーリンク

コメント

呆旁搖

Unknown
>「関が原を通って簡単に巨大な尾張平野へ」
巨大な尾張平野。歴史を概観すると、近畿圏と濃尾・関東のにらみ合い。西日本は総じて表舞台にでないが、ここが関連したとき、日本の歴史が大きく変革したように思える。
江戸時代以前はたぶん、最も人口の多かった地域ではあったが、若狭・阪神などが海外への窓口。近畿の膝元・喉仏。関東勢からは京への関門。

>「一方九州も…そして福岡平野は筑紫平野にそのままつながりそれはまた有明海へと通じていく。そこから船で薩摩、逆に行って日向にいける。」
最も人口の多かった地域は、筑紫平野を含む有明海東岸。海外へは主は博多。逆に言えば博多・薩摩・宇佐を経て外と繋がっている。

全体を俯瞰して見るのではなく時に、人口集約地域--もしかしたら邪馬台国--の視点から見てみると異なった世界が見えるかもしれない。
今、穏やかな゛湖"有明海が九州(≒魏志倭人伝の世界として)の中心だったとの仮定で九州を眺めている。有明へ、でなく、有明からxxxへの視点です。

作者

Unknown
江戸時代の大名はたしか外様を除けばみな(外様も加賀の前田は尾張出身)尾張出身ですね。
信長、秀吉、家康の家臣が全国に大名として配置されたのでそうなった。
つまり実は、江戸時代というのは尾張人が日本を支配していたのですね。
隠れた史実です
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR