FC2ブログ
  • しばらく伊勢遺跡や唐子遺跡、マキムク遺跡といった畿内の大型遺跡について考えて見ました。これらの遺跡に比べて九州は発見済みでいけば吉野ヶ里がいいとこで、3世紀の日本の中心は畿内にあったと考えるほうが大いに部がありそうです。おまけにマキムクには周辺地域の越や出雲までも土器が出土するのに九州のものは出ない。 さびれた九州。こうなりそうです。出雲の荒神谷遺跡のような出土でもない限り九州邪馬台国は部が悪... 続きを読む
  • 『日本書紀』における八岐大蛇の記述がある一書第4では、天から追放された素戔嗚尊は、新羅の曽尸茂梨(そしもり)に降り、この地吾居ること欲さず「乃興言曰 此地吾不欲居」と言い息子の五十猛神(いそたける)と共に土船で東に渡り出雲国斐伊川上の鳥上の峰へ到った『古事記』によれば、建速須佐之男命はそれを断り、母神伊邪那美のいる根之堅洲国に行きたいと願い、伊邪那岐の怒りを買って追放されてしまう。そこで母の故地、出... 続きを読む
  • 何回か伊勢遺跡や唐子遺跡を見てきました。ちょうど邪馬台国のときにはまるマキムク遺跡がその集大成のように現れるのですね。それは土器の分布と周辺の国々の配置でみると搬入土器の出身地割合伊勢・東海系:49%北陸・山陰系:17%河内系:10%吉備系:7%近江系:5%関東系:5%播磨系:3%西部瀬戸内海系:3%紀伊系:1%この遺跡には居住地がありません。祭儀都市であったのだと思われます。この箸墓古墳が最古の前方後円墳という説も... 続きを読む
  • http://www.bell.jp/pancho/travel/oumi/ise%20iseki.htm「弥生後期の紀元1世紀末頃に突如出現し、邪馬台国の女王・卑弥呼とほぼ同時代の2世紀末に最も栄え、そして大和地方に巨大な古墳が築かれる古墳時代前期になると急速に衰えてしまう。」こんな建物が2世紀に、邪馬台国の100年前、纏向の100年前に出現します。この円のなかにはこんな楼閣があります。そしてこれらの建築物は伊勢神宮、出雲へも大きな影響を与えているのです... 続きを読む
  • 伊勢遺跡の概要です【所在地】 滋賀県守山市伊勢町・阿村町【発見時期】 昭和56年(1981)、個人住宅の建築に先立つ試掘調査によって発見。【規模】 東西700m、南北450m、面積30ヘクタールに達する弥生時代後期の大規模集落遺跡他の地域では弥生遺跡が衰退していく紀元1世紀末頃に、この遺跡は突如出現し、紀元2世紀末に衰退し始める。つまり、邪馬台国時代前夜に、発達を遂げた不思議な遺跡として注目されている。... 続きを読む
  • 前方後円墳と倭国大乱ウィキペディア概要[編集]主に弥生時代後期末から前方後方墳の祖形である前方後方形墳丘墓が造られ始め古墳時代前期前半に東日本(東海・関東地方)で前方後方墳が多く造られた。100メートルを超える規模の大きな前方後方墳5基が大和に集中し、あとは下野に2基、上野・越中・美濃・駿河に1基ずつ存在する。日本列島には約500基の前方後方墳が存在する。弥生前方後方形墳丘墓[編集]愛知県一宮市の西上免遺跡で... 続きを読む
  • 伊勢尾張は二世紀には全国区。アメノハカリノミコトは丹後に上陸。ここに海部氏の根拠地ができます。そこにはホアカリノミコトの天孫降臨伝説があります。そして籠神社。それはやがて伊勢にご神体をうつしたので元伊勢神社と呼ばれます。それにしてもこの地域3つの海に面して真ん中に琵琶湖があって、この3つの海を支配したから全国を支配できたのでしょうね。とにかく琵琶湖にくれば丹後は峠ひとつ超えたところ。河内は川を下るだ... 続きを読む
  • 長州国 薩摩国 土佐国 は日本を作った。都は江戸です。それまでの大国の太守徳川はまさに国譲りを行い、本拠地江戸とそこにある城を譲り渡した。全国の臣下は自動的に徳川から、新勢力の傘下に入った。残存勢力は東北に逃げていき、会津で大戦争をした。さらに、函館でも戦い、そこで前政権との戦いは終わった。しかも函館戦争の大将や江戸城開場の責任者は、新しいクニの為政者の一人となった。言わずと知れた明治維新の流れで... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR