FC2ブログ

 東夷伝の国々の戸数から考える卑弥呼と邪馬台国

東夷伝によると


高句麗 3万戸


東沃沮 5000戸


藏貌(わいはく)2万戸


韓 には

全部で五十余国がある。

大きな国は一万余家、小さな国は数千家で、全部を合わせると

馬韓 10万戸

そして

弁韓・辰韓合計 5万戸



倭に邪馬台国7万戸、投馬国5万戸、奴国2万戸、3カ国の合計14万戸で周辺の合計で15万戸。


そして邪馬台国勢力以外の倭国も考えると東夷伝の他の国々に比べて戸数が多すぎるという意見がありますが、馬韓・辰韓・弁韓合計で15万だから同じ。この三か国は半島の南半分だからまあ倭が15万というのは妥当ではないかと思います。




日本列島の豊かさや平野の質のよさや面積から考えて、邪馬台国部分だけで15万戸数は十分ありますね。


朝鮮半島の平野です。他の東夷伝の国って満州ですから。



高句麗がなぜこの豊かな平野をもちながら3万戸か。

公孫氏滅亡の戦争で国があれたからか。

韓の地は、半島西岸に平野があります。この縮尺でみても筑紫へいやは目立ちますよね。というか日本の平野は目立ちます。戸数が誇張ではないと思いますね。そもそも半島の南側の土地はやせているそうです。


在日の老齢の方に聞いたお話ですが・・・・


はじめて日本を見たとき、なんて土地が豊なのかと思ったそうです。


半島はとにかく赤土でやせていて常に植物など肥料をまかないと草木が生えない。


日本は黙っていたら雑草だらけになる。おまけに半島の川は傾斜がゆるい。日本の川は急流で水が豊か。


日本で暮らしたくなるそうです。


確かにグーグルアースで拡大しても平野っぽいとこがない。そんな世界から対馬海峡こえたらいきなり糸志摩平野に筑紫平野ですから、それだけでも驚きでしょう。


ところでこの戸数から人口を計算するときは一戸数あたり4人くらいをかけるそうです。

すると倭の主だった国の合計は60万人。

聖徳太子の頃が、7世紀が400万人くらいといいますから、3世紀の倭のゾーンが60万人であればそんなものでしょうと思ってしまいます。

東北などは当時は倭にカウントされませんから。尾張や越だって倭人伝に書かれているとは思えません。


さてここで思うのは、

邪馬台国勢力圏が九州のことであれば、15万戸数は多すぎるということですね。韓との比較で行くとやはり西日本全域なのではないかと思います。


邪馬台国だけで7万戸、これは辰韓と弁韓より大きい。馬韓の7割。たとえば宮崎平野だけで、あるいは筑紫平野だけでそんな数字にはならないでしょう。


やはり

邪馬台国というものは奈良を中心にしたヤマトのことであり、

しかしながら卑弥呼のいた女王国は福岡だったということでしょう。

ヤマトの支配者は驚くほどたびたび九州に長期駐屯しますから。

外国から見たら、倭王は九州にいる。しかしその本拠地はヤマトである。

こうなるでしょう。

そしてこれこそが邪馬台国問題の本質だと思うわけです。

倭王は九州にいる。しかしその本拠地はヤマトである。


神功皇后などの例をみるとまさにそうなのです。

ダウンロード (4) ダウンロード (3) 






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR