FC2ブログ

日本海 古代通商の高速道路 再録

日本海沿岸は航海するものにとっては、沿岸沿いに進むとき、前方に常に陸が見える信じられない恵まれた航路です。


この沿岸を船を漕いで移動するという視点でみると明瞭です。



その範囲は九州北岸、五島から始まり北は列島の尽きるとことらまで。


厳冬期は別にして、この沿岸は線として完全に確立した交易圏だったと思います。


そしてさらに地域地域でよりまとまった交易圏がありその交易圏同志がまた日本海でつながるという自然な図式


能登半島を超えたところは、新潟、佐渡、能登半島に囲まれた、地形的にもエポックのあるよりまとまりのある交易圏


そして若狭湾から金沢、福井などの能登半島にかけてのゾーン。ここはものすごく豊かさそうですよね。わかさとはわ=かさという百済語で来たり行ったり。わっしょいのわ=しょも来る。神という百済語とのこと。栄えてたわけです。


また若狭湾からは半日くらいで琵琶湖ですね


そしたら琵琶湖交易圏もあってさらに、そこから河内平野、濃尾平野へも行ける。河内平野に行けばそこから瀬戸内海、四国へも行ける。豊後水道も当然瀬戸内海の入口ですが、若狭湾ルートの方があわあたりへはやかっかもしれない。


日本海沿岸というのはすべて直線かなだらかなカーブの海岸線。


若狭湾を拠点にすると実は


その西側全部、東側全部、さらに琵琶湖を軸に河内と濃尾平野へ道ができる。瀬戸内海、四国へも道ができる。



 若狭湾を見てください。


そこから出雲までを一辺、そこから能登半島の先端までをもう一つの辺とする


二等辺三角形になってますね



九州北岸から出雲までの直線の海岸線。


出雲から若狭湾までの海岸線。若狭湾から能登までの海岸線。



そして


金沢平野、福井平野を超えて、その向こうは越後、新潟、秋田、青森と


古代日本海沿岸交通はmain道路だったでしょうね。



能登半島に必ず流れ着き、若狭湾にたどり着ける。そして能登半島をこえると弓なりに沿った海岸のどこにでも行ける。遭難しても列島のどこかに流れ着きそうです。また対岸の大陸のどこかには絶対つきそうです。日本海は遭難して漂流しても命を落とすようなことは少なかったのではないか。


広大な交易圏。そこには何があるでしょうか。


越の翡翠。出雲の鉄。


対馬、出雲、若狭湾、を抑えるとほんと、能登半島を超えて、日本海沿岸を網羅するというのは自然な人間の営みに流れですね。


もう一つより対馬目線の地図です


対馬海峡からだととにかく東に行けば必ず日本列島のどこかにダドリつくのですね。


朝日に向かって進むだけでいい簡単な航海です。

スポンサーリンク

コメント

KATS.I

出雲から半島
出雲と朝鮮半島との交易があったと思います。航海船は。
帆船だったと思います。
夜間航海のため、羅針盤があったのではと思います。

作者

Unknown
賛成です。出雲は当時の辰韓と。辰韓といえば秦からの亡命者が身を寄せた国と言われていますね。半島からは潮流にのってそのまま出雲です。
羅針盤ですね。
たとえ島嶼が散りばめられており、常に視界があるわけですが、夜は火を灯したという可能性はあるでしょうか。
対馬と壱岐の副官はヒナモリと言いますがこれは火も守であるという説があります。沖ノ島の存在価値もまさに夜間灯台、出雲の高層建築のこれはまさに灯台であったのだとぼくは想像しております。
対馬、壱岐、沖ノ島、そして様々な島々、出雲、に灯台があれば日本海は夜間航路が可能であるとも・・・・面白いですね。

Unknown

Unknown
極少ないが山陰に高地集落。灯台守?。

作者

Unknown
2、三箇所もあれば十分ですから。たぶん50キロ先の火は夜なら見えます。沖ノ島と大島は30キロから50キロくらい。遥拝所が大島の中津宮にありますが、あれなんか沖ノ島は灯台ですという証拠に感じます。
出雲と沖ノ島の間の大田あたりにでもあれば十分か?ちなみにそのあたりに物部神社があります。
意味ありげな古代史です。

Unknown

Unknown
高地集落の分布ラインと偏在は、想像を掻き立てる。

作者

Unknown
糸島の志摩部分も縄文以来の高地集落ですね。そしてそこからは壱岐が見えるし、おそらくは日田の山までスコーンと隙間をついて見えます。
のろし通信の機能もあったのか?

KATS.I

日本海
冬、荒れ狂う日本海ですが、難破しても必ず列島の岸に漂着するらしいです。日本海は水深も深く群島がないので、船行は初級者でも容易ではと思うのです。
一方、半島の珍島あたりは、群島があり水深も浅い。ここを船行するには技術が必要であったように思うのです。

Unknown

列島の岸に漂着するらしいです
垂れ流しのゴミ・汚物も。
迷惑千万。
非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR