FC2ブログ
  • 神話時代中国の堯帝時代に白頭山に降臨した天神の子・桓雄と熊女の間に生まれた檀君が平壌城で建国したと記されている。韓国では檀君即位の年をB.C.2333年とし、それから年を数える「檀君紀元」(檀紀)という紀元も存在する。箕子朝鮮(きしちょうせん、? - 紀元前194年)中国の殷を出自とする中国人の箕子が建国したとされる朝鮮の伝説的な古代国家。『三国志』魏志書、『魏略』逸文などに具体的な記述がある。現在の韓国... 続きを読む
  • 私の邪馬台国探求のはじまり私はそれほど邪馬台国に興味があったのではない。古田武彦さんの本を読んで面白いと思った程度である。とことがあるときたまたま暇つぶしに魏志倭人伝の帯方郡から倭への行程を読みながら都度グーグルアースで追ってみたらこれがとても面白かったそれが私の邪馬台国事始めだったそのときの地図はこんな感じであるつまり帯方郡の目線で帯方郡から倭に向かって進む地図にして考えたのである陳寿にしてもこ... 続きを読む
  • 幕末の歴史かつては明治維新は正しく維新の元勲は神々のような存在でした。それは明治の近代化と日清日露に勝利し 第一次大戦後には国際連盟常任理事国になったという成功の階段によって立証されている感じですというかそのように成功したから明治維新はただしかったのだということですねそして第二次大戦では敗北したがその後戦後復興をして現代でもアジアでもっとも民主的で近代的で圧倒的な経済力と文明力を誇る国であるから明... 続きを読む
  • 月読神社は神功皇后より古い壱岐にはツキヨミ神社がある。ここは神功皇后ゆかりとされるが実はもっと古くてなにやらとにかく重要な場所だったそうだ。ところでこんなに立派なツキヨミ神社は九州にも対馬にもないするとツキヨミの地は壱岐じゃないかと思えてくるすると壱岐は三貴神の一神 月読の統治する場所だとなるここにわたしは天照大御神が対馬から加羅をスサノオが出雲を統治したと思う。そしてツキヨミは壱岐から唐津と糸島... 続きを読む
  • 邪馬台国は大和王権か別のものか邪馬台国は3世紀前半に卑弥呼がいたのですが、それがどこのことかわからないとされています。大きく分けると大和王権の前身である政権かまったく大和王権と無縁かということになります。魏志倭人伝に卑弥呼が紹介され死んだあとはとよが倭王を継ぎ卑弥呼が魏にしたように西晋に使者を送ったのが266年。以後、倭の五王の記述まで150年近く、日本のことは中国の史書に登場せず、国内の文書はないので... 続きを読む

古荘英雄

一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

スポンサードリンク

プロフィール

古荘英雄

Author:古荘英雄
一人灯のもとで古代史を紐解き探求しています。
魏志倭人伝、日本書記、古事記をもとに考えたこと、語りあったことなど
徒然に記します。

ブログ村ランキング参加中

ブログ村古代史ランキング参加中

PVランキング参加中

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR