FC2ブログ
  • 私見を最初にのべると伊都国に駐在する邪馬台国軍です。  [租賦を収むるに邸閣あり。國國市ありて有無を交易し、大倭をしてこれを監せしむ。  女王國より以北には、特に一大率)を置き、諸國を検察せしむ。(諸國)これを畏憚す。常に伊都 國に治す。國中において刺史の如きあり。  王、使を遣わして京都・帯方郡・諸韓國にいたり、および郡の倭國に使するや、皆津に臨みて捜露し、文書・賜遣の物を伝送... 続きを読む
  •  [租賦を収むるに邸閣あり。國國市ありて有無を交易し、大倭をしてこれを監せしむ。  女王國より以北には、特に一大率)を置き、諸國を検察せしむ。(諸國)これを畏憚す。常に伊都 國に治す。國中において刺史の如きあり。  王、使を遣わして京都・帯方郡・諸韓國にいたり、および郡の倭國に使するや、皆津に臨みて捜露し、文書・賜遣の物を伝送して女王にいたらしめ、差錯するを得ず] 下の段まで並べ... 続きを読む
  • 確かに千九百四十年代に戦争があって未曾有の大厄があった。しかしその後朝鮮戦争とベトナム戦争があった。アジアでは。カンボジアのナチス以上の虐殺もあった。 それらの事実は国際社会という存在しない社会の名前を言ってアメリカが悪いといって。国際社会とはなにか。あほか。そんなものはない。日本もその一員だがでは何かあったら国際社会ががんばるのか。中国がチベット人をころしたら北朝鮮が頑張るのか。韓国が船を沈... 続きを読む
  • きっかけは北の暴走にスターリンがやばい、助けてやってくれ毛沢東と頼んだものらしい。ソ連が出て行ったら第三次大戦です。最終的な民間人の犠牲者の数は100万人とも200万人とも言われ、全体で400万人〜500万人の犠牲者が出たという説もある。内訳は北朝鮮側の死者250万人、韓国側は133万人で大多数が一般市民だった。民間人に対する惨劇の最悪の実行者は韓国警察であった。開戦から間もないころまでは、欧米メディアによっ... 続きを読む
  • 沖縄海兵隊は朝鮮有事のときに出撃するように決められています。沖縄からの米軍撤退で最も困るのは韓国です。また台湾です。実は日本はそれほど困らないといえるかも。日本列島は対ソ戦ようの空軍基地と海軍基地があるからです。しかし現状極東の米軍の展開方式はとこうなっているから、朝鮮半島への抑止力、台湾防衛への抑止力、そして上海や北京に対しての抑止力となります。この地政学的位置は宿命としかいいようがない。グァム... 続きを読む
  • 平均的日本人はイスラム世界を次のような概要でとらえています 唐という超大国が日本の政治を大きく変えましたが唐以上のスーパーパワーが出現していました。 ビザンツ帝国もシリアで大敗北を喫し、豊かな農作地帯を取られます、アレキサンドリアも陥落し、アフリカの東ローマ帝国は消滅します。このとき、アレキサンドリア図書館には当時の古代からの写本が無数にあったそうで、たとえばアイスキュロス全集。これは今日... 続きを読む
  • 宗像三女神。古事記にもいきなり登場する胸形=宗像。辺津宮から中津宮。そして沖津宮=沖ノ島へ。海の正倉院沖ノ島。は海上交通の要衝地であったでしょう。そして皇室ゆかりであり、その到着地点宗像の神湊、その奥地の遠賀川流域とこのゾーンは特別な匂いがします。 さて邪馬台国の場所はともかくとして不弥国=宇美町あたりだとすると、不思議に思うのはここです。邪馬台国=大和王権であれば、なぜ壱岐を通ってふみ国へ行くか... 続きを読む
  •     雑記邪馬台国=大和王権あるいは邪馬台国≠大和王権か。=ならば邪馬台国は近畿にあったか、九州であるならばその後都が近畿に移ったということ邪馬台国東遷=神武東征の形にしているケースもあります。ほんと、このままだったかもしれませんね。最初は遠賀から京都郡あたりで遷都予定も失敗、次に吉備で挑戦も失敗、あげく奈良に。 さて倭国大乱で卑弥呼やとよが擁立されて。九州に首都があったのだと思う。近畿地... 続きを読む
  • 対馬は傾いています。 なぜ沖ノ島に向かうのかよくわかりません。海の正倉院とよばれ島全体が古墳となっている沖ノ島。しかし対馬の海岸にたてばその海岸線こそまっすぐで九州や本州は傾いています。対馬の海岸からまっすぐ日本列島にむかうとまず沖ノ島がありそのまま進むと、関門海峡です。沖ノ島は通り道なのです。こうみると対馬から日本に向かうときに沖ノ島は正面にあって必ず通る、しかも黒潮の流れの先にある。北が上... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR