FC2ブログ

「日本古代史 卑弥呼と邪馬台国を探求する」邪馬台国 里程問題雑感

個人的には糸島が伊都国だと思っていますが


もし大宰府が伊都国ならどうなるかというような話です。


 


里程の解釈や説がたくさんあります。


伊都国を太宰府、まつろ国を志賀島あたりに比定すると、すべての縮尺がぴったりするのです。


それは一里は50m。倭人伝は西戎の大国大月氏国が朝貢した事実をふまえ、東夷の大国邪馬台国も朝貢したという魏の権威付けのために、実際の距離をすべて10倍にして記載した。そうするとすべての距離は収まります。



西の黄色がチベットあたり。真ん中が洛陽。東の緑が邪馬台国。


10倍にしなくても十分遠いですね。帯方郡からの感覚だと割と近いイメージかも。



 


それから1200里に対して、途中の合計が合わないという説に対しての素人考えです。


帯方郡から女王国までの合計は12000余里。となっています。


それでもって途中経過の距離はというと




1.帯方郡から韓の南まで7000余里。


2.そこから対馬が1000余里。対馬から壱岐が1000余里。壱岐からまつろが1000余里。


3.伊都国へ500里。不弥へ100里とあります。


合計すると10600里で1400里足りないとよく言われ、


その帳尻合わせのために


日本上陸のあとは縮尺が違うとか


対馬と壱岐の島の長さが漏れているとか、


韓の倭との国境までが7000里で対馬への出発地まではそこから1400里だったとか、


諸説があります。


 


素人考えです。


こんなにきっちりと7000、


1000、


500


という数字に当てはまる様に国々が配置されているわけはありません。


美しい整数を用いただけです。


現実はこうだったかもしれない。


7300里、1200里、1300里、1100里、600里。


これを表記すると漢文だと七千三百里とか千二百里とかになってしまいます。


千里もの距離は、千でOKと。千里くらいだとわかればいいのです。我々だって福岡から鹿児島まで300キロという風に説明しますね。320キロだって300キロと言いますよ。


 


そこでこの例の合計だと


7300+1200+1300+1100+600=11500里です。


奴国100里や不弥国100里は誤差があってもわずかです。


この200里も足すと11700里です。


不弥から邪馬台国まで300里でしたよ。


という程度のことだと思います。


いえいえ、12000里だってぴったしですから誤差はあるのです。


本当は11700里かもしれない。そしたらそのままドンピシャです。


 


真相はこんなものではないだろうか。


書いた本人は途中の合計が全体と一致するべきだなんて思ってない。


いいや中国の正史だからそんないい加減なものじゃない?



もしもぴったし合うように書いたならそもそも


こんな感じになるはずです。


 


女王国までは全部で12300里。


韓の南までは7350里。


こから対馬は1230里。


次に壱岐まで1150里、まつろまで1280里、伊都国へは480里・・・・・・・・


 


 


 

スポンサーリンク

コメント

神墓学者

Unknown
なるほど。古代中国においては精密に記されるものと、大らかに記されるものがあったということですね。
考え方には賛成です。

少佐

Unknown
そうですね。すべてが今日のような客観的事実の記載というわけはないでしょう。
考えてみたら、物事の記述の方法や内容はきわめてその文化圏の特徴がでるのではないでしょうか。
ちなみにシーザーのガリア戦記などは軍人らしく事実の記述が多いような気がします。

キャプテン(大佐)

Unknown
ちなみに科学のみがが大事だと声高に言う人。
30年に一度の実験レベルのものしか重視しない人。
人には社会性を損なうことを言うが自分が言われたら、半島人のように大騒ぎする人。

こんな人物の思考回路からは、何の発見も発明も生まれないだろう。この手の連中しかいなかったらいまだに縄文時代のままだろう。

こばえのようだ

キャプテン(大佐) 様

立ち読み人
???????。
縄文時代。それなりに、素晴らしい時代だったと思いますよ。

作者

Unknown
いつの時代もその時代を生きる人にとっては、紛う事ない現代であり最先端の技術をもつ時代でした。
後から振り返れば振り返る「今」より古いのは当たり前ですが。
いずれにしても縄文の直後に奴国があって、邪馬台国につながりますね。

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR