FC2ブログ
  • 魏志倭人伝にははるか南方の記述があります。又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里また、その南に、人の身長が三、四尺という侏儒国がある。女王から四千余里離れている。又有裸國黒齒國復在其東南船行一年可至參またその東南に裸国、黒歯国があり、船で一年かかって至ることができる。女王国を去って4千里のところに裸国黒歯国があり、それは船で一年かかるとなりますそしてイザナギイザナミ神話は南方の海洋民の神話との共... 続きを読む
  •  倭人伝というのはこの三国志中の魏書の中の東夷伝の中で最後に書かれた言わば東夷伝の補足のような文書ではないかと思っています。そもそも日本人は邪馬台国と自分たちのことが記載されてるから興味を持ちますが扶余や韓伝などに関心を持つでしょうか?まして鮮卑伝や烏丸伝などまったく興味を持たない人が多いでしょう。そんな東夷伝の中の韓伝こそが終章で倭人伝は補足でしょう。でもなんで倭伝ではなくて倭人伝なのでしょ... 続きを読む
  • 一説に曰く日本書記は一書に曰くのオンパレードですです。書記以前に原典となるべき書物がたくさんあるかのような書き方です。それらはみな蘇我氏滅亡のおり、燃えてしまったという話もありますが、いずれにしても日本書記を編纂するにあたって、その前にもろもろの記録があったことは間違いないようです。さてそういうことで、今や日本古代史で言われたことがないことはない、そんな時代です。なのでたいていはあるふみ(一書)に... 続きを読む
  • 韓国や中国では今でも日本のことを倭 というそうです。古代には、白村江の戦いまでは対外的に日本列島の最大勢力は倭と呼ばれていたようです。日本という国号がいつからかというのはまたいろいろな説があるようですが普通は白村江の戦いの大敗戦のあと、そして直後の壬申の乱のあと、天武天皇によって日本になったというのが一般に流布されている考え方です。少し前の説でも白村江の戦いのあと天智天皇によって国政の大改革に伴っ... 続きを読む
  • 閑話休題で古代史以外の日本史雑感を書いてみたいと思います。今日は元寇についての考え方について元寇そのものはモンゴル帝国が占領した高麗に第一回目をやらせて同じく占領した南宋に第二回目をやらせて二回とも天候にも恵まれた中、武士団が頑張り撃退したことは周知の事実です。実はフビライは3回目も計画しており北条時宗はそれを知っており、備えをしていたとか。常に10万人の武士団を博多で戦わせる体制ができあがったの... 続きを読む
  • そもそも北部九州と南部九州が同じ連合体をとっていたようなことは無理があります。地政学的に、これは阿蘇山をはじめとした九州山地で分断されるのです。宮崎の日向に邪馬台国があって、福岡平野や筑紫平野の国々を従えていると言う構図は、地理的に無理があります。九州はひとつの島だから一つのまとまりで考えられがちになりますが九州とは実は一つの生活圏ではありません。九州はその面する海に向かってまるで違う精神風土をも... 続きを読む
  • 239年に卑弥呼の最初の朝貢があります。最後は266年に卑弥呼の後継者のトヨが、これまた魏の後継の晋に朝貢していますから、邪馬台国はおおよそ3世紀の国です。しかし、卑弥呼共立のまえに邪馬台国連合のようなまとまりが倭国大乱を起こしていますから、そしてそれは100年ほどあったらしいので、2世紀には大きなまとまり的なものは倭にあったとなります。2世紀から3世紀ざっとその時期にこのような重要遺跡があります。1世紀... 続きを読む
  • 沖の島航路は紀元前からあったはず沖の島が重要であったのはヤマト王権ができてから、ヤマトから半島に行くとき、壱岐までいくと遠回りだということで、沖ノ島経由が重宝されたとなっているように思います。天照大御神とスサノオのうけひ で宗像三女神が生まれたわけですがこれはつまり天照大御神勢力とスサノオ勢力の間で、沖ノ島経由で対馬から半島の航路の割譲があったということでしょう。壱岐経由で対馬、半島への航路と、沖... 続きを読む
  • 邪馬台国のはじまり邪馬台国への話は弁韓から対馬海峡を渡ることからはじまります。まず対馬海峡ありきです。あまてるの高天原=高・海原=対馬です。 月読の蒼海原=壱岐を通ってマツロ国へ。東にはスサノオの海原=出雲特にこの3か所にはそれぞれの場所にそれぞれの神社があります。 倭人の世界は対馬海峡とその両岸。そこから日本海沿岸に進む。下記の赤線の航路が中心これが倭人の世界だったと考えるのです。それより東... 続きを読む
  • 大和王権が狗奴国である基本的に邪馬台国=大和王権邪馬台国=プレ大和王権あるいは大和王権の関連という考え方になっているように思います。これは九州説でも邪馬台国東遷説やとよ東遷説があってなんらかの形で邪馬台国が大和王権につながったという考え方がなされている。しかし邪馬台国が大和王権と縁もゆかりもないということであるなら、たとえばこんな地図になると思います。つまり大和王権こそ狗奴国だという考え方にすると... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR