FC2ブログ
  • 博多大丸の最上階の窓からは、実は大宰府のくびれ部分が正面に見えていたのでした。この部分 このくびれの向こう側にこそ大いなる筑紫佐賀平野がありさらに熊本平野もあるし、日田に行けばそこから日向にも行ける。くびれ部分はやや標高が高いような気がします。昔この建築群が何もなかったころ、博多湾からは日田のあたりまで見えていた?くびれまでの福岡平野も広いのですがそのまま連なっている筑紫平野と佐賀平野はもっと... 続きを読む
  • 官名のみみとみみなり。あるいはこんな風な領土の支配地で海岸部が官の耳が。山間部を副官のみみなり(川は新羅後でなりと読みます)が支配していたかもしれません。出雲と日向の婚姻による一体化。ゆえに日向神話と出雲神話となるわけですね。では邪馬台国は日向でもなく出雲でもなく筑紫平野なのか。あるいはみみなりの領域が邪馬台国なのか。 官名でますます混迷を深める思索です。... 続きを読む
  • 台与についてウィキペディアにはこう記されている。 発音に関する議論[編集]「臺與」を「とよ」と読むのが通説となっているが、これには議論がある。「臺」の文字は中国の時代ごとにより、また地方ごとにより異なる。昔はdəと表現していた時もあった。「ト」「ド」の音韻の音節があるとすればこれに該当する。但し一般には「ダ」が主流であり、隋の時代に「ダイ」に変化し、それがそのまま今の日本の発音になり、中国で... 続きを読む
  • 邪馬台国には官名があって、伊都国だけ昔から王がいると言う。細かく官名の漢字の読みなどの研究もあるがここは思考のパラダイムを気楽に論述。もっとも投馬国のミミとミミナリは②代綏靖天皇兄弟たちに連なるようで注目してますが、実はもっと大きなことで。対馬国      其大官曰 卑狗  副曰 卑奴母離 一支国   官亦曰    卑狗   副曰 卑奴母離 末廬国 伊都国   官曰 爾支  副曰 泄謨觚、柄渠... 続きを読む
  •  山と平野のコラボこそが邪馬台国。背振山について1693年(元禄6年)には山頂付近で筑前・肥前の国境争いがあり、幕府の裁定が下る[1]。昔から福岡と佐賀とで争い。太平洋戦争後の占領下、緊張が増す朝鮮半島を臨む立地の良さから米軍のレーダー施設レーダーサイトが山頂に建設され、興味深い事実その関連施設が南側尾根に沿って建設された。これらの施設は航空自衛隊に移管され脊振山分屯基地として現在に至っている。福岡県... 続きを読む
  • 邪馬台国は山の壱の国という考え方があります。 さてこれまでおのブログでは平野こそ国の成り立ちの原因と考えてきました。稲作を、それも大量の稲作を行えるのは平野だからです。そんな観点で考えると、九州北岸に上陸して少し内陸に進んだ人々が筑紫平野佐賀平野の広がりを見たときは衝撃的だったでしょう。筑紫平野ってほんとに広いですから。依井のあたりからの風景も広かったです。ただこの広い平野の守備を考えると山の... 続きを読む
  • 永嘉の行(うた)張籍 黄頭鮮卑 入 洛陽 (黄色いかぶりものした鮮卑族は洛陽になだれ込んだ)胡児 執鉾 弁明堂(漢字だせず誤字です) 晋家天子作降虜 (晋の皇帝は降伏して捕虜となった)公卿奔走牛羊 (公卿たちは牛や羊のように逃げ惑う)紫百セイハン暗相触 家家鶏犬驚上屋 婦人 出門 随 乱兵 (女たちは門を出てランペイに従う)夫死 眼前 不 敢哭 (目の前に夫が殺されるのを見てもな... 続きを読む
  • 邪馬台国は古代日本にあった最大勢力のひとつ。であることは間違いない。 今回は出雲が投馬国と比定してどうなるかを考えてみたい。ウィキペディアにはこう記されています。投馬国(とうまこく)は、3世紀に日本列島や朝鮮半島南部に存在したとされる国のひとつである。『三国志』「魏書」東夷伝の通称「魏志倭人伝」によれば、投馬国は、不弥国から南へ水行20日の位置にあったと記述されている(放射状に読む説では伊都国か... 続きを読む
  • なんとなく面白い。蘇我氏の王朝を唐が滅ぼすと。やりすぎではないかと思いますが、漫画みたいで面白い。ところで白村江の戦いにおいて対馬は一大補給基地の役割を果たしたはずなのにそういう記録がない。対馬についての記録がなさすぎると思う。この海峡を渡るときに必ずいったん上陸していたはずだが。古代[編集]白村江の戦いののち対馬には防人と烽が置かれ、山城も築かれて外寇の防備としたが、8世紀から9世紀にかけての新羅の... 続きを読む
  • さて、奥の深い、背景の深い白村江の戦いですが、中原の国は歴史的に水軍などないわけで、完全に陸の国であるから、神代の時代から水軍があり海の民である倭国は、当時周辺世界で圧倒的な海軍力をもっていたのだと思うのです。日露戦争と同じ構図で。日本海海戦的な位置づけが白村江海戦。この海戦で唐の水軍を破れば、水軍がなくなり、唐から船で来るのは倭からよりも遠いし、しばらくはない。すると沿岸の制海権をとるわkで、そ... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR