FC2ブログ

邪馬台国≠ヤマト王権 国名が似てるのはあたりまえ

邪馬台とヤマトの問題の類似ですが・・・・ 



福岡に上山門、下山門がありますが、北九州市の門司にも山門という地名があり、筑紫平野にも山門郡があります。


これは九州でもそれぞれ離れています。


最近の命名でいけば熊本県には山都という市があり、大分県の日田近くには山国町があります。 


64件  丘 岡 


547件  峰


現在これほどの数があります。山となると多すぎて集計がなかなかみつかりません。


この地形の島々に住んでいれば、そして同じ言語を使っているのならば、


山のつく国名が奈良と九州に同時にあるからとそれほど驚くことでしょうか。


これだけ山々に囲まれる日本列島において山のつく地名は全くの偶然でもべつの地域に存在して不思議ではありません。 



なのに邪馬台とヤマトと同じような音だから同じ国だというのは、


人間の生活レベルの感覚を無視した机上の空論のような気さえしてきます。 



奈良の山並みと筑紫平野の山並みはどちらも似ています。


奈良の纒向。



筑紫平野。有明海の向こうに雲仙まで。



福岡平野



こういうところに国ができればどちらにも山がついて邪馬台とあヤマトとかついても


おかしくないですね。そう思います。




だからその環境で


それぞれが自分たちの国は山の門だとか山の都だとか山の宮殿(邪馬台の台)だとか名乗っても不思議でも何でもないと思うのですね。


それは証拠には全くならない。


地名の類似が証拠というなら、


福岡県の下山門や上山門が邪馬台国だとなぜ言わないのかと思います。


近くに伊都国の糸島も末盧国の松浦まであるのですから。

スポンサーリンク

コメント

神墓学者

Unknown
同感です。
山と海が特徴の日本列島。国名に山がついても不思議ではないですね。
山形県。山梨県、岡山県。福山市。山鹿、山賀、山香、富山、和歌山、などなど。みな下山門の住人が東に移住した結果でないことは明らかですね。

murasawatakehiko

三輪山と高良山
三輪山っていうのは、ちょうど筑後地方で言えば久留米の高良山の感じなんですよね。最近実はそのように思っていたところです。
後ろに控える山塊の最先端の位置。あの場所からは奈良~桜井~明日香~吉野への人々・軍の流れも全て見渡せる。今も聖なる山として登山制限があり、かつ山頂の樹木のせいで眺望は皆無ではありますが、ご神体の聖なる山もヤマト王権の地を見渡し管理管轄出来る最良のポジションと標高だと、筑後一の宮の高良大社との類似性を感じます。一応登ってみましたけど、今では何も見渡せる場所は無いです(笑)

作者

Unknown
ほんとにこの古代物見の山というイメージはもっと重視されてしかるべきですね。
日本の平野は狭い。海が近く海から何かが来る。山が近いからそこに登れば平野全部と海が見渡せる。
防衛上必須と思います。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR