FC2ブログ
  • 100の国30の国日本の古代には100の国があったと魏志倭人伝には書かれています。やがてそれが30になったとも。さらにそれらがみなそれぞれ帯方郡とつきあいがあるとも書かれています。舊百餘國 漢時有朝見者   今使譯所通 三十國昔は百を超える国があった。漢の時代に朝見してきた国があり、いま外交関係にあるところは三十国である。帯方郡が認識している倭の領域には30の国があるというのですね。この中にはアテ... 続きを読む
  • 壱岐と対馬そしてそれぞれに付属する壱岐対馬諸島は100以上の小さな島々があります。地図でみると朝鮮半島と九州をつなぐための飛び石のような存在にみえてしまいます。とりわけ現在の地図の感覚でいくと下図のように頭で思い描いてしまいます。 これだと南の辺境に浮かぶ二つの島これはまあ、半島に近いから港として大事だったのか?くらいの印象になってしまいます。しかし当時は辺境ではなかったでしょう。下図は半島か... 続きを読む
  • 対馬と壱岐についての倭人伝の記述です。 始度一海千餘里至對海國其大官曰卑狗副曰卑奴毋離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田食海物自活乗船南北市糴 そこではじめて海を渡り、千余里で「対馬国」に至る。その大官は「卑狗」といい、副は「卑奴母離」という。住んでいるところは四方四百里あまりの広さの孤島である。その土地は山が険しく、深い林が多く、道路はけもの道のごとくである。千... 続きを読む
  • 邪馬台国記述は明らかに九州としか思えない部分があります。きょうはその部分を抽出してみました。その1 南方の島々と倭の地は船で一周できる女王國東渡海千餘里復有國皆倭種→これについてはこないだ書きました女王国東渡海千余里復有国皆倭種(女王国の東1千里の 海の向こうとはどこか?)女王国の東、海を渡って千余里のところに、また国がある。みな倭種である。➡宇佐から周防を見た図だと思うのですね。又有侏儒國在其南人... 続きを読む
  • 朝の猿田彦神社最近会社の近くの猿田彦神社に毎朝立ち寄っています。朝のちょっとした気持ちの整えです。僕が行く猿田彦神社は福岡市の地下鉄藤崎駅の真上にあります。すぐそばに海がありますから、江戸期までは海岸線のようなところだったようです。街の中にありますが境内に入るとひっそりとしています。猿田彦の猿の像などもあります。 各地の猿田彦神社ところで猿田彦神社といえば確か南九州にも伊勢あたりにもあったはず... 続きを読む
  • ホメロスに書かれてある!!古代史と言うのは普通遺跡によって解明が進んでいきます。有名な話ですが、ホメロスのイリアスに登場するトロイアという都市。ずっと伝説の街とされていましたが、シュリーマンという素人発掘家がイリアスに書いてる通りに違いないという信念のもと私財を投じて掘ってみると出てきました。古代トロイア都市遺跡。現代ではあのトロイアとは別のものとも言われてますが、ホメロスの言う通りの場所に古代都... 続きを読む
  • 伊都国は福岡県糸島市あたりと言われている帯方郡から朝鮮半島を南下して、対馬海峡を越えると末盧国です。そして隣に伊都国があります。まあ下図のような感じですね。  一応糸島あたりが伊都国だとしておきます。  ほぼ通説になってます。伊都国については行程の記事がまずあります。東南陸行 五百里 到伊都國 官日爾支 副日泄謨觚柄渠觚 有千餘戸 丗有王 皆統屬女王國 郡使往來常所駐「東南陸行。五百里。伊都国に到... 続きを読む
  • 倭の五王の最後の倭王武は、478年に南朝の宋の皇帝に上表文を出していて、これが当時の倭国の王家の状況を考えるに貴重な資料となっています。ちなみにこんな文章を当時の倭人がすでに書いているとしたら、なぜ当時の国内文書がないのか不思議に思ってしまいます。百済人などに書かせたとかいう説もありますが・・・・この時点で倭国は文字も知っていたわけです。さて倭王の武という人は、雄略天皇に比定される人ですね。彼が南朝... 続きを読む
  • 倭人伝は簡潔にして多くをかたりませんトヨについてもこれだけです。更立男王國中不服更相誅殺當時殺千餘人復立卑彌呼宗女壹與年十三爲王國中遂定=あらためて、男王を立てたが、国中が服さず、お互いに殺し合った。この時千余人が殺された。再び卑弥呼の宗女の壱与という十三歳を立てて王とし、国中はやっと治まった。政等以檄告喩壹與壹與遣倭大夫率善中郎將掖邪狗等二十人送政等還=張政らは激文を発し、壱与に告諭した。壱与は... 続きを読む
  • もう25年くらいまえになります。仕事をさぼってよく通った銀座近くの図書館で古田武彦さんの邪馬台国の本を読みました。その本にはあまてる神社が対馬にあると書かれてありました。へえー!と思いました。天照はアマテラスではなくてアマテルとシンプルに読むのだと知りました。なんでもアマテラスと言い出したのは本居宣長でそれは皇室崇拝の念からテルではなくテラスにしてオオカミをオオミカミにしてアマテラスオオミカミという... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR