FC2ブログ
  • というようなタイトルである自然科学者が邪馬台国の場所探しをしていました。初期条件の設定など幾多の自然科学の方法を駆使することで人文科学が見落としていた欠落店点を発見し、邪馬台国の真相に切り込むと余裕の文章でした。しかしぼくはすぐに失望しました。途中まではよかったのです。 著者曰く一体いつ糸島が伊都国だと決まったのか?あたかも確定しているかのようではないか?自然科学ではありえない姿勢だ。それに東... 続きを読む
  • 邪馬台国は有明海沿岸の平野です。まつろ国が博多湾であれば、壱岐から1千里。そこから同じ縮尺で広々と東南に続く博多の平野に5百里で今の大宰府あたり。伊都国です。そしてその南、今の浮羽とか小郡あたりの平野が奴国。その南、佐賀平野が投馬国と邪馬台国は隣り合って存在する国だった。GoogleEarthで見ると、福岡県と佐賀県にまたがって広がる平野がこんなにくっきりと浮き上がります。 当然当時に現在の行政区分はあ... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR