FC2ブログ
  •  鎌倉時代の海路です。日本近海への雑感 日本は第二次世界大戦の敗戦により朝鮮半島や大陸、樺太や千島列島という北方領土から撤退し、住民もいなくなりました。沖縄や小笠原も米軍に占領されました。 そしてその後の国は共産主義のソ連や中国に北朝鮮で、自由な行き来がなくなりましたし、朝鮮半島の南も当初は軍事政権であり基本的に日本に敵対的でした。ですからわたしたちの概念から日本近海の世界が消えたのだと思... 続きを読む
  • ある方から教えていただいたのですが吉野ケ里遺跡はこれ以上背振に近いと山頂が見えないぎりぎりのところにあります。すると吉野ケ里の環濠集落の人々は背振山系の山頂をみる必要があったということはそこからののろし通信をみる必要があったそんな考え方で意気投合した方です。雷山から壱岐が見えてます。雷山とは吉野ヶ里の佐賀平野と福岡平野を分かつ背振山地の中の山のひとつです。壱岐から吉野ヶ里へのろし通信の軌跡を考えて... 続きを読む
  •  古代の、「のろし」というものを考えてみます。のろしというのは、古代世界最速の通信手段ですね。第一目立ったでしょう。ビルもない、飛行機も飛ばない、自然の空の変化は雲くらいです。人工的な煙はとても目立つ。 九州においては糸島、背振、飯塚、日田、宇佐、雲仙、熊本、阿蘇などあっという間にのろし通信で簡単な情報は飛ばせる。 のろしのための城だったと言われています。 モンゴルのチンギス・ハー... 続きを読む
  • 伊万里が末盧国壱岐から海を越えて九州に上陸するとき末盧国の上陸地点を一般には唐津半島のいずこかに想定することがほとんです中には宗像大社のあたりを末盧国に比定して不弥国は京都郡のいずこかへ想定し瀬戸内海を水行して邪馬台国へという説もありますが今回は末盧国を伊万里に比定する話です伊万里はかつて松浦郡でした末盧は松浦という考え方は広く浸透しておりそうなれば唐津半島の東側か西側が末盧国となり東側なら唐津で... 続きを読む
  • 元寇の時の元軍の進入路この元寇の侵入路を見ていると魏志倭人伝の海上ルートを見ている気分になります。それで元寇と古代日本のことを少し重ねて考えてみました。なぜいきなり博多なのか?元寇はいきなり博多にやってきますが、上陸作戦とその後の兵站を考えたら唐津半島を占領するのがベストに思います。唐津を占領して、半島→対馬→壱岐→唐津半島という最短の補給海路を確保すれば制海権を確保すれば日本占領も夢ではなかったか... 続きを読む
  • 紀元前496年に呉の攻撃を受け越が滅びます。卑弥呼の700年前ですね。越の人々はかなりの数がその地から逃亡したといいます。古代中国では負けた方は皆殺しや虐殺されるケースが多かったから沿岸部の人は海路で逃げるわけです。そのころの日本にたとえ10人でもやってきたらどうでしょうか。まあ来るなら2.30人は来たのではないか。みんなで一緒に逃げたろうから。10人のりの船が20隻、黒潮を北上したら200人が来ることになる。上... 続きを読む
  • 後醍醐天皇は隠岐に流罪。京都を3月7日に出発して松江あたりに3月21日に到着。つまり鎌倉時代に、近畿から出雲へは14日です。これは山陽道と出雲街道を通ったということで道は整備されてますが、邪馬台国がもし近畿にあったら出雲に上陸してそこから陸行1月とすると、この鎌倉時代に2週間かかった道を倍もかかったことになります。まさか道なき道なんて歩きませんよ。繰り返し言いますがそんなのきつねでも通りません。使者たちは... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR