FC2ブログ
  • 帯方郡から筑紫平野までと、大和から筑紫までは距離にするとそれほどかわらない。そして揚子江の健業から有明海までもこのスケールでみると洛陽から帯方郡くらいの距離である。このような地図の知識もない時代、伝え聞いた話で人々はどのように倭というものを想像したであろうか。そのこと自体興味深い話である。そしていずれにしてもたどり着く有明海や薩摩、筑紫にしてもこれがじつは列島の主要な島でいけば南端であり、東北にむ... 続きを読む
  • 帯方郡は年に何回、洛陽に報告書を送っていたのだろうか。そしてどういう内容を報告していたのだろうか?陳寿が三国志の東夷伝の中の倭人伝を書くときの資料としての、帯方郡の報告書はどこに保管されどのように喪失したのか?失われたのは永嘉の乱で、匈奴に洛陽が蹂躙されて西晋が滅びたときだろうと思う。そうすると王朝が滅びるたびに結構な重要文書が燃やされてきたのだろう。さて帯方郡からの報告書というものは洛陽の役所の... 続きを読む
  • ある人の曰く。表3.「魏志倭人伝」記載地の比定結果 番号魏志倭人伝の記載地現代の比定地赤字がかつての僕の説②対馬国1,000余戸対馬              同じ③一大国3,000戸許壱岐              同じ④末盧国4,000余戸唐津湾                      博多湾 志賀島近辺⑤伊都国1,000余戸吉野ヶ里遺跡の一帯         大宰府⑥... 続きを読む
  • 当ブログを目に留めていただいてる方から、出版したらいいのではというご意見をいただきました。ありがとうございます。 さてそこでこれまでの記事を編集・加筆などして本にするとしたらどんな風にするかというのを楽しみながら書いてみたいと思います。 個人的には邪馬台国とは関係ありませんが「グーグルアースで集団的自衛権を考える」は極東アジアの地理的状況をもっとも考えやすくするものとして自己評価しています... 続きを読む
  • 個人的には糸島が伊都国だと思っていますがもし大宰府が伊都国ならどうなるかというような話です。 里程の解釈や説がたくさんあります。伊都国を太宰府、まつろ国を志賀島あたりに比定すると、すべての縮尺がぴったりするのです。それは一里は50m。倭人伝は西戎の大国大月氏国が朝貢した事実をふまえ、東夷の大国邪馬台国も朝貢したという魏の権威付けのために、実際の距離をすべて10倍にして記載した。そうするとすべての距... 続きを読む
  • そもそもこう書かれている女王国より北には、特別に一つの大率(たいすい、だいそつ)を置いて諸国を監察させており、諸国はこれを畏(おそ)れている。北にあると書いてるし、この場所にあることで諸国を監察するのである。邪馬台国本国より地政学上に有利というわけである。以下はある人の意見。糸島が伊都国だということは動かないからそれ以外のものを徹底的に操作する。ぼくはこれを「邪馬台国糸島天動説」と呼ぶ。何が何でも... 続きを読む
  • 対馬にはまずこの神社がある。阿麻氐留神社  あまてる神社なぜ重要視しないのだろう。欧米の学者が日本神話を知って、対馬にこの神社があったら、ここが天照大御神の原型と断定するだろう。おまけにこの神社には言い伝えがある。「うちの神様は出雲の神在月の時に一番遅く出向き、一番先に帰ってくる」さらにに隋書で俀王「姓=阿毎 字=多利思北孤」號阿輩雞彌とあり、姓は阿毎、字は多利思北孤、号は阿輩雞彌という。[2こ... 続きを読む
  • 邪馬台国の場所探しはなぜ混乱したかというタイトルのある学者の方の主張です。  「魏志倭人伝に記された行程をそのままたどれば、邪馬台国は九州島のはるか南の海の中となる。あり得ない場所である。このことは、この地理像がどれだけ不正確かを物語る。最後の行程、陸行1月以外はすべて船魏志倭人伝によると邪馬台国へは、狗邪韓國から、対馬と壱岐を経由して末盧国に至り次いで伊都国に至る。朝鮮半島から対馬、壱岐... 続きを読む
  • ここ最近SNSの場で古代日本のことについて、書き込みして過ごしてブログの更新がほぼ0でした。 邪馬台国を語る場の人はおおむね紳士的で、どんな突飛な発想もそれぞれの知識に照らして批評していただけるので楽しいしためになる。SNSとはこのような場なのだとおもっていましたが、最近は神話とか縄文とかでいろいろ書き込みしたら、意見の違いというか、空気の違いのようなものを感じた。書き込みをする人々の中にはプライド... 続きを読む
  • 九州北岸に上陸して、有明海沿岸の筑紫平野、佐賀平野へはどんな陸路が人間の行動としてまっとうか?これが下の地図です。福岡平野を太宰府を経由して、筑紫平野に入る。ずっと平野を歩く。しかも福岡平野は御笠川に沿って、筑紫平野は筑後川に沿ってと、歩きやすい。福岡平野を歩くなら博多湾に上陸するでしょう。なんでわざわざ唐津湾や糸島に上陸するでしょうか?余計にたくさん歩かないといけない。まして地図をみてもらうとわ... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR