FC2ブログ

探求 琵琶湖東南岸の伊勢遺跡

伊勢遺跡の概要です


【所在地】 滋賀県守山市伊勢町・阿村町
【発見時期】 昭和56年(1981)、個人住宅の建築に先立つ試掘調査によって発見。
【規模】 東西700m、南北450m、面積30ヘクタールに達する弥生時代後期の大規模集落遺跡


他の地域では弥生遺跡が衰退していく紀元1世紀末頃に、この遺跡は突如出現し、紀元2世紀末に衰退し始める。つまり、邪馬台国時代前夜に、発達を遂げた不思議な遺跡として注目されている。



ここにあります。そしてどうやらあちこちの豪族がここに集まっていたふしがあります。



 


隣り合う建物の棟の方向は、4度から7度内側に屈折して配置されている。


そのため、それぞれの建物は18.4mの距離を置いて円周上に並んでいることが判明した。


角度や距離を測る技術にもとづいた計画的な配置がなされた証左であるが、国内の弥生遺跡には例が見られない。



まるでプレ纒向遺跡のようではありませんか。


ここは日本海  瀬戸内海  東国  と日本の要の位置で集まるには絶好の場所ですね。


あるいは神在月の集まる場所はここだったのかもしれません。あたかも全国の豪族が集まるための施設のようでもあります。


円に並ぶ建物が豪族ごとの宿舎ではないか?


 


この界隈の全体図としてはこういう地図になります。丹後から上陸した勢力が琵琶湖にでて琵琶湖周辺で根をはり、そして尾張と河内へ広がる。


そこへ吉備、播磨、讃岐、淡路の海域で力をつけた吉備が絡む。



この勢力間で倭国大乱が起こり、その決着が纒向遺跡のように思えます。


















































搬入土器の出身地割合
伊勢・東海系49%R30.pngR10.pngR05.pngR03.pngR01.png
北陸・山陰系17%B10.pngB05.pngB01.pngB01.png
河内系10%Y10.png
吉備系7%G05.pngG01.pngG01.png
近江系5%G05.png
関東系5%G05.png
播磨系3%G03.png
西部瀬戸内海系3%G03.png
紀伊系1%G01.png


しかし九州は参加していないのですね。


これは不思議です。


九州勢力の東進のエネルギーは一旦吉備で止まりそこで溜まって淡路島の東へ一気に向かったとも考えられるのですが。


もっとも


これをみるとますます邪馬台国は九州ですね。九州が纒向に参加しなかったことは確かのようです。


そうするとくな国とはなにか?


纒向が邪馬台国ならくな国はこんな大連合を脅かす国がどこにあるのか?関東でしょうか?尾張伊勢は纒向の内部勢力でしょう。


そうするとやはり九州の邪馬台国に対して、纒向連合=くな国ですね。

スポンサーリンク

コメント

神墓学者

西部瀬戸内海?
纒向遺跡の土器の分布の中の西部瀬戸内海ってどこなんでしょうね。宇佐と周防と伊予とか?九州はからまないのかな?それにしてもこの頃は九州は廃れていたか?外国か?ですね。そして当時九州と本州は別の国だったような気がします

呆旁搖

Unknown
>全国の豪族が集まる。
*琵琶湖南東部は絶好の地理ではありますネ。

諏訪勢。かなりの時間をかけて南下か?
すると、関東~東海・近江にはこの文化・風俗が底流に息づいていた。その上へ、南方、更に半島経由の文化が融合され、この時代が。
などと空想。

作者

Unknown
そうか、オールジャパンになったのかもしれませんね。

呆旁搖

Unknown
夫々の地、素地の上に、
諏訪がまだら下塗り、その上に
南方が主にまだら中塗り、その上に
大陸が主にまだら上塗り   など。

かなりの地域特性が。これらが関連しあって、独自の文化進展。
大筋はこんな感じかと。

(反応のしようすがない、つまらないコメで恥ずかしい)

作者

Unknown
連合国だったのがどんな形でヤマトの中央集権になっていったのか?一説には物部がみずからの領土をオオキミに渡して、みながしたがったとか。まるで徳川が朝廷に返上し、やがて版籍奉還があったような・・・・
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR